ベーコンエッグとチョコレートケーキ

「目玉は二つでいい?」


 昨夜の残り物がテーブルに並ぶ。朝食にはそれだけでも充分な量だというのに、萌はベーコンエッグを焼いている。人をもてなすのが楽しいのか。


 朝起きてそのまま立ち去ろうかと考えていたが、洗濯された服を探しているうちに、起き出した萌に捕まってしまった。


「急ぐ用事があるの?」


 ギフトを集めなければという焦燥感にも似た思いはある。だが、あとわずかだという確信はあるものの、眠り姫のような居城を構える貴属の情報はなく、白い魔女の足取りも掴めないまま。


「ない……かな?」


 カリカリベーコンが焼ける脂の香りには抗えない。エルニはテーブルに着くと、テレビのリモコンを操作した。


「ひざ立てるのお行儀悪いよ!」


 椅子の上で胡坐をかきチャンネルを変える。貴属に関するニュースはない。世界が改編される事が日常茶飯事になった今となっては、よほどの大きい動きがない限りメディアに流れることはない。


「足組むのもダメです!」


 右手に焼きたてのベーコンエッグの皿を持ち、左手を腰に当てた萌。ちゃんと座らないとお預けということらしい。大人しく座りなおす。


「こんなヒラヒラしてるから見えるんだろうが……」


「女の子はスカートじゃなくても、足崩して座っちゃダメなの!!」


「そういうもんか……」


 皿が置かれればこっちのものと、聞き流して食事に取り掛かる。


「いただきますは?」


 ニュースからの情報収集は諦め、チャンネルをキッズアニメに変える。萌のお説教を聞き流しながら緑のいもむしのクレイアニメに見入るエルニ。


「急ぐ用がないなら、今日は午後からお買い物付き合ってくれる?」


 食後のコーヒーを用意しながら、萌が提案する。


「明日のお誕生会の準備、買い出しに行きたいの」


「行けばいいじゃないか」


 気のない声を返すエルニ。


「エルニの服も買わなきゃ」


「いらねえよ……」


「下着の替えもないのに! いらないわけないよね!?」


 今まで体一つで旅してきた。ポケットに入る以上の物は持ち歩けない。必要なものはいつもその場で手に入れてきた。


「それに、明日はお菓子も作るよ!」


 エルニが視線をいもむしから萌に移す。


「ケーキもか?」


「ケーキも!」


「チョコか? チョコのヤツか?」


「んー、ショートケーキのつもりだったけど、エルニがお誕生会出てくれるならチョコにするよ!」


「一宿一飯の恩に報いなきゃな。付き合うにやぶさかじゃあないぜ」


 手のひらを反すかのようなエルニの返答に、萌は満面の笑みを浮かべた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!