第四話 それぞれの未来

 寒さが和らぎ始めた頃、倭国各国の船団が到着し、狗奴国くなこくの港はにぎわっていた。

 新しくこの地で朝廷が開かれるのに伴い、執り行われるみかどの即位式に出席するため、各地の王が集まって来ていたのだ。

 壹与いよも、伊予国王が率いる船団の先頭を走る船の上にいた。

 彼女の隣にはたちばなが寄り添い、女王に危険が及ばぬよう常に目を光らせていた。

 少しずつ近付く港に目を凝らすと、大男とその隣に立つ細身の男の影が見えた。

 顔はまだおぼろげにしか見えなかったが、壹与にはそれが男鹿おがであることがすぐにわかった。

 ぴんと張られた背を見て彼の無事を知り、壹与は安堵して瞳を潤ませた。

 ふと橘の顔を見上げると、彼女の視線は大男に向けられ、その顔は色を失っていた。


「……腕が……」


 橘の瞳は、頼りなく風に翻る男の右の袖を凝視し、つぶやく声は小刻みに震えていた。




月読つくよみ様は各国の王と接見するため、宮殿にいらっしゃいます」


 港に降り立った壹与達を出迎えた男鹿は、みぞおちに手を当てて深く頭を下げた。

 約一月振りに目にした愛しい少年の姿に、壹与はときめく心を抑え、努めて女王らしく振る舞った。

 それから一行は男鹿に導かれ、宮殿に向かって歩き始めた。

 前を歩く少年の背を見つめているだけで壹与の胸は高鳴り、生きて再び会えた喜びに打ち震えていた。

 そんな女王の背後を牛利ぎゅうりが見守り、その後に橘が続いた。

 彼女の視線は相変わらず、男の無くなった右腕に注がれていた。




 謁見の間に壹与達を送り届け、牛利が宮廷の庭を歩いていると、橘が正面に立ち塞がった。

 一瞬驚いた表情を見せた牛利は、彼女の左腕に目をやると小さく微笑んだ。


「もう、腕の傷は癒えたようだな」


「……」


 橘は黙ったまま、牛利の右腕のあるべき場所をしばらく見つめ、続いて彼の顔を見上げた。

 牛利は大きなため息をつくと、腰の剣を左手だけを使って少し苦労しながら外した。

 そしてそれをおもむろに橘の前に差し出すと、悲し気な表情を浮かべた。

 それは、橘が彼に持たせた夫の形見だった。


「これは、お前に返す」


 橘は返す言葉が見当たらず、無言でそれを受け取った。


「お前に預けた剣も処分してくれ。もう私には必要ない」


 そう言うと、牛利は橘に背を向けて、庭の木のまだ固そうな新芽を見上げた。


「私のことも忘れてくれ。この腕ではもう、お前を守ってやることもできぬ」


 絞り出すようにつぶやき、歩き始めた彼の背後で橘が荒げた声を上げた。


「馬鹿にするな。私はおぬしに守って欲しいなど、思ったことは一度もない」


 思わず立ち止まった牛利の背中に、橘はなおも訴えかけた。


「ただ、おぬしと支え合って生きていきたいと思っているだけだ」


「……」


弥鈴みすず殿はおぬしを生きて還らせてくれた。彼女におぬしとのことを認められたと思うのは、私の思い上がりなのか?」


 牛利が振り返ると、涙に濡れた橘の瞳がそこにあった。


「おぬしの右腕は、弥鈴殿が持って行かれたのではないのか。おぬしが二度と戦場にかり出されることがないように。これからは好きな書でも読んで、静かに暮らせるようにと」


 橘の言葉と頬をこぼれ落ちる涙に、牛利は戸惑いの表情を見せた。


「……本当に……私でいいのか?」


「おぬししか……いらぬ」


 橘の手から剣が地面に落ちた。

 そして彼女は牛利の胸に飛び込み、背中に回した手で強く彼の衣を掴んだ。

 牛利は胸で泣く女の体を、左腕と見えない右腕で強く抱きしめた。





 謁見の間に通された壹与は、上座に導かれた。

 彼女と並ぶ位置には月読の姿があった。

 皇子と目と目で再会を喜び合い、壹与は腰を下ろすと、広い室内を見渡した。

 そこには邪馬台国と共に戦った連合国の王達が、彼女に頭を下げて控えていた。

 その多くは旅の途中立ち寄った国の王であったため、面識があった。

 だが、一番下座にあたる場所には、彼女にとって見慣れない王の顔が並んでいた。


「奥は、筑紫島つくしのしまの諸国の王だ」


