うさぎみたいだねって

「みずき? ……みずき!」


 鎌は身体に触れてさえいない。それなのに、意識を失ったみずきは、力なくまがい物の海に浮かんでいる。萌は漂うみずきの身体にすがり付き、泣き叫んでいる。エルニは少しだけ表情を曇らせると、みずきの手から落ちたナイフを拾い、己の影へと放り込んだ。


「エルニッ!! みずきに何したの!!」

「そいつは貴属になった。その原因を取り除いただけだ。殺しちゃいない」

「こ……殺してないって……」


 みずきはうつろな表情のままで、萌の呼びかけに反応する様子はない。


「意識を取り戻すのかまでは分からない。あたしも今まで、そこまで気にせず先に進んできたからな」


 まなじりを釣り上げた萌は立ち上がると、物も言わずにエルニの頬を叩いた。


「ッてえ……何しやがる! なってたのはお前のほうだったのかもしれないんだぞ!?」

「みずきはそんなことしない!!」


 萌の頬が鳴る。


「おめでたい奴だな!! そこらに浮かんでる奴が目に入らないのか!?」


 エルニの平手打ちで吹き飛ばされた萌は、立ち上がることもできず、うずくまったまま嗚咽おえつらす。


「みずきはッ……! みずきはッッ……!!」

「自分は親友だから見逃して貰えたはずだってのか? それじゃあ、他の連中はどうなってもいいのかよ?」


 激情を押し殺し、平板な声で問うエルニに、萌は答えることが出来ない。聞こえよがしのため息を吐き、ばりばりと乱暴に頭をむしると、苛立ちのままエルニは吐き捨てた。


「……何だよ、あたしだけが悪者だってのか……」


            §


 日はとうに落ち、部屋に闇が満ちてゆく。灯りもつけぬままの部屋の隅、壁に向かった萌は、膝を抱え目を伏せている。窓際に表情無く立つエルニは、それを見てまたため息を一つ漏らした。


 みずきと、みずきに襲われた数十人の生徒達は病院に運ばれた。


 駆け付けた救護員に対し、萌は何一つ満足に説明できなかった。

 それでも、街の半分を飲み込んだまがい物の海と、そこに生まれ泳ぎ始めた魚たちを目にすると、誰もそれ以上問うことはなかった。

 巻き込まれただけの少女には、貴属のことを理解し説明できるはずがないと、誰もが知っていたからだ。


「……みずきはね、わたしの親友なの」


 エルニは視線だけを動かし、萌の背中を見る。


「わたしこんな見た目だから、幼稚園の頃、よくみんなにからかわれてたの。初めて会ったとき、みずきにも『うさぎみたい』って言われて」


「またいじめられるんだと思って泣き出したら、『うさぎみたいで可愛い』って、そっぽ向きながら言いなおしてくれたんだ」


「体の大きな男の子相手でも、わたしをいつも守ってくれた。だから、今度はわたしがお返しするばんだったのに……」


 萌は肩を震わせ、声を殺し泣いている。


「あいつは貴属になったんだ。もう元には戻れない。仕方ないだろ」

「貴属になっちゃったら、もう分かり合えないのかな……?」


 エルニは答えない。


「わたしたちは……分かり合う努力をしたかな?」


 エルニには答えることが出来ない。


「ねえ、答えてよ、エルニ……」


 月明りが差し込む部屋の中、萌のすすり泣きだけが響く。


 今までにも、エルニにとって後味の悪い狩りは幾つもあった。だが、そのどれもが不可抗力。エルニだって命を懸けてきた。自らギフトを手放す姫は存在しなかったし、ギフトを失えば姫はその意思も失くしてしまう。そしてエルニも、ギフトを収集する使命を捨てるつもりはなかった。それだけが、エルニが何者であるのかという問いに、答を与えてくれる手がかりだったからだ。


(柄にもない。一つ所に長居しすぎたか……)


 このまま立ち去ろう。萌に掛ける言葉を持たないエルニがそう決心した時、部屋の中に歌声が流れ始めた。


「Happy Birthday to you~」


 歌い出したのは、ベッドの上でこきりと首かしげたクマのぬいぐるみ。


「Happy Birthday to you~」

「誕生パーティー、出来なくなっちゃったな」


 ベッドから飛び降りたぬいぐるみに、萌は寂し気なほほ笑みを浮かべた。


「Happy Birthday Dear Moe」


 歌うクマのぬいぐるみの、背中の縫い目が裂けてゆく。クマのダニエルを抱き上げようと、両手広げていた萌の目の前に、黒いタキシードを着た男が姿を現した。


「誕生日おめでとう、萌」

「あなたは……もしかして、あしながおじさん?」


 萌の前でうやうやしく一礼する壮年男性の頭上に、エルニはかつてない程おぞましい物が浮かんでいるのを見た。


(男なのに貴属か? クソッ! おかしな感傷に浸ったせいで、反応が遅れた!!)


 エルニは、逆刃の鎌を取り出すべく己の影に手を伸ばす。


「てめぇ! いったい何者――」


 踏み出すつもりの足が動かない。窓からの月明りで落ちるエルニの影。そこから伸びた白い女の腕が、彼女の足を掴んでいる。


「時間だよ――」


 腕に続き影から湧き出した少女の顔は、エルニの物と相似形そうじけいをなしていた。


「――今度は私たちがギフトを受け取る番」

「エルニ!?」


 振り返り叫ぶ萌の目の前で、エルニは自らの影の中に引きずり込まれた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

機能をオンにすると、画面の下部をタップする度に自動的にスクロールして読み進められます。

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!