02-②




「……そう言えば、彼、リオンはどうなったんですか?」

「ああ、彼と長靴を履いた猫は逃げたよ。脱落もしていないから、また君の前に現れるかもしれない」


 リオン・D・ディーン――『長靴を履いた猫』の【読み手】である青年は、どこから情報を仕入れたのか、誰よりも早く『竹取物語』へ辿り着いてしまい、【読み手】のない本を手にするはずだった。だけどその時に、読人が【読み手】に選ばれてしまったのは何たる皮肉だろう。

 ちなみにその時、以下のようなやり取りで逃亡した。


「まずいぞシュバリエ! 彼が【読み手】となってしまった、どうしよう!?」

『落ち着けリオン! 2対1じゃ流石のオレでも無理だ!ズラかるぞ!』

「Oui!! 『王様の馬車が通りかかるのを発見した猫は、大声でこう叫んだのです』」

『大変だ!カラバ公爵様が川に流される!!』


 リオンが『長靴を履いた猫』の【本】を開いてシュバリエがそう叫ぶと、王族が乗るような立派な、華美で壮美な細工と模様が施された馬車創造された。凛々しい二頭の駿馬も同時に現れ、リオンとシュバリエが馬車に乗り込むと時速80kmほどのスピードで駆け抜け、あっと言う間に逃げ去ったと一部始終を目にしていた桐乃はそう証言した。

 桐乃が新しく淹れたお茶を一口啜った紫乃は、少し息を吐き出して再び語り始める。100人の【読み手】たちの【戦い】は1年に渡って繰り広げられると言ったが、今年に入って既に2週間が経過しているので何人かは早々と脱落しているし、未だ【読み手】と出会えずに能力を覚醒できていない【本】もある。

 彼らが優勝賞品を勝ち取るために攻め入って来るのなら、『竹取物語』の【読み手】である読人は優勝賞品を守る立場にあるのだ。99人の中には、どんな卑劣で残酷な手段を使ってでも不老不死の薬を手に入れようとする者も現れるだろう、たった1年の短い期間だが、勿論生命の危険もある【戦い】だ。

 人間は【本】を選べない、【本】が人間を【読み手】として選ぶ。50年前の蔵人は勝ち残って『竹取物語』を手に入れたが、読人は選ばれてしまったのだ。かぐや姫の守り人として。


「これから先の1年間、お前さんは他の【読み手】に狙われる。中には話の通じない相手もいるだろうね、今朝のフランスの坊やと猫のように」

「……お、俺は、不老不死になりたい訳じゃないです」

「お前さんにその気はなくとも、運命は止まってくれないのさ。もう既に、頁は開かれているんだよ。お前さんの手の中に『竹取物語』の【本】がある今この状況が、紛れもない真実さ」

「……」

「尋ねようか、黒文字読人――お前さん、この【戦い】に身を投じる覚悟はあるのかい?」


 紫乃の凛とした重々しい声が、読人の耳の奥に何度も響いて胸の奥をズキズキと痛ませる。頭の中はぐちゃぐちゃで、何もかもきちんと整理できていない。ただそこら辺に、頭の片隅に適当に片付けているだけだ。

 蔵人の死から始まって、『竹取物語』の【本】が読人の目の前に現れ、図らずもその使い手=【読み手】になってしまった。普通なら、生命の危険がある多勢に無勢の1対99の【戦い】に巻き込まれたくない。そんなの嫌だと【本】を床に叩き付け、早々と脱落すれば良い。【本】は紫乃にでも桐乃にでも譲り、自分はいつも通りの平凡で日常的な高校生活に戻れば今までと何も変わらないのだ。

 これ以上母を悲しませたくない、父にも何て言えばいいのだろうか。2年生に進学すればコース選択によるクラス替えも行われるし、そろそろ進路の事も真剣に考え始めなければならない。夏休みにはオープンキャンパスにも行ってみたいし、それに、気になっている女の子だっている。そんな毎日を、手放したくはない。

 少なくとも読人はそんなタイプの人間だ。好き好んで刺激と危機一髪のスリルを求めて、映画や漫画の世界でありそうな世界に飛び込まない……平和万歳、平凡万歳、モブ人生万歳。だから、「覚悟はない」と告げれば良かった。なのに彼の口から出たのは、この言葉だったのだ。


「……少し、考えさせて下さい」

「良いだろう。急かして返事をもらって良い話でもない。桐乃、帰る際には送って行ってやりな」

「いえ、大丈夫です。おじいちゃんの家に自転車、置いたままだし」


 バイクで送って行くと言った桐乃の申し出を断り、蔵人の家まで歩く事にした。冬の乾燥した冷たい風は、オーバーヒート寸前の読人の頭を程良く冷やしてくれるだろう。自分の中で色々整理するためにも、ちょっと歩く事にしたのだが……そう言えば、此処は一体どこだと言う質問をするのを忘れていた。


「すいません、小野寺さん。此処は、奥島さんのお宅ですか?」

「そうだよ。師匠の住居兼お店。靴が置いているのは、こっち」

「っ、うわぁ……」


 桐乃に玄関まで案内されて居間の奥にある木戸が開かれると、読人は思わず感嘆の声を上げた。微かな香の香りとちょっと埃っぽい古い紙とインクの匂いが漂うその空間は、正に本の洪水だったのだ。

 年代物の本棚には数多の本が収められ、日の当たらない位置にかけられた額縁には十数年前の音楽雑誌が大切に納められ、価値のありそうなハードカバーの分厚い本はビニールに包まれている。蔵人の書斎とは違う、此処は、様々なジャンルの本が辿り着き、次の読者を待つための宿だったのだ。


「此処は古書店『若紫堂』。大正時代創業のちょっとした老舗さ」

「古書店、『若紫堂』……ああ!」


 店と母屋を繋ぐ玄関に揃えられていた靴を履いた読人は、デジャブと懐かしさに襲われた。そのまま本棚の間を縫って外に出ると、店の前には『休憩中』の木札が下げられ年季の入った『若紫堂』の看板が下げられていた。


「俺、この店に来た事があった……おじいちゃんが、連れて来てくれたんだ」


 幼い頃、小学校に入学する前の記憶が蘇る。あれは確か、暑い夏の日だった。蔵人と手を繋いてこの『若紫堂』を訪れ、先程のように感嘆の声を出してはしゃいだのだ。

 そうだ、紫乃はあの時確かにこう言った……今も昔も、顔は蔵人には似ていないと。それはつまり、幼い頃の読人の事を知っていたから出た台詞である。


「すっかり忘れていた」

「思い出したなら、蔵人さんの家まで帰れるね」

「はい。そんなに遠くないですよね」

「うん、歩いて10分もないよ。これ、お店の名刺。何かあったら電話でも良いから連絡して。もし君に戦う意志があるなら、きっと師匠は色々教授してくれると思う。言い方はちょっとキツいけど、基本的には優しい人だよ」

「はい、ありがとうございました」


 薄紫色のショップカードを桐乃から渡され、読人はペコリと頭を下げてから『若紫堂』を後にした。左手には『竹取物語』がしっかりと握られ、何も知らない第三者から見れば、この古書店で購入した普通の本にも見える。

 1月の寒空の下、白い息を吐きながら蔵人の家を目指し、コートのフードを被ろうと手を伸ばしたが止めた。フードはシュバリエに切り裂かれ、ボロボロになっていたのを思い出したのだった。

 白い【本】の裏表紙に刻まれた、物語を象徴する黒い紋章。【本】が選んだ人間の手に渡ると、この紋章が現れて50年に一度の【戦い】への参加申し込みをした事になるらしい。選ばれた時点で強制参加だ、辞退する事もできない。何て人間に優しくないシステムだろう。

 『竹取物語』の【本】の真っ白な裏表紙には、既に参加申し込みを受領してしまった紋章がしっかりと刻まれてしまっている。雲に隠れる満月が竹に縁取られた、家紋のような紋章だ。その紋章を眺めながら、読人は白く染まった溜息を吐いた。

 それと同時に、目の前の信号が青に変わったので横断歩道を渡り、右折すれば閑静な住宅地に入って蔵人の家が見えて来るはずだ。


「あー……そうだ、おじいちゃんの家の玄関、母さんに何て説明しよう」

『大丈夫だ、もう元に戻っている』

「え、本当?」

『ああ。【読み手】同士の戦いは、想像力が根源にある。【戦い】が終われば、創造されて実体化したものはただの想像・空想に戻り、それによってもたらされた結果もになる。ただし、生物の死だけはにはできない』

「そうなんだ。じゃあ、おじいちゃんの家の玄関は壊れていないんだね」

『そのはずだ』

「良かった~……っ?!」

『よっ』


 何だか普通に会話をしてしまったが、読人の隣には誰もいない。そもそも、前も説明した通りお昼の時間帯において、この近辺の人気のなさは異常だ……なのに、誰かと会話をしてしまった。ついでに、読人の右肩がホッカイロを貼り付けたようにぬくぬくと温かくなった。

 ハっとして首を右に動かすと、そこにいたのは軽い挨拶をしながら短い手を伸ばした、炎の針を背負ったハリネズミ――読人の想像力が創造した、火鼠の衣がいたのである。あれ、ちょっとサイズが小さくなってないか?カピバラサイズから肩に乗るぬいぐるみサイズになっているぞ。