 首を傾げる壹与に、月読が小声で伝えた。

 狗奴国を呉から取り戻せたことで、筑紫島内の諸国も邪馬台国の配下についた。

 彼らはそれらの国の王だったのだ。

 新たな顔ぶれを前にして、壹与は改めて今回の戦いに勝利したことを実感した。

 ふと、何者かの視線を感じた壹与は、下座に目を向けた。

 彼女を見つめる視線の主は、王の衣装を身に着けたたけるだった。

 王としての風格を漂わせるその姿に、壹与の胸はとくんと小さな音を立てた。


「明後日、私は帝へと称号を変え、大王から王位を引き継ぐ。それと同時に、この地に朝廷を開く。呪術に頼るまつりごとはそこで終わる」


 月読の話に、王達は真剣なまなざしを向けて大きくうなずいた。

 彼が旅すがら、人の力で災難を回避する術を示してきた国々の王達は、冷静に彼の言葉を受け止めた。


「皆、国に帰れば、巫女を政から解放してやって欲しい。これからは占いではなく、知恵を出し合って国を動かしていくんだ」


 月読の言葉を聞きながら、壹与は瞳を閉じて大きくため息をついた。

 それは幼くして重責を負った彼女に、数年振りに訪れた安堵からくるため息だった。





 王達との謁見を終えて回廊に出た壹与は、男鹿の姿を探した。

 とにかく少しでも早く彼に会い、再会の喜びを分かち合いたかった。

 邪馬台より南に位置するこの国に吹く風は、微かにもう春の匂いがした。


「大王」


 背後から自分を呼ぶ声がして、壹与は笑顔を浮かべて振り返った。


「建……」


 無意識に嘆息した壹与に、建は面白くなさそうに唇を噛み締めた。


「いえ、今は熊襲国王くまそこくおうだったわね。見違えたわ」


 改めて間近で建の姿を見て壹与は微笑み、少し頬を赤らめた。

 粗末な衣から美しい刺繍の施された長衣に着替え、髪をまとめた彼は、別人のように立派に見えた。

 建は気を取り直して壹与と向かい合うと、大きく息を吸い、それをゆっくりと吐き出した。


「私はお前を愛している。大王の座を皇子に譲ったら私の妃になってくれないか」


 まっすぐ壹与の顔を見据え、建が単刀直入に想いを伝えた。

 突然の告白に壹与は大きく目を見開き、しばらく言葉を失った。


「……私は……」


 唇を震わせ、壹与は戸惑いの表情を浮かべた。

 建はそんな彼女から視線を外すことなく、言葉を続けた。


「小国の王だが、私ならお前のそばにいてやれる。お前を泣かしたりもしない」


 建の言葉が、男鹿のことを意識していることは壹与にもわかった。

 彼は壹与と男鹿に未来がないことを暗に伝えているのだ。

 同時に、王となった今の自分なら、彼女を妃に迎える資格があるということも。


「でも……私は……」


 左右に首を振る壹与の瞳から、涙がこぼれ落ちた。

 男鹿との未来を夢見ても無駄なことは、彼に恋した時からわかっていた。

 それでも彼女には、男鹿以外の者と迎える未来など考えられなかった。

 うつむいて肩を震わせる少女を見て、建は大きくため息をつくと、彼女から視線を外した。


「困らせて悪かったな。お前の心が誰のものかなど、出会った時から知っている」


 建は寂し気に笑って、回廊の欄干へ手をかけ、青く澄んだ空を見上げた。


「だが、想いも伝えずに、あいつに負けを認めたくなかったんだ」


 苦笑して建が再び壹与に向き直ると、彼女の後ろに男鹿が立っていた。




 固まった建の視線の先を追った壹与は、男鹿の存在に気付いて息を呑んだ。

 そのまま三人は、互いに視線を外せないまま、無言で立ち尽くした。


「壹与様、月読様がお呼びです」


 しばらくして男鹿は、何事も無かったかのようにそう言い、二人に背を向けてその場を立ち去ろうとした。


「待てよ」


 そんな男鹿の腕を、建が掴んで引き止めた。


「聞いてたんだろ。私はたった今、振られた」


「……」


「せめて審神者さにわとして、ずっとそばにいてやれ」


 建に背を向けたまま、男鹿は黙り込んだ。

 建は掴んだ腕から、彼の呼吸がいつになく乱れているのを感じとっていた。


