5年生①  書き

 の木の下に、羊のれがれた。羊の集が大れしたので、に生えていたの花びらがたくさん落ちて、った。そこへい主のがやってきて、言った。

「大れするの、!! ったら、さないからねっ!」

 しかし羊たちはいをしてれたので、木のが折れた。でも木のは折れなかった。

 とうとうい主もやってきてそろって注意した。

「リーダー羊よ、このを取って、さいに行きなさい」

 しかし羊のリーダーは言った。

る」



「せめてりなさい」

 羊はろうかった。でもい主にらいたい気分だった。

「いやだ」

「そうか。リーダーだな」

「それもいやだ」

「うぅむ……じゃあ、をあげよう。リーダーでいたいなら、のオオカミにできるって、君の強さをしなさい」

「そんなの、きすぎるよ! だよ!」

「オオカミにできないなら、君はここに住んではいけない」

 飼い主は、を変えずに強く《《しゅちょう》した。

「わかった……なんだけど、そのオオカミはどこにいるの?」

「近くのにいるよ」



 羊はふんしながらをして、りで旅に出た。れていないしい道を歩いて、の近くまで来た。そこにはがたくさんあった。が少なかったので、羊は少し苦しくなった。

 羊はオオカミを発見したので、べーっとを出した。すると一匹のオオカミが羊のに気付いた。

「やあ、羊さん。も付けずにここに来たら、に帰れないよ?」

「どうして?」

「羊さんのお肉がで美味しそうだから」

「食べないで。僕のの毛でんだをあげるから」



よりも、がほしいぜ……」

 オオカミはなめずりをした。

「俺のリーダーいるオオカミは、腹がって死にそうななんだよ。食べなきゃだ」

の良い森のそう会の、をあげるから」

しよう」

 そして別れにオオカミは言った。

「次会ったら、返しに羊さんのするものをあげよう」

「じゃあ、に日本がほしい」

「よし。またな」

「うん」

 羊はすぐにそこからした。な風がふいて、羊の体毛をゆらした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます