クリームパンと迷い猫

 翌日、朝食を摂ってすぐに調査を開始した。

 執事が手配してくれた黒曜石に夜なべで呪印を刻み、詠唱省略の魔石を作っていたため、少々睡眠時間が足りない。何故だか朱鷺乃ときのも生あくびをかみ殺している。


「なんだ? 寝かせて貰えなかったのか?」

「言い方がいやらしいですわね! ものみが猫だった時と同じつもりで、私の胸の上で眠ろうとするものですから」


 部屋は用意してやったのに、朱鷺乃のベッドに潜り込んで来たのだという。

 主人と違い本人は充分な睡眠を取れたらしい。騒いだ結果同行を許されたものみは、上機嫌で辺りを見回している。


「その首輪、手首にはめてブレスレットにしておきなさいな」

「いーや!」


 お気に入りの物なのか、主人の気遣いを顧みず、涼し気な鈴音を響かせる。しゃれたデザインだから、チョーカーだと見えなくもないか。

 首には首輪だけでなく、紐の付いた小さながま口も下げている。GPS発信機と迷子札、少々の現金が入っているらしい。


 ものみが眼帯女の所から、どういう経路をたどってあたし達と出会ったのかを聞き出す試みは、全くの徒労に終わりそうだ。さっきから目立つ看板に反応しているが、道順を思い出してる風には見えない。知らない場所に不意に運ばれて、偶然主人を見付けただけの猫に対し、こちらが望み過ぎているだけなのかもしれないが。


 今、例の鐘楼は朱鷺乃にも見えている。特定の場所からは確認できる。なのに、一度路地に入り視界から外れると、もうあったはずの位置には何もなくなっている。


「なんだか騙し絵みたいですわね。学園の礼拝堂とは別に、近くに教会があるのではなくて?」


 地図にそれらしき物は記されていない。学園の外を歩き回ってみても、正確な位置が把握できない。


「ずれた空間に、重なって存在しているのか?」


 だとすれば、あたしの手には負えない。地道に入口の方を探すか、中から招いてもらうしか辿り着く方法はない。


「お腹空いた……」


 とっくに散歩に飽きていたらしいものみが、朱鷺乃の服の袖をつかんで立ち止まる。収穫もないまま歩き回るうち、時刻はもう正午近くになっていた。


「今日はちゃんと昼食を摂りますわよ」


 携帯端末を取り出し、検索を始める朱鷺乃。


「貴女のご希望は? フレンチ? イタリアン?」

「このなりならファミレスかファストフードだろ……」

「少し歩けばヌーベルシノワのお店がありますわ。席は少ないみたいですけど、ここにしましょう」


 あたしの意見を聞き流し、歩き出した朱鷺乃が足を止める。


「ものみがいませんわ」

「そういやそうだな」

「貴女が見ていてくれたのではありませんの!?」

「あれはあんたの管轄だろ?」


 なんだこのケンカ。子育て初心者の若夫婦か。


「あああ! あんなに可愛らしく育ってしまったんですもの、きっと攫われたに違いありませんわ!!」

「狼狽えんなよ。そのためのGPSだろ?」

「そ、そうですわ!」


 反応を調べるとすぐ近くにいる。角を一つ曲がった商店街。ものみはパン屋の前にしゃがみ込み、見知らぬ少女と並んでパンを食べていた。


 雑に伸びた黒髪、黒のタンクトップに同色のスパッツ。アスリートらしいしなやかな体つき。細い手首に不釣り合いなほどごついデジタル時計を巻いている。

 走り込み途中の中学生か? ものみとは違った意味で猫っぽい。知り合い――な訳ないな。元猫がそうそういるはずもない。


 少女はもそもそと無感動にパンを齧っている。近づくあたしに気付いて顔をあげると、大きく目を見開いた。


 奇妙な間。なんだ? あたしの美しさに驚いたのか?


「ものみ! 勝手に離れると、また迷子になりますわよ!」

「だって美味しいにおいがしたんだもん!!」


 朱鷺乃の叱責にびくりと身をすくませるも、すかさず口答えするものみ。だってじゃねえよ。


「それで、この子は?」

「あ、そうだ。この子がおなかがすいて動けなくなってたから、早くごはんあげないと、っておもって」


 アンパンマンかよ。貧血か低血糖でも起こしていたのか。少女は視線を下ろし、栄養補給を続けている。

 二人が食べているのはクリームパン。間に置かれた紙袋には、口まで一杯パンが入っている。


「ちゃんとお買い物出来ましたのね。えらいわ」


 ものみを見付けて安心した様子の朱鷺乃は、相好を崩し頭を撫でる。


「幾ら持たせてたんだ?」

「10万円ですけど。足りたようで何よりですわ」

「持たせ過ぎだ! 千円で充分だろ!?」


 昼時に買い占めやらかさなかっただけでも御の字だが、それでも買い過ぎだ。買い方が分からなくて、陳列用のトレイごとレジに持って行ったとかいうところだろう。


「あたしらも、これで済ませるか」

「せっかく良いレストランを見付けましたのに……」


 飲み物を調達し、休める場所を探し移動する。商店街中央の広場に、空いているベンチを見付けた。


 クリームパンの味は悪くない。愚痴をこぼしていた朱鷺乃も、満足顔で頬張っている。紙袋の中身は本当にぎっしりクリームパンで、いい加減食べ飽きてしまったが。


 黒髪の少女は何もしゃべらず、ただもそもそとクリームパンを食べ続けている。勝手気ままに話題が飛び回る、ものみのおしゃべりに、こくこくと目顔で頷いている。ちゃんと意思疎通できているのか?


 充分に食べて満足したらしい少女は、膝の屈伸や腕の曲げ伸ばしを始める。トレーニングを再開するのだろう。


「貴女、お名前は?」

「……ジジ……」

「そう。ジジ、ものみと遊んでくれてありがとう。これ、お持ちなさいな」


 朱鷺乃がほほ笑みながら紙袋を差し出す。中にはクリームパンがまだ5、6個は詰まっている。

 ジジはほんの少し考え込む様子を見せたが、小さく頷いて紙袋を受け取ると、そのまま走り去った。


「バイバーイ!!」


 ジジの姿が見えなくなるまで、ものみは手を振り続けた。


「トレーニングの邪魔なんじゃないか?」


 ウエストポーチに小銭と携帯食でも入れておけば良いのに。しかし、動けなくなるまで走り込みとは熱心な事だ。何の選手だったのかくらい、聞いておけば良かったかもしれない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!