「……それは……できない……」


 背を向けたまま、男鹿は絞り出すような声で言った。

 壹与の顔から一瞬で色が消えた。


「なんだと?」


 建は逆上して男鹿の襟元を掴み、正面に向かせると、血走った目で自分より背の高い少年の顔を見上げた。


「やめて、建!」


 壹与が泣きながら建の腕を押さえた。


「巫女が政に関わらなくなれば、審神者の役目はなくなる」


 眉を寄せてそう言い、男鹿は悲し気な瞳で建の顔を見つめ返した。

 その言葉に、壹与ははっと息を呑んだ。

 確かに、朝廷が開かれ、人が政を動かすようになれば、神託を伝えることで民を導く審神者の存在は不要になるだろう。


「……だとしても、大夫たいふの身であれば、そばで働くこともできるだろう」


 少年を睨みつけながら、建は襟を掴む手に一層力を込めた。


「私の大夫の身分は、審神者になるため与えられたものだ。退任すれば、もとの下衆に戻るだろう。そうなれば、この方のそばにいられる理由が無い」


 それを聞いて、壹与はその場に泣き崩れた。

 彼女は自分が女王の立場から解放されれば、今より男鹿に近付けると信じていた。

 それが真逆な結果を招くなど、夢にも思っていなかったのだ。


「お前……、そうなることがわかっていて、今回の戦に尽力したのか?」


 怒りに震えながら、建はつぶやいた。


『たとえどのような立場であっても、あなた様を愛しています』


 壹与はふと、伊予国を出発する日、男鹿が言った言葉を思い出した。


「どんな立場でもって……、こういうことだったのね……」


「……」


 答える代わりに、男鹿は唇を噛み締めてきつく目を閉じた。


「せめて、邪馬台へ帰り着くまでは、そばにいて……」


 両手で顔を押さえ、涙声でそう言う壹与に、男鹿は一層うなだれた。


「それも……できませぬ……」


「なんでだよ!」


 建は男鹿の胸ぐらを締め上げ、回廊の柱に少年の背中をぶつけた。

 男鹿は苦しそうにむせながら、かすれた声で答えた。


張政ちょうせい様がこの地に来られたら、そのまま共に魏へ渡る」 


 壹与は、一瞬で頭の中が真っ白になるのを感じた。


「魏で学問を学び、いつかこの国の役に立ちたいと思っている」


「そんなもの、お前の勝手な大義だ!」


 建は力一杯、男鹿の横面を殴りつけた。


「やめて!」


 勢いで回廊の床に倒れた男鹿に、壹与が覆い被さった。

 それを見て、建は拳を震わせて立ち尽くした。


「やはりあの時、お前を殺しておくべきだった」


 瞳を潤ませて二人に背を向けると、建は早足でその場を去って行った。




「大丈夫?」


 壹与は血の滴る男鹿の口元に指先で触れ、泣きはらした目で彼の顔を見つめた。

 男鹿はその手を振り切るように顔を背け、拳で血を拭った。

 壹与は差し出していた手を引き戻し、悲し気に微笑んだ。


「来ないかもしれないと思っていた未来が来てしまったのだもの。仕方が無いわ」


「……」


「私も、この先どんな立場であっても、どこにいてもあなたを愛してる。もう二度と会えないとしても、いつかあなたが魏から帰り、活躍する日が来るのを待ってる」


 必死に笑顔をつくろうとする彼女の瞳から、涙は止めどなく溢れ出した。


「……壹与様……」


 男鹿は固めた拳を震わせ、気丈に振る舞おうとしている少女の顔を見つめた。


「遠く離れていても、私があなたを想う気持ちは変わらない。それを支えに生きていく。あなたも、同じ気持ちなんでしょ?」


 その言葉に触発されたように、男鹿の腕が壹与の体を強く引き寄せた。

 そして二人は、互いを支えるように強く抱きしめ合った。


「ありがとう。あなたに出会えなかったら、きっと私は、心から人を愛する気持ちを知ることもなかった」


 男鹿の中でも、幼い日から積み重ねてきた想いが膨れ上がり、固く閉じられた瞳から涙がこぼれ落ちた。


「私も……一生忘れませぬ」


 男鹿は、今の彼女をあますことなく、記憶に留めようと思った。

 なめらかな髪も、染み付いた香木の香りも、細い体も。

