目覚め(3)

 先生は暖房室のベンチの上にノートパソコンを置いた。

 陽向さんはPCが立ち上がるのが待ちきれないように、先生のまわりをうろうろしたり画面を覗き込んだりした。

 そのはつらつとした姿が、たまらなく苦しかった。一緒に頑張ってきた相手でなければ、逃げ帰ってしまいたかった。

 入り口から入ってすぐの所で、僕はしばらく立っていた。


 先生に頼まれていた延長ケーブルを、吉田さんがどこからか運んできた。暖房のすぐそばには陽向さんのお母さんが座っていて、小さな本に目を落としていた。

 いつの間にかリンクにいるのは暖房室の中のこの五人だけになっていた。


 立ち上がったPCにディスクを入れると先生が言った。

「ではまず、一位のフリーから」

 陽向さんが僕の腕を引っ張って画面の前まで連れていった。僕たちは二人でそこにしゃがみこんだ。何が「まず」だ。普通、三位などから始めるもんなんじゃないのか。

 僕は陽向さんと目を合わせないよう、画面の方をまっすぐ見た。これから先の表情を見られたくなかった。


 画面には、少し引いた所からリンクが映し出されていた。

 しばらくすると二人の選手が大きな螺旋らせんを描きながら登場した。リンクの中央で立ち止まる。映える立ち姿だった。流斗が転入して来た日、教室で初めてその姿を見た時のことを思い出した。あいつのあの異世界感はこの時のためにあったのだ。そう気づいて、思わず手に力が入る。そしてその隣に立つパートナーは、それにも増して目を引いた。

 ――何、この子? アイドルか?

 腰まである流れるような漆黒の髪。透けるような白い肌。遠い所から撮っているカメラからでも分かるくらいのはっきりした顔立ち。何頭身かと思うほどの手足の長さと顔の小ささ。

 曲の始まりを待つその姿は芸術的で、只者ではない美しさだった。

「日本人離れしたビジュアルね。ある意味有利だわ」


 僕が知っている中で一番美しい女の子は陽向さんだった。しかし陽向さんがモデルになれるかといったら、ちょっと難しいかもしれない。

 だけど陽向さんの美しさは、そんな体の作りではなくニュアンスのある動きにあった。ただ立っているよりも動いている時の方がずっと素晴らしかった。表情も顔だけではなく、全身から伝わってきた。そして、そんな動きを作り出せるほど機能的に磨き抜かれているからこそ、彼女の体は輝きを放っていた。

 画面を見ながら僕はこういう絵に描いたような美形には、何の興味もないと思った。いや、本当に……。


 音楽がゆっくりと聞こえ始めた。どこかで聞いたことのあるような曲だった。

 二人の踏み出した最初の一歩は大きく、しっかりしたエッジワークで、徐々に盛り上がる音楽と申し分なく合っていた。


 上手い……。


 最初の数歩を見た瞬間、そう思った。

 が、何かがおかしい。


 これは……

 僕は画面の前で首をかしげた。


 超絶下手だ――!!


 二人の不ぞろいな動きが目についた。フリーレッグの高さも合っていなければ、ステップやツイズルでの体の向きもバラバラだった。それに、スピードが充分だったのは組んでなかった最初だけ。組んだ途端にそのスピード感は一気に損なわれた。その不十分なスピードも、リフトの前後にはさらに落ちた。持ち上げたり下したりする度に、どっこいしょとでもいう声が聞こえてくるようだった。スピンの前後もそうだ。


 これが、全日本ジュニアのトップ???


 僕の頭の中には???が飛びまくった。

「さすが即席カップルね。練習不足が否めないわ」

 練習不足、まさにその通り。そうだ、本人もそう言っていた。最悪の出来だったと。

 よく見ると一人一人はやっぱり上手い。エッジの乗りも良ければ、難しそうなこともかなりやっている。

 でも――


「この先生のセンスも考えられないわ。有名な方らしいけれど、何を考えて始めたばかりの子にこんなプログラムを作るのかしら。こなせもしないような小難しい技ばかりを入れてないで、もっと滑らせてあげれば良いのに。魅せることの出来ないプログラムなんて時代遅れもいいとこよ」

 演技を見終えると、先生は厳しくそう批評した。陽向さんはもっともだという顔で聞いていた。僕は先生のコメントにうなずいて良いのかも、あの演技がトップという事実をどう捕えて良いのかも分からず、複雑な思いで二人を見ていた。


 しかし次に映し出されたショートの途中で、僕はこの二人の実力を見た。


「これ……」

「ヴィニーズワルツよ」

 先生が言った。さっき目の前で陽向さんが滑っていたものだった。

「これで、この子たちのポテンシャルはうかがえたわね」

 それまでの滑りが嘘のようだった。ワルツホールドを組んだ二人の流れるような滑り。三拍子のリズムに乗って、今度はちゃんと二人そろっている。


「この二人、組んでからは日が浅いけれど、それぞれのダンス歴は長いらしいのよ。それだけあってパターンダンスはさすがにしっかりしてるわね。このパターンダンスをやられちゃ、点をつけないわけにはいかないわ。フリーなんて関係なく優勝決定って感じね」

