男装令嬢のヒミツのお仕事

作者 高岡未来

37

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

中世ヨーロッパを彷彿とさせる世界観。

女優志望(男役)の主人公は恋には無関心。
憧れの歌劇団の入団募集を知るや、思い立ったら吉日とばかりに、いきなりばっさり髪を切ってしまい家族を驚かせる。挙句に自宅軟禁の憂き目を見ることに……。

そんな中、兄から賭けを持ちかけらえる。それは王子の侍従として仕えること。もちろん、女とばれたら即終了。女優の夢は愚か、無理やり結婚させられてしまう!!


窮地に立たされた主人公は、いろいろと言い含められつつも、この賭けにのる。しかし、肝心の王子問題大あり。引きこもりな上に自身のことを「離宮警備員」と呼んでいる。また大事なお友達はゲンゴロウ。

虫嫌いな主人公はこれだけでも悲鳴もんです。

全く恋のフラグが立ちそうにないかと思いきや、王子の秘められた想いを知り、徐々に主人公にも変化が……。

とはいえ、この主人公、直情型特有の思い込みの激しさから、中々相手の気持ちや、自身の気持ちにさえ、疎い、疎い。

王子は王子で、愛情表現下手とくる(後半は押しが強くなりますが)

さて、じれったい恋の行くえは?

ニマニマしながら読んでください。でも、周りから怪しまれても知りませんよ(笑)