 そのすべてを胸に刻みつけようと、より強く少女の体を抱きしめた。





 翌日、河内国かわちのくにの船団が到着すると耳にした月読は、自ら港へ赴いて大切な客人を出迎えた。

 船が港に横付けされ、陸に向かって板が渡されると、見覚えのある緋色の長衣が目に入ってきた。


「戦への勝利と、帝へのご即位、おめでとうございます」


 地上に降り立ち、月読に向かい合った河内国王は、以前と変わらぬ穏やかな微笑みを浮かべて頭を下げた。

 月読もそれに答えるように深く頭を下げた。

 そして、次に姿勢を直した時、彼の目に懐かしい女の姿が映った。


言葉ことのは……」


 それは、約一年半振りに会う妻、言葉媛だった。

 布にくるまれた赤ん坊を胸に抱き、媛は潤んだ瞳で月読を見つめていた。

 今回、河内国王を即位式へ招待するにあたり、月読は媛も連れて来て欲しいとの要望を添えていた。

 だがこんな遠方まで、彼女が本当に来てくれるのであろうかと不安に思っていたのだ。

 それだけに、その姿を目にした彼は、喜びと驚きで言葉を失い、その場に立ち尽くしてしまった。

 河内国王が彼らの間からそっと身を引くと、二人は向かい合い、少し離れた場所から無言で見つめ合った。


「あああ」


 突然、赤ん坊が愛らしい声を上げ、母親の胸で身をよじらせた。


「これ、月世つくよ


 言葉媛は月読から視線を外すと、少し慌てた様子で赤ん坊をあやした。


「月……世?」


「あ……。勝手にあなた様のお名前からいただいて、申し訳ありませぬ」


 言葉媛は顔を赤らめて月読に頭を下げた。

 月読が二人に近付くと、月世は笑いながら彼の方へ手を伸ばしてきた。

 月読が恐る恐る手を広げると、言葉媛は戸惑いながらも、彼の腕に赤ん坊を預けた。

 ぎこちなく月世を胸に抱いた月読は、初めて対面する我が子の顔を照れくさそうに見つめた。


「新しいあなた様の時代と、この子の人生が末永く続くよう、祈りを込めて名付けました」


 そう言って言葉媛は、危なっかしい手つきで月世を抱く月読の腕に優しく手を添えた。

 月読は愛し気に我が子を抱きしめ、甘い匂いのする小さな頭に頬を寄せた。

 彼の腕に抱かれると、月世は嘘のように大人しくなった。


「私はこの地で朝廷を開き、しばらくここで筑紫島の立て直しに力を注ぎます。それが一段落すれば、邪馬台に都を遷し、それより北の諸国をまとめていくつもりです」


 言葉媛に語りかける月読の胸で、月世はうとうとと眠り始めた。

 そんな娘の様子を見て、二人は顔を見合わせて微笑み合った。

 だが次の瞬間、月読の表情が真顔に戻った。


「倭国をひとつにする計画は、まだ始まったばかりです。そのため私は、常にあなた方のことを一番に考えているわけにはいかぬのです」


 言葉媛は、黙って夫の顔を見つめていた。

 月読は切な気な表情を浮かべ、彼女の瞳を見つめて言葉を続けた。


「勝手は承知しています。けれど、それでもあなたにそばにいて欲しい。私の正妻として」


 思いがけない皇子の言葉に、言葉媛は両手で口元を覆い、驚いた表情を見せた。

 だが間もなく、彼女の瞳から大粒の涙がこぼれ落ち始めた。


「……私で……よろしいのですか……?」


 言葉を詰まらせる媛に月読は小さくうなずき、はにかんで微笑んだ。

 それを見て、言葉媛は月読の腕に寄りかかるように手を添えた。


「あなた様が私だけのものでないことぐらい、最初からわかっています。でも、この国を変えていかれるあなた様の姿を、一番間近で見ることができるなら、これほど幸せなことはありませぬ」


 月読は月世を片手に抱き直し、もう一方の手で妻の肩を抱き寄せた。

 そして彼女のこめかみに頬を寄せ、愛しそうに何度も擦り付けた。


「ああ……。私の家族だ……」


 両手に妻と我が子を抱き、月読は目を閉じて幸せそうにつぶやいた。

 生まれてすぐに両親を失った彼にとって、両手に伝わるぬくもりは、初めて感じる家族のあたたかさだったのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます