6-1 : 指輪

 ――シェルミアとの一騎打ちから5日後。


 日時は13の刻、4つ分けの1(午後13時15分)。私は自室のソファに座り、先日のシェルミアとの戦闘で負傷した左肩の傷の手当をしていた。


 一騎打ちの間は余りに集中していたため、痛みも何も感じなかったのだが、シェルミアの古剣に左肩のすじをざっくりとやられ、腕が全く動かなくなっていることに気づいたのは、城塞に引き上げてからのことだった。


 これがもし人間の肉体であったら、剣士として再起不能になっていたかもしれないが、そこは魔族の肉体である。正直、自分でも不気味なほどの早さで傷は癒え、2日目で痛みがなくなり、4日目で腕が動くようになった。



「……おお、動く動く」



 そして5日目の昼。傷口はほぼ塞がり、私は調子に乗って腕をぶんぶんと振り回していた。



「軽い軽い。もう全快したか……あいたっ」



 左肩に電流が走ったような痛み。いかん、調子に乗りすぎた。幾ら何でもそんなに早く治るはずがなかった。



「ゴーダ様、いらっしゃいますか」



 傷口をさすっていると、扉の向こうからベルクトの声が聞こえてきた。私はソファから立ち上がり、私室の扉を開けて外に顔を出す。



「ああ、ベルクト。見つかっただろうか?」



 私は開口一番、ベルクトにそう尋ねた。



「いえ、残念ですがまだ」



 ベルクトが首を振って答える。



「宿舎、武器庫、食料庫……手のいている者を動員して探していますが、何処どこにもそれらしきものは見当たらないようです」



「そうか……。私も執務室と私室をくまなく探してみたのだが……はて、何処どこにやってしまったものか……」



 ここ数日、正確に言えばシェルミアとの一騎打ちに敗れてから、私は“ある物”を探し回っていた。それはかつて私が何度か使ったことのある魔導器マジックアイテムで、今の私の目的にどうしても必要なものだった。


 だが捜し物とは、よくある話で、そういうときに限って、どこにやったか分からなくなってしまうものである。



「ベルクト、まだ探していない場所はあるか?」



 ベルクトが口元に指を当て、捜索状況を整理する。



「……あと1か所、探していない場所があります」



 思い出したベルクトが、ぽんと手の平をたたいた。



「そうか。よし、私も探しに行こう。どこだ?」



 私の問いかけに応えて、ベルクトが通路を指差した。



「ガラン殿の工房です」





***





「んー? 何じゃ? 何を探しとるって?」



 場所はガランの工房。鉄鉱石が満載されている木箱を、ひょいと軽そうに片腕で担ぎ上げているガランが、きょとんとした顔で私とベルクトの方に振り向きながら言った。



「指輪だ。指輪を探している」



「指輪ぁ? はーん、あったかのう、そんなもん……」



 ガランが「えーっと?」と首をかしげながら、辺りをうろつく。肩に担いでいる鉄鉱石の山が、ぐらぐらと危なっかしく揺れた。



「ちょっちょっ……ガラン、とりあえずそれを下ろせ。下敷きは勘弁だぞ」



 私は慌ててガランに荷物を置くよう促す。それが落ちてきたら真面目に洒落しゃれにならない。



「ぶーっ……仕事の邪魔しに来た上に、注文の多いやつじゃのう、お主は」



 ガランが不満たらたらといった様子で口をとがらせ、「どっこいせ」と、渋々鉄鉱石の山を床にどすんと下ろした。



「ふん、まあ勝手に探してくれて構わんのじゃが、“そこ”からそんなに小さなものを掘り出せるかのう」



 ガランが親指を立てて、自分の背後をぐっと指差した。その指の差す先には、がらくたが無造作に突っ込まれた物置スペースが広がっていた。打ち損じた甲冑かっちゅう、柄の折れた工具、恐らく失敗作とおぼしき抜き身の刀……近づいただけで全身ぼろぼろになってしまいそうな、がらくたの山がそこには広がっていた。



「……ガラン……もう少し整理というものをだな……」



 私はその混沌こんとんを前に、頭に手をやりながらうなり声を上げた。



「かーっ! うるさいやつじゃのう。そのうちまとめて溶かして使おうと思っとんじゃい。嫌なら探すでないわ」



 ガランがぶーぶーと文句を垂れた。



 そういうガランの作業スペースは、効率的に刀が打てるよう、恐ろしく綺麗きれいに片づいている。自分の興味のあるものには没頭して愛情をそそぐ反面、興味のないものには全く無頓着なガランの性格が、ありありと現れていた。



「ベルクト……私はここにはないと思うぞ。いや、なくあってほしい。ないはずだ。あってはならない」



 私は深いため息をつきながら、半ば自分の願望を口にした。



「では、他を当たるとしましょう、ゴーダ様」



 ベルクトはただ淡々と、事務的に応えた。



「で? ベル公と連れ添って探しとる、その指輪が何なんじゃ?」



 仕事の邪魔になる私とベルクトを、しっしと手で払いながら、それでもガランは気になるらしく、私が探している指輪について尋ねてきた。



「魔導器だ。昔何度か使ったことがあるのだが、何処どこにやったか忘れてしまってな」



 私のその言葉を聞いて、ガランがジトっとした目を私に向けた。



「ゴーダよ……お主、阿呆あほうか?」



 ガランがあきれた声を出す。



「む。いきなり失礼なやつだな、ガラン。私が何かおかしなことを言ったか?」



「おかしいも何も、そんなもんがこの城塞にあるわけなかろう」



 そしてガランが、びしっと私を指差して言葉を続けた。



「お主、この城塞に越してくる前に、魔導器の類はほとんど全部置いてきたんじゃろうが。魔女んとこに」



 ガランのその言葉に、工房内の空気が一瞬固まった。



「……あ……」



 すべてを思い出した私は、少々間抜けな声を漏らしてしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます