世界の果ての白雪姫

「こんな場所があったんだ……」


「怖いかい?」


「いえ……」


 萌がめったに入ることのない北の棟。物置代わりにしか使われていないそこに、地下室への扉が隠されてたとは、今の今まで考えもしなかった。


「あの……エルニは?」


「大丈夫。彼女もすぐに現れるよ」


 落ち着いた低い声。この人は、ずっと会いたかったあしながおじさんだ。怖くはなかったが、萌はただ不安だった。姫になり、今は意識不明で病院にいるみずき。魔女としてみずきを狩り、己の影に飲み込まれたエルニ。


(どうしてこんなことになっちゃったのかな……)


 あしながおじさんにプレゼントされた純白のドレスで盛装し、導かれるまま地下への階段を下りてゆく。住み慣れた自分の家の地下だというのに、魔物に飲み込まれるような圧迫感に胸が苦しくなる。


 下りきった先にある重い樫の扉を開くと、ろうそくの灯された広い部屋だった。


「どうぞ」


 あしながおじさんにエスコートされ部屋に入る。ふかふかの絨毯が敷き詰められ、部屋の中央には10人掛けの円卓が据えられている。壁一面を占領する大きな黒板には、理解できない数式が一面に書き込まれ、残る壁には天井までぎっしりと古書が詰まった本棚。


 どの調度品も磨き込まれた立派な造りのものだったが、部屋中に陰鬱な空気が澱のように溜まっている。ふと手近の灯り目をやると、その燭台は人の手首の形をしていた。


「この部屋は……?」


「第五エーテル研究機関。この世界の最初の魔法が生まれた場所だよ」


 机の上のアンティークの地球儀を弄びながら、男は答えた。


「世界の果てに辿り着く企て。地球を動かすアルキメデスの支点を得る計画。萌は梃子の原理を知っているね?」


「支点、力点、作用点の? 小学校で習いました」


「萌は賢いね。アルキメデスは言った、『我に支点を与えよ。さすれば地球をも動かさん』とね。我々はその支点を探す実験を行ったのだよ」


 何の話なのか萌には見当がつかない。ただ不安で、誰かに傍にいて手を繋いでいて欲しかった。


「思考実験螺旋の探索。11年前執り行われたそれにより、別の世界への扉が開いたとも、この部屋の中だけで全てが完結したとも言われる。科学者、哲学者、錬金術師、医者、作家、冒険者、賭博家、芸術家、天文学者、富豪。参加した10人の賛同者のうち4人が帰らぬ人となり、一人の少女が現れた」


 部屋の奥に人の気配がする。黒いドレスが影に沈んでいる。


「……誰?」


「魔法とは何だと思う? 我々が仮定したのは純粋に思考でもたらされる矛盾。黒い白馬。熱い雪。存在しえないそれらの品も、思考の中でのみ仮初めの姿をとる。だがもし目の前に、この世界にありえない存在の現物があったなら? 異界の存在の確たる証拠が」


「そうすれば、矛盾の産物も、絵空事ではない存在感を得る事となる。世界の果てを知り得た我々探索者には、その認識だけで十全に魔法の源となるが、この世界を変えるにはまだ足りない。そのために、この世界への贈り物が必要だった」


「……エルニ?」


 黒いドレスの少女が歩み寄る。髪は影を切り取ったかのような闇色。その肌はミルクのように白く、その瞳は血のように紅い。


「彼女は異界のもの。始まりの貴属、白雪姫だ」


 顔はエルニにそっくりなのに、紅く輝く瞳にはどんな種類の表情も浮かべていない。それなのに萌は、その少女から呪いにも似た強い憎しみを感じ取っていた。


「お前らに切り刻まれた身体、ようやく揃える事が出来た」


「この世界に魔法を植え付けるには、それなりの数が必要だったのでね」


「ちょっと待って! 魔法を使いたいからエルニをバラバラにしたの!?」


 夢物語のようだったあしながおじさんの話も、エルニ――白雪姫の顔を目にし生々しい現実味を帯び、無慈悲に萌に理解を強いる。


「概ねその通り。だが少し違う。身体を48に解体し作り出したギフトと、心を2つに割り生み出した魔女、罪を蒔くものと罰を狩るもの。萌の知るエルニは、ばら撒かれた身体を集め一つに還ることを願う、白雪姫の心の片割れだよ」


「そんな……」


 萌の嘆きは男の耳には届かない。白雪姫の呪詛の視線が萌に絡みつく。


「私にとって魔法はあくまで手段であり副産物だ。君が君の欠片を集める際、見知らぬ世界に抱いた疑問。畏怖。感動。君の探索その全てが、私の探す答えを導くための傍証となる」


 こきりと首をかしげた男が、白雪姫に差し出す掌の上には、淫猥に熟れはぜた無花果いちじくの実。


「君は代償としてギフトに絡みついた数多の願いを手に入れる。姫が望んだ世界の形。集められた記憶。怨嗟。絶望。それこそが君がこの世界から得るギフトだ」


 憎い。苦しい。呪わしい。嫉ましい。姫に向けられ、エルニが集めた負の感情の集積体。


「ひどい! エルニが悪いわけじゃないのに!」


「君はもう元の世界には戻れない。だが、この世界を望む形にすることは出来る。君へのギフト、善悪知る実でね」


 男の御高説は白雪姫の耳には届かない。萌の憐憫の視線が白雪姫に向けられる。


「さあ、この世の真理に形を与え、私にその答えを見せてくれ!」


「私のギフトはこれじゃない。たった一つ、私の本来の持ち物を返してくれ」


 白雪姫は萌を見ている。


「わたし?」


 萌の頭上の白い蛇。その心臓として輝く紅い林檎。


「これは駄目だ。我々が得た始まりのギフト。わが親友、富豪の一人娘を生かす永久機関」


「おじさま?」


「思い出す事もないよ、萌。君の夭折の運命はこのギフトにより回避された。この錬金術師、レヴィ・ランドールが誰にも邪魔はさせない」


 萌の脳裏に記憶が蘇る。寝たきりの日々。ベットから見る景色。おぼろげな父と母の面影。


「それじゃあ、穏やかな日々が続きますようにっていう願いは、もうとっくに叶えてもらってたんだね」


 幸せというのは、何もない穏やかな日々の繰り返し。ちょっと雨に降られたり、転んでお金を落としても、木陰でお昼寝できたり、夕飯がシチューだったなら帳尻が合う。


「そうだよ萌。私は萌の願いを叶える為だけに存在し続けた」


 身も心も健やかにあれ。良き師。良き友。良き隣人。害をなす者は影ながら排除する。芽のうちに、慎重に。


 壊れかけの身体。死ぬ度にやり直す。遺伝子の欠損は避けられない。


『できれば恋をして。結婚できる歳まで生きたいな』


 ああそうか。わたしが望んだから、今までずっと。頭上の蛇は林檎を吐き出し、小さくとぐろを巻いている。


「わたしは幸せだったよ。今までありがとう、おじさま」


 強ばった表情でこきりと首を傾ける男。萌は林檎に手を伸ばす。文字通り、胸を引き裂かれるような痛みが走った。


「駄目だ! やめるんだ萌!!」


 慌てるランドールが手を振ると中空に砂時計が現れる。落ちる砂粒はあとわずか。


「あなたのおかげで今まで幸せに生きてこられたよ。ごめんね。迷惑かけたね。苦労したでしょ」


 白雪姫に歩み寄る萌。まがい物の心臓を失い、苦痛とともに視界が暗くなってゆく。


「もう時間がないね。あなたはこの世界への贈り物。あなたへの贈り物はわたしが決めるよ。受け取って」


 白雪姫の表情は変わらない。白いドレスを血に染めた萌の掌には、紅く輝く林檎。


「この世界の探索を終えた、あなたの願いは?」


「やめろと言っている! それに触れるな!!」


 最後の砂粒が落ちる前にと、ランドールが砂時計に手を掛ける。


 わずかな逡巡の後、白雪姫は手を伸ばし――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!