黒の淵

        §


 浮上するハスターの屍肉が開けた竪穴に飛び込んだジジは、人気のない神智学研究所の地下施設を走る。途中何度か隔壁に行き当たったが、今の状況では隔離対象はこの施設ではなく、9柱に囲まれた無名都市むめいとし全域。躊躇なく人工神“英雄エロー”でこじ開ける。


 避難は済んでいるのか、未だ誰とも出会わない。もっともこの状況下では、魔術班の人間でもなければ出来ることなど残されてはいない。緩い繋がりでしか縛られていない魔術師達が、都合よく居合わせるはずもなく。居たとしても、己の利益最優先の彼ら相手では、協力を得られるとも限らないが。


 気掛かりなのは、巻き込まれた朱鷺乃ときのとものみだ。まだ施設内に残っているだろうか。案内した応接室には姿がない。話し声に気付き、所長の私室のドアを開ける。仔猫を抱えた朱鷺乃と、手に包帯を巻いたさばきを見付けた。


「なんだ、ボロボロじゃないか。ん? そのコートは……」


 苦笑した裁が、懐かしげな口調でジジの肩に触れる。めったに見ない人間臭い表情に、何故か狼狽しコートの前を合わせる。


「いかさまの賭けで、メンアに巻き上げられた一張羅だ。良い品だから、大事にしろよ」

「あの……先生すぐに来るから」


 隣室からは叫び声が聞こえてくる。仔猫をなだめる朱鷺乃は、不安げな表情でドアを見詰めている。裁はタバコを取り出し、目顔で了解を取ると、火を点ける。唇の端にくわえたタバコを吸うでもなく、手にしたライターを弄ぶ。


「今すぐにでも焼き捨ててやりたい気分だが、アレなしじゃあ一柱目の始末も付けられやしない」


 深くひと息分だけ吸い込み、タバコを揉み消すと、朱鷺乃に向かい右手を差し出した。


「すまない。やはりその鍵が必要だ。渡しては貰えないか?」


 朱鷺乃は無言で裁の目を見詰めていたが、頷くと革紐に下がる古い鍵を手渡した。扉を開け、一人隣室へ向かう裁。ジジは朱鷺乃を背に庇いながらも、室内の様子を伺う。


「それと分かっているなら耐えようもあるはずだな……覚悟を決めるか」


 机の上には鎖で縛られた、一冊の黒い本。鍵で錠を外し鎖を解くと、上半身だけの老人が這い出し、裁の背に憑りつくのが見えた。


 黒の淵から得られるのは、記された文字情報だけでなく、アルハザードの託宣も含まれる。以前紐解いた、ハスターについての預言を辿りなおし、狂えるアルハザードの呻き声から、意味のある情報を拾い集める。


「名付けざられしものは、依然我々の切り札だ。殲滅より、感応適性の高いアスキスの確保が優先だ」

「所長!」


 憔悴し切った様子で、裁は膝をつく。支えようと駆け寄るジジに被りを振ると、壁に背を預け座り込む。


 アスキスはジジの目の前でハスターに取り込まれている。ハスター自体への対処に比べれば難易度は低いのかもしれないが、身柄の確保は容易とは思えない。困惑の表情を浮かべるジジに、裁は指示を下した。


「朱鷺乃を安全な所まで送ってやってくれ。何かあったら紅劾に申し訳が立たない」

「裁さんも――」

「俺は平気だ。少し休んでから後を追う。まだやる事も残っているからな……ジジ、そこの引き出しに銃が仕舞ってあるはずだ。ここへ」


 手渡された自動小銃のマガジンを引き抜き、弾を込める。朱鷺乃は逡巡する様子だったが、ジジに促されると、一礼して部屋を後にした。


 二人の足音が遠ざかる。裁の脳内では、先ほどからずっと、アルハザードの哄笑が響き続けている。冷静な思考を保つのは、もはや難しくなってきた。


「どこでしくじった? ……やっぱりあいつがいないと、まるで格好が付かないな、俺は」


 呟くと、裁は手の中で弄んでいた拳銃のスライドを引き、チャンバーに弾を装填した。


        §

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!