第062話:また少女を拾い……

 ――金曜の夜。


 お楽しみの週末だ。

 今回、オレが来たのは、【道の駅まくらがの里こが】だ。

 茨城県の国道四号・春日部古河バイパス沿いにある道の駅の一つで、都内からそれほど遠くない。

 都内からなら余裕で日帰りできる距離ということも考えると、わざわざここで車中泊する理由は基本的にない。

 規模はそれなりに大きいが、この辺りならば普通と言えるかも知れない。

 普通車用駐車場は、手前と奥の2つのエリアで別れており、大型車のエリアは別にある。

 景観が特に良いというわけでもなく、近くの観光と言っても離れた所に大きな公園があるぐらいだ。

 さほど変わったところもない、ごく普通の道の駅である。


 しかし、オレは情報を調べて知っていた。

 どうやら、ここの飯は美味いらしいのだ。

 というわけで、今回の目的は飯である。

 メニューを調べたところ、食べてみたい食事は二種類あった。

 そこで夕飯と、翌日の朝ご飯を食べることにする。

 もちろん、夕飯のあとは異世界旅行の予定だ。

 今回もいろいろと準備はしてきたのだが、どういう所に行くかはわからない。

 そもそも、行けるのかどうかもわからない。

 だが、それもまたワクワク感に繋がるのだ。


 夕飯は道の駅内の地産地消フードコート「みやことほまれ」という店で食べる。

 目的のメニューの名は、「奥久慈ポークのぶた丼」。

 もう名前だけで美味そうである。

 見た目は、非常にシンプルだ。

 黒いどんぶりの上に、艶のある醤油タレで味付けされた豚のバラ肉。

 それがたっぷり重なって積んである。

 たちの悪い豚バラの豚丼などだと、薄い肉がちょっとと、あとタマネギでごまかしたような物もあるが、ここはそんなことがない。

 その量、なんと二〇〇グラム。

 バラ肉の豚丼としては、かなり多いだろう。

 下にいるご飯の姿がうかがえないぐらいだ。

 その上にたっぷりのネギ。

 添えてあるのは、洋ワサビ。

 シンプルイズベストな組合せである。


「いただきます。…………うほっ! つーか、甘い!」


 肉は柔らかく、バラ肉ながら脂っこい感じはあまりしない。

 むしろ、脂が甘い。

 味付けは甘塩っぱくなっているのだが、肉の脂の甘味をしっかりと感じることができる。

 そして、これを引き立ててくれるのが洋ワサビだ。

 これが非常にあう。

 運命の出会いだったのではないかと思うほど、この豚バラ肉にあうのだ。

 この組合せはすばらしい。

 洋ワサビの風味と辛みが、豚肉を口に運ぶのを止めさせない。


(美味い……これはいい! し、しかし……)


 そう。しかしなのだ。

 このぶだ丼には致命的な弱点があった。


(ご飯が……ご飯が足らん!)


 肉がたっぷりすぎて、ご飯が足らないのだ。

 まあ、ビールを買っておいて、余った肉をつまみにするという手もあるが、この味が求めるのはライス!

 思わず車に戻ってご飯を炊いてやろうかと思ったぐらいだ。

 調べたら大盛りもあったようなので、最初から大盛りにしておくべきだったと後悔した。


 しかし、これなら明日のカレーも期待できそうだ。

 その名は、「古河養鶏所のオムカレー」。

 ふわとろオムレツがのっかった、黒カレーである。

 これは是非とも喰わねばなるまい。

 他にもつくば鶏のカツとか唐揚げなどもあるようだが……やはりまずはカレーだろう。


(うむ。楽しみだなぁ……)


 もしこれで異世界に行けなくても、明日の朝の楽しみがある。

 これだけで、ここで車中泊しても後悔はしないだろう。



   ◆



 ……と思っていたが、しっかりと異世界転移シフトチェンジしていました。

 しかも、かなりヤバイです。

 今までで一番ヤバイです。

 かなりピンチです。


「つーか……一面、白銀の世界だし!」


 寒くて起きたら、周囲はけっこう積もった雪景色。

 ダウンジャケットとかの防寒設備は持ってきているものの、車の方はスタッドレスなんて履いてないし、チェーンも持ってきていない。

 これは非常にまずい。

 今まで雪などという天候に当たらなかったから油断をしていたが、考慮していなかったのは見積りが甘かった。

 とにかく、このままだとやばい。

 周囲は平原で何もない。

 こんなところで埋もれたらまず助からない。

 ドアを開けて地面を確認するも、まだぎりぎり車は走れそうである。

 雪を避けることができる、どこかに移動しなければならない。

 目をこらして周りをもう一度よく見てみると、ある方向に何か黒い影が見えた。

 どうやら岩山らしい。

 4WDのモードを悪路用に切り替え、オレはとりあえずそちらに向かってゆっくりと、ゆっくりと走りだす。

 パワーモードもとりあえずエコモードだ。

 これで、急加速しにくくなる。

 とにかく、なんとか雪を避けられるスペースを確保しなければならない。

 電気を発電するには、エンジンを動かさなければならない。

 しかし、それにはマフラーが雪に埋まらないようにしないといけないのだ。

 マフラーが埋まれば、排気ガスが逆流して室内に充満する。

 そうなればもちろん、お陀仏である。

 タイヤを怖々と滑らせながら、オレは雪を避けられる場所を求める。

 しばらく走ると、オレが壁のような岩肌がはっきりと見えてきた。

 そこに行けばなんとかなるとは限らないが、それでもそれしか今は思いつかない。

 一縷の望みをかけて、そちらに向かっていた。


(……ん?)


 その時、前の方の雪の上に黒い影が見えた。

 少し雪に埋まりながらも、地面からしっかりと黒く盛りあがっている。

 それを凝視した瞬間、ものすごく嫌な予感がピーンとした。

 ほぼ直感だった。

 オレは車を少し手前で止めると、ドアを開けて外に飛びだした。

 雪に濡れるのもお構いなしで、冷たさも忘れて、その黒い影の元に駆けよる。


(まさか……まさか……)


 何度か転びながらも、なんとか駆けよる。

 思った通り、それは黒い外套だった。

 そして、そこから横にはみ出ている青い髪と横顔。


「――アズ!」


 オレはまた、この美少女を拾うことになったのだ。





――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

※参考

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

●道の駅まくらがの里こが

http://www.dynac-japan.com/michinoeki-koga/


●「道の駅まくらがの里こが」に行ってきた!

http://blog.guym.jp/2015/12/blog-post.html

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!