ひと狩り行こうぜ!

 さばきの件は保留にし、聖ルヒエル女学園へと向かう。

 街並みはまだ新しく、学園のある区画には、ヨーロッパ風の建物が並んでいる。学園の礼拝施設のものだろうか。建物の合い間から鐘楼が見えた。


 夏季休暇中なので人は少ない。忍び込めない事もなかっただろうが、女子校ゆえにセキュリティはやや高めに設定されている。中に入るには、学生証を兼ねたIDカードを要求される。


「本物のIDカードを用意しましたわ。学園内に限れば、泥棒の真似事をせずとも調査できますわ」

「本物? このために転校までしたのか?」

「まさか。見学用の仮のものですけれど。宗蓮院しゅうれんいんの名を出せば、簡単に発行して頂けましたわ」


 ブルジョワめ。確かに行動はしやすいが、一戸建てを借りた件といい、目立ちすぎて足元をすくわれなければ良いが。


「寮生や、部活で出てきてる奴に話を聞いてみるか」


 学園内ではまず危険は無いと判断し、手分けして聞き込みを開始する。眼帯の女が仮に前の鍵の持ち主、裁と接触していたなら、無名都市むめいとしで姿を見た者もいるだろう。一目見れば記憶に残っているはず。


 もっとも、そっちはそれほど期待していない。あたしが求めるのは天屍てんしの情報の方だ。常人には見えていないにせよ、何らかの影響が出ていないはずがない。空を見上げると、今も昼間の月のように薄っすらとその姿が見える。時折風に吹かれたかのように羽根を撒き散らしているが、あれに降られる場所にいくわしたらどうなるのか。


 学園の敷地内には初等部から高等部までの校舎が存在し、かなりの広さだ。とりあえず人の姿を探しながら歩いていると、英国庭園で二人連れの少女達を見つけた。


 姉妹だろうか。どこか顔付きが似ている。姉の方はジャージにブルマ。ヘルメットを被り、金属バットを手にしたその姿は、試合中のグランドを抜け出してきたように見える。あたしよりも年下のようだから、中等部だろう。初等部の制服を着たお下げの妹は、あたしに気付くとさっと姉の影に隠れ、ジト目で睨み付けてくる。ジャージの裾を妹に引っ張られ、あたしに気付いた姉は、素っ頓狂な歓声を上げた。


「凄い、金髪パツキンだ! 高等部からは染めていいんだな!」

「染めてねえよ。お前こそ何だ、その格好。こんなところで自主練か?」

「あー、違う違う。モンスター退治」

「あぁ? モンスター?」


 姉のほう、あきらの話によると、園芸部の妹が管理を手伝っている庭園に、化け物が出るので追い払いに来たという。


「猿とかイタチのことか?」


 英国庭園の奥には木立が見える。塀で囲われてはいるが、すぐ裏手に山が続いているから、餌を求めた動物が入り込んでもおかしくはない。


「!!」


 激しく首を振った妹、そのが胸に抱いていたノートを開く。そこには拙い筆致で、片羽 の生えた蛇のようなものが描かれていた。


「マジでバケモンだな。お前らだけで大丈夫か?」

「……しんじるの?」

「ああ、あたしは魔法使いだからな」


 そのが目を見開く。あたしは嘘を吐いてないし、あんたも同じだろう? 微笑みかけると、真っ赤になって俯いた。


「姉ちゃんもパーティーに参加するか? 魔法使いなら後衛な!」

「魔法使いちがう……お姫さま」


 お世辞や下心込みじゃない褒め言葉には慣れてない。


「ありがとな」


 あたしまで赤くなってやしないかと、少し心配になった。


「そんじゃあ、出発!」


 制服の腰のあたりを掴んでくる、そのの頭をぽんぽんと叩くと、勇ましくバットを振り上げた晶に続いて歩き始めた。


 残念ながら薔薇は盛りを過ぎてしまっている。植え込みや煉瓦積みが続く様は、初等部の生徒には迷路のようで楽しいだろう。実際、そのは友だちとのかくれんぼの最中に、化け物に追いかけられたという。


「出るのはこいつだけか?」

「学園の外だけど、犬とか鳥のモンスターも見たやついるんだって。空にもっと大きいのが飛んでるのを見たとかいう噂もあるけど、怪獣映画じゃないんだし」


 モンスターはいて怪獣はいないのか。晶の線引きは恣意的で当てにならないが、やっぱりアレが見えるやつもいるのか。歩きながらそのが見せてくれたノートには、耳から鳥の羽根を生やした犬や、翼を複数枚持つ鳥の絵が描かれている。


「ネットにアップしてもいまいちバズんないけど、捕まえて役所に持って行ったほうが、いいお金になるって話もあったかな」

「明治時代かよ!」


 役所はともかく、情報を統制している組織がいてもおかしくはないか。


「いた!」


 何かのゲームのマップBGMらしきものををハミングしていた晶が、立ち止まり声を上げる。前方の道を阻むように、蛇が這っているのが見える。赤と黒の斑紋からすると、ヤマカガシか。1.5mを越えるほどの長さだが、この程度なら異常なサイズともいえない。


「普通の蛇と違って、逃げないで向かってくるから気をつけて!」


 なら手を出すなと、制止する前にバットを振り下しやがった。尾を打たれた蛇は、潜り込みかけていた植え込みから頭を引き戻し、鎌首をもたげた。首周りに羽毛を生やし、小鳥くらいの大きさの翼を一枚だけ持っている。バットを構える晶を威嚇するように首を揺らしていたが、身を屈めたかと思うと、大きく口を開け飛びかかってきた。


「葬らん!」


 晶のフルスイング。大きく打ち返された異形の蛇は、それでも鎌首をもたげ、再び攻撃の姿勢を見せる。


「硬い!」


 いや、違う。あの蛇はバットが当たる前に、自分から後ろに飛びやがった。


「おねえちゃん!!」


 怯えるそのはぎゅっと目をつむり、あたしの腰に抱き付いている。


「も一回!」


 スイングにタイミングを合わせ、気付かれないように圧縮した風を撃ち込むと、異形の蛇は頭を弾けさせ地に落ちた。


「や……やった! インスタ!」

「……おねえちゃん……」


 興奮していた晶も、そののしょんぼりした呟きで我にかえる。バットにこびり付いた血と、頭を無くし動かなくなった蛇に目を落とし、言葉を失う。


「墓でも作ってやるか」


 異形化していた頭部を無くしては、サンプルにもならない。蛇の尾を摘んで持ち上げたあたしに、姉妹は黙ってこくこくとうなづいた。

 そのに園芸部で使っている移植ごてを借り、庭園の隅に蛇の死骸を埋めた。


「それじゃあな。危ないから、今度からは大人に知らせるだけにしとけよ」


 それぞれのやり方で祈りを捧げ、別れを済ませた後も、そのはあたしの制服をつかんで放そうとしなかった。


「姉ちゃん、高等部? また遊べる?」

「……学校始まったらな」

「ほらその、姉ちゃんまた今度遊んでくれるって言ってるだろ」


 俯き、頑なに制服を握りしめるそのに、気休めの嘘を吐く。


「やくそく」

「ああ、またな」


 いつまでも手を振り見送る少女の姿に、少しだけ胸が痛んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!