「な、何だかさっきより小さくない?」

『大きさぐらい自由に変えられる。本気を出せば、軽自動車ぐらいの大きさにもなれるぞ』

「そうなんだ。あの、火鼠……君?」

『何だ、オレにも質問か?』

「まあ、他にも色々あるけれど……俺は、この【戦い】に参加して、良いのかな?」


 読人の質問に火鼠の衣は円らな両目をパチパチと瞬きさせて彼の顔を見た。まだ子供の丸みを残した少年の顔、その長めの前髪は何とかならないのか?もう目まで届いているぞ。


『お前、変わっているな。歴代の【読み手】の中でも、そんな事を言う奴はいなかった』

「歴代……君は、以前の戦いを覚えているんだ」

『ああ、この【本】が少々特殊だからな。創造されたオレみたいな奴らにも、多少の記憶が蓄積されている。前の【読み手】はイギリスってところにいた白人だったが、随分と欲の皮が突っ張った奴だったぞ。あいつよりは、優勝者だった蔵人の方がよっぽど好感が持てた』

「イギリス……」

『大体の奴らは嬉々として参戦した。1年間、この【本】を守り通せば不老不死だ。事情を知らずに巻き込まれた奴も、直ぐに【本】を捨てて逃げた奴もいれば、初陣でぽっくり逝った奴もいた。その度に、この【本】は色々な人間の手に渡って来た』

「……俺、この【本】を守る理由も、手放す理由も解らないんだ」

『……』


 リオンとシュバリエに襲撃された時は、蔵人の大切な本だと思って必死に守った。だけど、今となってはこの【本】が争いの種であり、読人の日常が破壊される元凶である。

 でも、それだけでは駄目だと自分の中で誰かが訴える……理由が欲しいんだ。覚悟と理想を背負って【戦い】に身を動じる理由か、罪悪感も後腐れもなくこの【本】を手放す理由が。「不老不死の人間を生み出さないため」は倫理的だけど彼の中では芯がない理由だ。「生命が惜しいから」ではあまりにも気持ち悪くなって、罪悪感にも似た感情が湧き上がって来る。


「はっきり決められないんだよね。【戦い】に参加する勇気もないし、逃げる勇気だってない。どうしようって考えて、今も君に答えを求めている……50年前、おじいちゃんはどんな気持ちで【戦い】に参加したんだろう?」


 真上に広がる冬空を眺めても、蔵人は答えてくれないし火鼠の衣だって沈黙を保ったままだ。読人の中で、はっきりとした答えが出る訳でもない。

 でも、これだけは解る。50年前、不老不死の薬を悪しき意志を持つ者へ渡らないように、若き日の紫乃が【戦い】に身を投じたのは正解だった。不老不死なんて幻想が実現するなんて、駄目なんだと……。


「そうだ、もう一つ訊いても良いかな?」

『今度は何だ?』

「君の姿って、俺だけに見えている……とか、そんな状況じゃないよね?」

『他の奴らにも見えているぞ』

「ええっ!?」


 それはそれで驚く。読人だって、今日の出来事がなければ燃えて喋るハリネズミがいれば仰天するし言葉も失うだろう。しかも、傍目から見れば今の読人は肩に乗せたぬいぐるみに話しかける、ちょっと可哀想な男子にも見えてしまう。


「……変な目で見られてなかったかな?」

『安心しろ。お前が考えているより、他人はお前に興味がない』

「あーー! 本当に玄関が!?」


 蔵人の家に辿り着くと、大破して擦り硝子も粉々になったはずの玄関は何事もなかったかのように元に戻っていたが、火鼠の衣の言った通りならば、玄関の破壊も最初から“なかった事”になったのだろう。俄かには信じられないが、本当に何事も“なかった”かのように蔵人の家は静寂を保っていたのである。


「何大声出しているの。奥島さんにお礼は言った?」

「っ、母さん……うん」

「ほら、片付けするわよ。それと、ちゃんと鍵は閉めなさい!」

「ごめん母さん。片付けよう」


 まだまだ悩みたい事はあるけれど、先ずは出迎えてくれた母と共に本来の予定であった蔵人の家の後片付けをする事にしよう。ああ、そうだ。切り裂かれてしまったコートのフード、これは何と言って説明しようか。

 読人が再び蔵人の家を訪れると、火鼠の衣はもぞもぞと彼の身体を降りて再び、『竹取物語』の【本】の中へ消えてしまったのだった。

 まだ、彼の中で答えは出ていない――






To Be Continued……

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます