下着もだよ!

 電車で二駅揺られると、大きな街に出る。


 午前中だけの授業を終えた萌は、友人のみずきも誘ってみた。残念ながら、何か予定があるらしい。エルニのことをちゃんと紹介したかったのだが、誕生会の楽しみに取っておくことにする。


 駅を出てすぐの百貨店で、まずは婦人服売り場に向かい、エルニの服をみつくろう。


 整った容姿と、均整の取れ、引き締まった肢体。風呂上がりの姿を垣間見てしまってからずっと、萌はエルニにお洒落をさせたくてたまらなかった。モデルのような彼女には、お姉さん向けのファッション誌で見るような服も、きっと似合うに違いない。


 髪と肌の色を考慮し、落ち着いたフェミニンなイメージでまとめてみる。


「ちょっとこれはヒラヒラし過ぎだろう」

「えーなんでー? じゃあ、これ」


 今度はあえて反対に、寒色系の大人っぽい雰囲気で。


「布足りなくないか?」

「そういうデザインなの!」


 みずきが萌に着せたがるよな、フリルやレースの多いガーリーなチョイス。


「カワイイ!!」

「柄じゃねえよ……」


 エルニの言動に合わせ、ボーイッシュな感じで。パンツではなくスカッツなのは譲れない。


「実用的じゃないだろ?」

「そういう基準で選んでないよう!」


 何を選んでも文句が付きそうな気がする。ここは趣味に走って、萌が着せてみたい童話っぽいクラシカルなものを。


「やっぱりこれは合わねえよ……」

「そんな事ないよう! すごく似合ってる!」


 5回目のコーディネートでエルニが音を上げる。予算を度外視して着せ替えを楽しんでいたので、気に入られても困りはするのだが。


「それじゃあ、こんな感じで?」


 エルニの抵抗が比較的小さかった、シンプルなボレロと揃いのワンピース。処分価格のダッフルコート。これならかろうじて予算内だ。


「レギンス履けば、スカートでも大丈夫だよ」


 エルニが見ていないうちに、サテンリボン付きのガーリーレギンスと取り換える。


「あとは下着だね」


 疲れと羞恥と苦々しさが微妙にブレンドされた表情でエルニがうなづく。ほんのちょっぴり嬉しさが混じっているのは、萌の気のせいではないはず。


「ここまでして貰う義理はないよ」


「はらぺこでひとのアイス食べ尽したうえ、髪をつかんで逃がさなかったの誰だっけ?」


「う……」


「せっかくだから、着替えて行こうね?」


 エルニに拒否権は残されていないようだった。


 萌はエルニの腕を抱きかかえ、ランジェリーショップに向かう。萌が中学2年生になった頃、初めてみずきに連れてこられた店だ。


 衣料品売り場で買っていた萌には、踏み入れるには敷居が高すぎる場所だったが、自分が友人を案内する側になる日がくるとは。誇らしさと使命感を胸に、エルニの下着を選び始める。


「エルニのサイズは?」


 今は萌が予備で買っておいたスポーツブラで済ませている。家に干してある洗濯済みの物も、味もそっけもないスポーツブラだった。


「ん? ……うーん?」


「自分のサイズくらい把握してなきゃダメだよ。ちゃんと測ってもらわないとね!」


 お姉さんぶって諭す萌に、エルニはげんなりした表情を返した。放っておくとシンプルな商品のサイズと値段しか見ないエルニを引っ張り、萌はわくわくと店内を練り歩いた。


「試すだけならいいよねえ?」


「やめろ。頭の中で着せ替えるのもやめろ!」


 自分には選ばないようなビスチェやガーターベルトを手にし、ちらちらと視線を投げる萌。首筋まで赤くなったエルニは、抗議の声を張り上げた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料