3-1 : “三つ瞳の魔女ローマリア”

 ――“イヅの大平原戦”より3日後。深夜。“イヅの城塞”夜勤体制中。


 夜露よつゆれ、静まり返ったイヅの大平原を、あおく大きな月が冷たい光で照らしている。その弱い光の下で、シルエットだけが浮かび上がっているイヅの城塞には、見張り台の松明たいまつ以外に光はともっていない。


 いや、1か所だけ、あかりがともっている窓があった。暗黒騎士ゴーダの執務室である。



「では、留守を頼んだぞ、ベルクト」



 全身に漆黒の甲冑かっちゅうまとったゴーダが、背後に立つベルクトに告げる。



「承知いたしました。ゴーダ様御不在中の城塞の運用、お任せください」



 ベルクトが直立した姿勢のまま応える。



「まあ、そう気を張るな。淵王えんおう陛下の御機嫌次第だが、何もなければ明日の夜には帰ってくる」



「他方の“四大主”の方々もつどわれるとうかがいましたが?」



「関係なかろう。お互いそれほど、話し込むほどの話題もない。それに皆、自分の管轄領かんかつりょうを不要に放っておく訳にもいくまい。移動に苦がないのは、私と、”魔女”ぐらいのものだからな」



 話しながら、ゴーダは壁際に立てかけていた刀に手を伸ばす。先日の戦闘で折れた刀の代用品である。


 刀を腰に帯刀すると、ゴーダは執務室の出口へ向かって歩き出す。ベルクトはゴーダの後ろを無言で見送っている。


 扉から3歩ほど離れた位置で、ゴーダが立ち止まった。扉は閉じられたままである。



「ベルクト。すまないが、扉の修繕を手配しておいてくれ」



 そう言うとゴーダは、おもむろに刀の柄に手をかけ、閉じられたままの扉に向かって抜刀の姿勢をとった。



「はい、問題ありません。既に手配済みです」



 ベルクトが淡々とした口調で応える。



「よろしい」



 ベルクトの手際の良さに、ゴーダは兜の内で口元を緩めた。


 窓からあおい月光の差し込む執務室の中に、沈黙が降りる。



「――“魔剣三式:神道開かみじびらき”」



 ゴーダが目にも止まらぬ速さで抜刀し、執務室の扉を斬った。木材が切断されるくぐもった音がして、扉が真っ二つに割れる。


 扉の先には、城塞のそれとは明らかに異なる建築様式の、荘厳な作りの大回廊が広がっていた。



「行ってらっしゃいませ。ゴーダ様」



 ベルクトが告げる。



「ああ、行ってくる」



 ゴーダが壊れた扉をまたいで、大回廊へと足を伸ばす。ゴーダの姿が完全に“あちら側”に移ると、それを見送っているベルクトの目の前で、ゴーダとその背景の大回廊がぐにゃりとゆがんだ。一瞬の後、ゴーダと大回廊は跡形もなく消え去り、扉の向こうにはふだんの城塞の通路があるだけになった。



「“淵王えんおう城”……お早いお帰りを。ゴーダ様」



 執務室に1人残ったベルクトが、小さく独り言をつぶやいた。



***



 ――宵の国の中心地“淵王えんおう城”。


 ゴーダの甲冑かっちゅうの靴底が、灰色の大理石で作られた大回廊を踏み、カツンと小気味のよい音を立てた。それが広大な大回廊の内部に反響して、物寂しい残響となって吸い込まれていく。


 天蓋窓てんがいまどからはあおい月光が差し込み、大理石を氷のように冷たく光らせている。大回廊は横幅・高さともに20メートルはある巨大な作りになっていた。


 まっすぐに淵王えんおう城の奥へと伸びる大回廊だが、まるで合わせ鏡を見ているように、向こう側が点に見えるほどに果てなくそれは続いている。



「あら。あらあらあら。ゴーダではありませんの。御機嫌いかが?」



 “魔剣”によって扉ごと斬り開いた次元のゆがみを通り、数百里を一瞬で移動した先でゴーダを出迎えたのは、背後から聞こえてくる女の声だった。



「……わざとらしい挨拶はやめろ、ローマリア」



ゴーダが刀をさやに収めながら、背後に一瞥いちべつをやる。だが振り返りはしない。



「貴様のことだ。私がこの位置に“出てくる”と分かっていて、待ち伏せでもしていたのだろう?」



「あら、嫌ですわ。待ち伏せだなんて。それではまるで、わたくしがずっとここで、貴方あなたが来るのを待っていたようではありませんの」



 ゴーダの背後から声が返ってくる。



「事実そうではないか」



「いえいえ、待ってなどおりませんもの。ええ、それはもう」



 ゴーダの背後から、大回廊の大理石の床を歩く、こつこつという足音が聞こえてくる。その足音はまっすぐゴーダの背後に近づいてきて、それからゴーダの右側面に回り込んできた。


 その間も、ゴーダはまっすぐ前を向いたまま、首を動かそうともしなかった。


 やがて、ゴーダの横を素通りした足音の主が、視界の中に現れる。



貴方あなたが“跳んだ”のが分かったもので、わたくしもそれに合わせてここに。つい今し方参りましたのよ? 貴方あなたよりも後に“跳んで”、貴方あなたよりも遠くから、貴方あなたよりも先に」



 ゴーダがローマリアと呼んだ妙齢みょうれいの女が、からかうようにクスクスと声を潜めて笑っていた。


 ローマリアは真っ白な絹のローブをまとっている。軽く柔らかい生地が、ローマリアの身体の輪郭を浮き上がらせていて、女性らしい細いラインを強調している。長くまっすぐな黒髪が肩まで伸びていて、顔の前に回された髪が右目を覆い隠している。その髪の隙間から、右目につけられた眼帯が垣間かいま見えた。


 美しい容姿をしている分、その眼帯のいびつさが余計に際立っていた。



「勝手に競われても困るのだがな」



 ローマリアが目の前にまで歩き寄ってきたところで、ようやくその女の方へ目を向けて、ゴーダが苦言を漏らした。



「あら、まあ、嫌ですわ。そのように邪険じゃけんに扱わないで下さいまし」



ローマリアが、わざとらしく“まあ”と口に手をやり、クスクスと笑った。



滅多めったえないのですもの。こういった場を借りて、優劣ははっきりさせておかなければいけませんわ。転位の精度で“弟子”に劣るようなことがあっては、“魔女”の名折れですもの」



 ローマリアのその言葉を聞いて、ゴーダが鼻で笑った。



「貴様はもう“師匠”でも何でもない。ただの外法者げほうものだ」



嗚呼ああ……ひどいことをおっしゃいますのね……。“彼ら”が聞いたら、とても悲しみますわ……」



ローマリアが右目の眼帯に手をやり、わざとらしく悲しげな素振りを見せた。



「それに、ことわりから外れているのは、ゴーダ、あなたも同じなのではなくて? 魔族の肉体に、人間の形をした魂を持って転生した貴方あなたほど、異端な者はおりませんわ」



「……。時間の無駄だ。貴様と2人で世間話をするために、ここまで来たわけではない」



「まあ、ゴーダ、貴方あなたも失礼な方ですのね? 私と貴方あなたの2人きりではありませんわよ? そちらにも1人いるというのに」



 ローマリアが、数メートル先の、巨大な柱の根本を指さす。そこには確かに、若い魔族の男が立っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます