5年生②  読み

 し県のしているさんにた、の山田さんには、孫がいた。その孫は大学ふの高校に通っていて、が良かった。山田さんの孫のは、海外だった。

 しかし山田家はぼうで、五十年の家に住んでいた。海外との貿をして、に比べて多かったのだ。も払っていた。しかし、なので仕方がなかった。

 ある日、山田さんの孫はにあうを見た。えていたのだ。原因は、車のからもれたからだった。

 それをすると、孫は最近したおかし屋へかれるように入った。中はげきしていて、孫はぱくされそうになった。

 しかし、孫が財布をのぞくと、お金がり二百円しかなかった。友達にお金をしてほしいというと、その友達はじてくれた。そのお金で綿あめを買った。



 翌日、山田さんがにあい、をした。そのあと退した。には一億かかったがけがはせず、山田家のはなくなった。山田さんはやがてし、残ったなおを買った。

 しかし的なした孫はあるお金をもらった。孫はそのお金でを買い、っぱい畑をした。

 五年後、としてされ、お金持ちになり周りからされた。の畑!」にも「山田プロのは世界一」とされ、された。その雑誌は学校のにもけいされた。インタビューの時、孫はこう言った。

「こんなの、の口だよ」



 山田さんの孫はして売った。そしてライダーとけっこんして、の子どもをかった。

 子どもがえんから帰ってきて、そうしているとき、れた。そしていきなり、

ざいを買って、家をにするんだ!」と言い、商品をわたした。

 でもざいはで、虫が大量発生して山田一家はした。



このお話は、ごらんのスポンサーので、お送りしました。

・のうな牛乳™

ひめとひこ星の七夕ランド

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます