眼鏡っ娘の彼女が「裸より裸眼を見られる方が恥ずかしい」と言うから、俺が「じゃぁ、脱いで」と冗談混じりで言ってみたら、本当に脱ぎ始めた件について。

作者 星成和貴

13

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?