 その言葉に、陽向さんは自信を崩さずに言った。

「でも、負ける気はしません」

 確かに、陽向さんは負けていない。と、僕は思った。

 そう。陽向さんは負けていない。負けていないどころか、僕にはむしろ……。

 でも、陽向さんだけじゃ……と思うと、僕はちっとも陽向さんのように堂々とした態度ではいられなかった。


「参考までに二位もどうぞ」

 そう言って先生は続けて二位の組を再生した。どのエッジに乗りたいのかも分からないような滑りに、先生は「箸にも棒にもかからないわね」とつまらなそうに漏らした。

 これが全日本二位。

 もやもやとしたものが、また一段と大きくなる。

 先生はPCからDVDを取り出した。参考と言って再生されたのは、二位までだった。しゃべり方からして、三位以下には興味もないのだろう。


 先生は、陽向さんとその横で黙り続けている僕に言った。

「でも、ダンスの勝負はシニアよ。ジュニアなんて見ていても仕方がないわ。シニアはもう三週間もすれば結果が出るから。それからね」

 ジュニアなんて眼中にないということなのだろうか。僕は二人の態度に違和感を感じずにはいられなかった。どうしてこの人たちはそんなに自信を持っていられるのだろう。陽向さんはシングルではすごい成果を出した人かもしれない。だけど僕たち二人ではまだ試合に出たこともなく、立ち位置すら分からないのに。


 吉田さんの声がした。

「先生、今年のジュニアはさっきの二組だけだったんですか?」

 それに答える先生。

「そう。二組だったのよ。今年は一段と少なかったみたいね。この子たちが途中で入ってこなかったら一組よ、一組。恐ろしいわ~」

 二組?

「二組って、全国でたったの二組だったんですか?」

「そうよ」

 ということは……

「それって、出るだけで最低でも三位入賞ってことですよね……?」

 僕は唖然としてつぶやいた。

「まあ、今年で言えばそうね。でもたまには三組より多いことだってあるのよ」

 たまにはって……。いくらなんでも、競技人口少なすぎでしょ……。


 さっきまでのもやもやへの答えを探し始めた頭が、暴走し始める。

「だからなんですか? だからそんなに余裕の態度なんですか? 数組しかいないような試合なら、出るだけで入賞、上手くすれば簡単に優勝できるかもしれない。陽向さんくらいの実力があれば、そう思っても不思議はないですよね? パートナーが僕程度でも、出場さえすれば日本のトップになれるかも――もしかしてあなたたちは、そういう風に考えて、アイスダンスに参戦しようとしてるんですか……?」

 僕は混乱していた。自分の中の思いもよく整理できないまま、何かを求めて口から勝手に言葉がこぼれる。

「僕はジュニアで優勝した奴を知ってるんです。すごく上手い奴です。でもさっきの映像……。あれ、何ですか? ひどくないですか? でも、あれだけ上手い奴があの程度にしか滑れないってことは、それだけアイスダンスが難しいってことなのかなとも思うんです。だけど、そいつが言ってたんです。運動神経のいい奴がもっとやっていれば、自分なんか埋もれてたはずだって。競技人口が少なすぎるんだって。それがここまで少ないなんて。驚きですよ」


 本当に馬鹿げていると思った。出るだけで表彰台だなんて。こんなものを頑張っていただなんて。これまで毎日見てきた陽向さんのあの練習も一体何だったのか。何のために、そんなことをする必要があるんだろう。

 ここまで選手が少ないんなら、そんなことをする必要なんてないだろうに。もしかしたらこんな僕だって、簡単に優勝できるかもしれないのに。それこそあんなのでいいんだったら、ほんとにもう、簡単に。

 でも僕の中の混乱は続いていた。心がざわついて、何度も何度も、考えが行ったり来たりした。

 そう簡単にトップになんてなれるわけがない。あの流斗ですら、あそこまでしかできないのだ。そんなに簡単なことじゃないんだと。

 そう思うことは僕の自信を喪失させるはずなのに、どうしてだかその考えから離れたくなかった。


「競技人口なんて、つまらないことを言うものね」

 先生はいらついたようにそう言った。

「あのねえ制覇君。私は本気で陽向ちゃんは世界でも戦える実力を持っていると思って、真剣にやっているの。ライバルの数なんて、そんなものいくつだろうと関係ないのよ。一組だろうと、千組だろうと目指すはトップ。同じことよ。競技人口だなんてくだらないことに惑わされていないで、あなたもしっかりやることだけを考えてちょうだい!」


 先生の答えは、僕の知りたいと思っていることからずれているように思えた。

 結局、この人は陽向さんしか見えていない。だから、一組でも千組でも同じだなんて発想になるのだ。

 僕がこの人に問いたがっていることは、何なのだろう。


「陽向ちゃん、陽向ちゃんって、あなた一体何なんですか? 本気でダンスをなめてますよね? 二人でやることなんですよ? 僕は陽向さんがすごいことは否定しません。だけどそれだけじゃ……」

 それだけじゃ絶対ダメなはずなのだ。相手が僕なんかじゃ……。


 だけどこの人たちは、それでいいと思っているのかも知れない。

 僕なんかには何も期待していないのかもしれない。

 期待する必要などないのかもしれない。

 残念ながら僕が思っているほど、アイスダンスは大した競技ではないのかもしれない。

 だからこの人たちは、余裕の態度なのかもしれない。

 だから陽向さんのような素晴らしい人が、僕なんかをパートナーにしていられるのかもしれない――


「何を言っているの。二人でやることだからこそ、あなたが必要なんでしょ。一人じゃエントリーもできないんだから」

「エントリー……! その程度ですよね。僕の価値なんてその程度ですよね!?」

 声を荒らげずにはいられなかった。ここで出てくるのがエントリーの話だなんて。

 パートナーなんて男なら誰でもいいというのだろうか。エントリーさえできれば……?

 そんな程度のものなのか。アイスダンスってそんな程度のものなのか? 男女で二人組を作れれば、それで事が足りるのか?

 違うだろ――!?


「制覇君の前にね」

 突然、陽向さんが口を開いた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人