第055話:米を磨ぎ……

 オレはアウトランナーの荷室ラゲッジルームから秘密兵器をとりだした。

 その白くて少し丸い物体を見て、十文字女史は目を丸くする。


「そ……それはいわゆる……電子炊飯ジャー……よね?」


「つーか、まさにそれです!」


「……あなた、やっぱりバカなの?」


 呆れたため息と共に、女史はズバッと気持ちよい言葉でオレを貫いた。

 なんというか、顰めた眉までどこかセクシーなので腹も立たない。

 むしろ、思わず身震いして、得も言われぬ快感を味わってしまう。

 この人に貶されるのは、ちょっといいかもしれない。

 ……おっと、脱線した。

 ともかく、このことに関しては「バカ」ではないので、反論しなければならない。


「なんでキャンプに来てまで電子ジャーなのよ。だいたい、ここはACサイトじゃないから電気がないわよ。どーやってご飯を炊くつもり?」


「電気なら、ここにあります!」


 オレは胸を張ってアウトランナーを指さした。

 しかし、そのオレに対して、女史はさらに大きなため息。


「あなたねぇ。車のバッテリーでそんなもの動かしたら、すぐに上がっちゃうわよ。それ以前に、うまく動かないことも――」


「ノープロブレムですよ、女史!」


「……じょし?」


「ああ、失礼」


 つい頭の中での呼称を口にしてしまった。


「この車は、PHEVなんですよ」


「……それってハイブリッド車ってこと?」


「まあ、ハイブリッドなんですけど、どちらかと言えば電気自動車です」


「なら、なおさらダメじゃない」


 女史、得意のポーズの腕組みがでる。

 そして、まるで女教師を思わすように指を立てて、振りながら言葉を続ける。


「電気自動車のバッテリーが切れたら、もう走れなくなるのでしょう」


「いや、ガソリンも入っていますし……」


「それでも電池がなくなったら、充電器にさすか、走らないと充電できないのでしょう?」


「いえいえ。こいつは止まったままで発電できるんですよ。つまり発電機を積んでいる車なんです。それにバッテリーもでかいので、炊飯器で米を炊くぐらい余裕なんっすよ!」


「発電機を積んでるの? へぇ……。キャンプとしては邪道のような気もするけど……」


「でも、行った先で、いつでも火が使えるとは限りませんからね。実際、砂漠とかで薪が手に入らない場所もあったし」


「砂漠? あなた、そんなところにまで行っているの?」


「……あ、いや……それはともかく、お湯をちょっと沸かすのに、炭に火をつけるのも面倒。ガスコンロだとガスカートリッジを持っていかないといけないし」


「……まあ、言われてみると確かに手軽そうね。いろいろと行動の幅も広がりそうだけど」


「でしょ! アウトランナーがあれば、電気と共に気ままに走って、好きなところを見て、疲れたら寝て、腹減ったら飯を食う旅ができる!」


 結局、気がつけば、まるで通販のセールストークのごとく、熱く車自慢をしてしまっている。

 しかし、女史は嫌な顔せず、楽しそうに聞いてくれている。


「……なるほどね。それがあなたのアウトドアライフの形ってことかしら?」


「なんか、車中泊だとアウトドアって感じではないんですけどね。……つーか、言うなれば、アウトランナーライフ? 略して、アウトランフとか?」


「……ぷっ……」


 なんか知らないけど、かるく女史が吹きだした。

 どこが面白かったのかよくわからないが、ウケたらしい。

 こんな柔らかい顔の彼女を初めて見た。


(……つーか、意外に話しやすい人だな……)


 そう言えば、もう監視されているとか、評価されているとか、そういう感じはなくなっている。

 監視なんて言うのは、もしかしたらオレの思いこみだったのかも知れない。

 そう考えながらも、オレは炊飯ジャーに入れておいたビニール袋をとりだした。

 中には、先日購入した芳賀米が入っている。


「……米まで用意していたの?」


「ええ。いつでも異世か……ではなく、行きたいところに行って、困らないようにです」


「車で行きたいところに自由に……なにか、そういうのも素敵ね」


 十文字女史が、ふわっと優しく顔をほころばした。

 切れ長の双眸も眉も弓なりになり、艶やかな小さな唇も柔らかく曲線を描いている。

 オレは、その表情に目を奪われてしまう。

 いつもきついイメージしかなかった女史が、こんなに優しくかわいらしく笑うとは思わなかったのだ。

 一瞬、ついクラッと来てしまう。

 もともと、女史は俺の好みなのだ。

 豊満なバストとすばらしいクビレ、伸びるスラリとした美脚。

 そして、細面で整った美人顔も、好みドストライクだ。

 これで性格が、「普段はしっかりとしたキツい性格だけど、二人きりだとデレる」ならば完璧だった……と考えていたのだ。

 もちろん、そんな漫画に出てくるようなツンデレ的女性など、本当にいるわけがないのだ。

 オレだってもう現実はわかっている。

 夢見がちなことを言う年齢ではない。

 ……そう思っていた。

 ところがだ。

 どうも、十文字女史にも柔らかい面があるらしい。

 考えてみれば、異世界なんていうものが夢ではなく本当にあって、「ネコ耳娘」も「おませ魔法幼女」もいたのだから、「ツンデレ女史」ぐらいいてもまったくおかしくないはずだ。


(……でもなぁ……)


 オレは、もうとうの昔に女史のことはあきらめて、妄想の中だけの恋人にしていた。

 まさに、高嶺の花。

 ダメ社員のオレなんか、歯牙にもかからないことは明白なのだ。


(惚れちゃいかん……うん……それにオレには……)


 どうせ無理なのだから挑戦なんてしない方がいい。

 オレは頭を切り換えて、米を磨ぎに行こうとした。

 すると、すっと女史がオレから米を取りあげる。


「それ、貸しなさい。私がやってくるわ」


「……え?」


「私だけ何もしないのは悪いもの」


「で、でも、十文字さんに米とぎさせるのはまずいというか……」


「……どうして?」


 改めてそう聞かれると確かに困る。

 ここへはみんなでキャンプに来ているのだから、みんなで協力して作業するのは当たり前だ。

 でも、不思議と女史のような高貴な方(?)に仕事をさせるのは悪い気がする。

 ところが、それをなぜかと聞かれると、うまく答えられない。

 俺は思わず、しどろもどろとなってしまう。


「ど、どうしてって……つーか、それはその、十文字さんのような方に、米とぎのような雑用を頼むのは、そのなんだ……米だけに、ヤベイ(米)……なんちゃって……」


「…………ぷっ!」


「…………」


 ウケた。

 まさか、苦し紛れで適当に口からでた、こんなくだらない駄洒落がウケるとは予想外すぎる。

 しかも、顔を背けて下を向き、口元と腹を押さえ、肩を揺らして笑いをこらえきれずにいる。

 バカウケだ!


(つーか、そこまでウケるのかよ!)


 というツッコミは口にだせずに、オレは女史の笑いが止まるのを待った。

 すると、しばらくして女史は、わざとらしく咳払いを一つする。


「ゴホンッ。……もうっ! ちょっとくだらないこと言うの、やめてもらえるかしら」


「あ、はい。すいません……」


 彼女は、ハンカチを出してメガネの下の潤んだ瞳に添える。

 どうやら、オレは天下無敵の女史の弱点を見つけてしまったらしい。


「……ともかく、私は体を動かすことも好きなんだから気にしないで、ね?」


 一度、破顔したせいか、表情がいつもよりかなり柔らかい。

 今までのイメージとまったくちがうギャップ。

 それは、オレの心臓にトールハンマーを落とした。


(…………ほ…………惚れちまうやろー!)


 しばらくして、山崎がこちらを恨めしそうに見ていることに気がついた……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!