魔女の部屋

 危険なのは承知の上で、あれから何度か扉を試してみた。堂々巡りに陥っている事に気付き、抜け出すためにやむを得ず試す場面がほとんどだったが、それでも状況が良くなったのかは怪しいものだ。


 ものみは扉を開ける度、目の前に広がる深海や星空に喜声を上げていた。命に係わる危機に直面しなかったとはいえ、こっちはそろそろ精神力の摩耗に限界を感じ始めていた。


「まて。それは開けずに先に進むぞ」

「えー? またぐるっと一周しちゃうかもだし?」


 扉を抜け、無限回廊の別の場所に進めたことのほうが稀だが、ものみは単純に目新しいものが見れるのが楽しいらしい。目的がすり替わっているぞ? 


 危険がなく、物珍しい光景を引き当てているのは、ものみの欲求によるものかもしれない。だとすれば、ループを作り出しているのは、あたしの疲弊した精神の影響か。


 立ち止まり、壁にもたれ目を閉じると、しばし呼吸を整える。無限回廊で迷い続けているのか、眼帯の魔女エステルの手に落ちたのか。どちらにせよ、朱鷺乃ときのは助けを求めているに違いない。招かれている感覚は無いか。


 緩やかに下る回廊の先、吹き抜けに掛かる渡り廊下の向こうに、見覚えのある両開きの扉を見付けた。樫製の古びた扉に鈍く光る真鍮のノブ。間違えようが無い。あたしはこれを何度も回した覚えがある。


「助かった……のか? 出来ればスルーしたくもあるが……」


 性格の悪い奴のことだ。あの部屋から動かず、ずっと眺めていたに違いない。手ぬるいあたしのやり方に、じれったくなって招いたか。嫌味を言われるだけならまだしも、失敗と決め付けられ、罰を与えられるかも知れない。


 どうあれこのまま時間を浪費し続けるわけにも行かない。大き目のノックを二つ。一つ息を吐くと、あたしは師アビゲイルの書斎の扉を押し開けた。



 薄暗く、誇り臭い部屋。床には古びた絨毯が敷き詰めらている。扉以外の壁面は全て、ぎっしり古書が納められた書架。溢れ出した本が床に積み上げられている。


 棚の上には巻物や羊皮紙、様々な鉱物の結晶。飾られている頭蓋骨は、何の物とも知れない。天井は高く目にすることができないが、闇の中から下がる燭台だけが、頼りなく室内を照らしていた。


「手こずってるようだねえ。ちょいと物を取ってくるだけに、何日掛かるんだか」


 枯葉を擦り合わせるようなかさついた声。部屋の奥に置かれた年代物の書き物机の向こうから、師匠は皮肉を投げ掛けた。白髪を後ろに撫で付け、襟元と袖口に金糸で刺繍を施した黒いガウンを身に纏った老婆。


 広い額や目尻には深い皺が刻まれ、途方もない高齢だと推し量れる。実際百はとうに越えているはずだが、声の張りや目の光には、どこか粘るような生命力が感じられる。


「“鍵”を狙ってる奴が他にもいるなんて聞いてない! そもそも、何に使う物なのかも言ってくれなかったじゃないか!」

「おやおや。あんたはリンゴを欲しがるのが自分だけだと思ってるのかい? おまけにパイを作るかジャムにするかを教わらないと、お使い一つもこなせないお子様だってのかい」


 驚いたように豊かな白い眉を上げて見せる。大きな鷲鼻に載せた眼鏡の奥で、灰色の瞳が嘲笑の色を浮かべている。馬鹿にしやがって!


「そうは言ってねえよ!」


 机の上の本の山を押しのけ、腰を載せる。矮躯を椅子に深く沈め、枯れ木のような指を机上で組んだアビゲイルは、やれやれと首を振り溜息を吐いて見せた。


「行儀を覚えな! ……まったく、仕方ない子だねえ。お茶を淹れてあげるから、ひと息つきな」


 見えない力で額を弾かれ、机を転がり落ちたあたしは、毒づきながら本の山から椅子と机を掘り出した。借りてきた猫のように部屋の隅で大人しくしていたものみは、あたしの影に隠れるようにして椅子に座る。なんだ、やっぱりババァが怖いのか?


 アビゲイルはものみに一瞥をくれたが、僅かに口元を歪め鼻を鳴らすだけで、特に興味も示さぬまま話し始めた。


「あの鍵はね、さばきが『黒の淵』の封印に使ったものさ」


 あたしの経緯の報告は必要ないらしい。直截的に答えを口にする。


「『黒の淵』?」

「ああ。古い預言書さね。記されたのは1300年程前だったか」

「アビゲイルは持ってないのか?」


 書架を見やり尋ねる。あたしは閲覧を許されていないが、アビゲイル自身、それ自体強い力を持つ魔導書を、何冊も所有しているはずだ。


「手書きの一品ものだからねえ」

「“鍵”の入手は、その本を手に入れる為に必要って事だな?」

「いや、それはまだ先の話さね。例え手に入れたとしても、少々扱いに困る品だからねえ」


 この魔女の手に余るなんて、そんなに厄介な代物なのか。わざわざ封印の鍵だけを掠め取ろうとする所に、アビゲイルのタチの悪い企みがありそうだ。


「メイスンのほうは儂も知らん。使いに寄越したものの見当は付くがな……」

「教えろよ! こうしてる間にも、鍵を依頼人ごと掻っ攫われてるかもしれないだろ!」

「まあ、宗蓮院しゅうれんいんの娘は無事だろうよ」


 焦る私に、どこか他人事のように呟くアビゲイル。その気になれば、こいつ一人ですぐにでも朱鷺乃を探し出すこともできるはずだ。なんだ、こいつのこの余裕は?


「ところで、無名都市むめいとしはどうだった?」


 やはり逐一行動を見張られていたらしい。あたしにとっては、それも是非とも聞き出さねばならない事柄だ。


「知ってるのか? 空に浮かぶアレは……あの街は……」

「前に教えてあげたろう。遙か昔、この星に君臨していたもの。かつて崇められ、今は忘れられたものども」

「あれが……旧支配者」


 人類が地上に蔓延る以前、この星を支配していた力ある存在。今は神話や伝承に僅かな爪痕を残すだけとなった、本物の神性。

 あたし達魔女に関わるものも多い。黒い男、ありえざるもの。千匹の仔を孕みし森の黒山羊。


 いずれ否応なく、直面することになると、覚悟はしていたが。


「名付けざられしもの。裁の組織した神智学研究所しんちがくけんきゅうしょの、最初にして最大の戦果さね」

「戦果? 人があれを殺したって言うの!?」

「応さね。『人が人として在り続けるため神に抗う組織』。神殺しを旨にする狂人の集団さ。もっとも、奴らに言わせれば、神を崇め奉る者のほうが狂ってるそうだがね」


 くつくつと咳でも漏らすように笑うアビゲイル。神殺しと狂信者、どちらがより深い狂気を秘めているのか。境界に立つ半人前のあたしには、笑えない話だ。


「『黒の淵』の前の持ち主は、上海にあった人工神話編纂局じんこうしんわへんさんきょくディー博士だったかね。彼を殺した裁は、たった三人で神殺しをやってのけた。預言を紐解き、約束の地に罠を張り、正しき星辰の整わぬうちに、名付けざられしものを誘き寄せた。もっとも、神を砕くには近隣の住人の命――3万ほどだったかな――を、犠牲にする必要があったそうだがな」


「それは――あたしの――」


 白い壁。

 強い日差し。

 咲き誇る大輪の花。  

 雲を割り舞い降りる翼。

 全てを踏み拉き打ち砕く蹄持つ黒い脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚と脚が――――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!