第046話:「なし」ということで。

 清らかな水を蓄える池は、森の「穴」かもしれない。

 上から見れば、この密集する木々の中に、ぽっかりと穴が開いているように見えるはずだからだ。

 それから、もう一つ。

 ここは、森を通り抜けようとする近隣の者たちにとって、「穴」場となっているらしい。

 近くに街道の一部として使われる道も通っている。

 もちろん舗装などされておらず、たまに荷馬車が通るらしいが、決してスピードが出せるような道ではなかった。

 そのため、一日でこの森を抜けるには、普通は朝早くにでて夕方には抜ける必要があるのだ。

 しかし、地元の人たちは、この池の存在を知っている。

 ここは魔物が寄りつかない安全地帯なので、ちょっと遅く出発した荷馬車などは、ここで休憩して朝早く出発することもあるそうだ。

 ただ、普通はあまり使われない。

 だから、非常に静かな穴場でもあるわけだ。


(……穴か……やばい。ナニを朝から思いだして……)


 オレは頭をふって、邪念をふりはらった。

 木々の頭を越えて届く清らかな陽射し。

 そして、少しだけ肌をさす冷たさを持つ、さわやかな森の空気。

 それらを浴びながら、オレはコーヒーを口に運ぶ。

 鼻から強い香りが入りこむ。

 口の中から体に広がる苦味が、まるでオレを浄化するようだ。


――ごそ……


 横に止めておいたアウトランナーの中で動きが見える。

 モソモソと動く気配がする。

 彼女の衣服類はすべてわかりやすいように横に置いておいたから、多分それを身に着けているのだろう。

 なにしろ、一糸まとわず寝ていたのだから。

 それからしばらくして、やっとリアのドアが、内側からゆっくりと開けられる。

 そこから、恐る恐るのように顔をだしたのは、もちろんミューだ。


「……お、おはよう……アウト……」

「お、おお。おはよう。い、い、いい天気だなー」


 互いにぎこちないあいさつ。

 平常心、平常心。


「コ……コーヒー飲むか?」

「う、うん……」


 昨日の勢いはどこへやら。

 ミューは、耳を倒して体を小さくしたまま、キャンプ用テーブルに着いた。

 オレはその彼女の前に、コーヒーを入れた紙コップを出す。


「あ、ありがと……」

「お、おお……」


 彼女は紙コップに手を伸ばし、それを両手で包むように持った。

 一応、紙コップは二重にしてあるし、そろそろかと思って保温は止めておいから、そこまで熱くないのだろう。

 彼女は、掌から伝わる温もりを感じながら、しかしそれを口に運ばずにしばらく止まっていた。

 オレもこちらから声をかけない。

 互いに、そのまま10秒ほど停止。


「ア、アウト!」

「ほいよ!」


 意を決したように、コーヒーを置いて呼びかけてきたミューに、オレは間抜けな返事してしまう。


「じ、実は、ミューは昨夜の記憶が、と、途中までしかないのだが、けっきょく、最後――」

「なにもなかった!」


 オレは用意していた答えを力強く言い放った。


「ほ、本当か!? 何もなかったか!?」


「大丈夫! つーか、ちょっとだけだから!」


「にゃぴょん!? ちょっとだけって、なに!?」


「何もなかったも同じ!」


「そ、それ……な、なに……しちゃったのか?」


「だから、ちょっとだけだ!」


「むしろ、ちょっとが気になるぞ、アウト!?」


「ちょっとは、ちょっとだ!」


「そ、そのちょっとだけを教えてほしい……」


「……言いたくない」


「うううっ……。美しい、ミューとアウトの初めての思い出が……」


「ちょっとだから大丈夫! だから、『なし』ということで!」


「な、なし!?」


「忘れた方が、お互いにいいと思うぞ」


「ほ、本当に何もなかったのか?」


「おお。ちょっとだけだ……」


「…………」


「…………」


「……そう言えば、口のな――」


「コーヒー飲め!」


 オレは目力を込めて、睨むように顔を近づけた。

 たぶん、今の俺は鬼のような形相をしていることだろう。


「おうっ、おお……」


 さすがにミューも、その迫力にたじろぎ、コーヒーを口にする。

 もうこの話は終わりだ。

 話題を変えることにする。


「ところで、確か仕事の帰りだと言っていたよな」


「……うん。家に帰るところ」


「じゃあ、家まで送ろうか」


「うん。よろしく頼む。たぶん、父ちゃん、母ちゃんも喜ぶ」


「……なんで喜ぶんだ? ふつう、娘が男を連れてきたら親は心配するもんじゃないのか?」


「それはひさ……まあ、そうだな」


「ひさ? つーか、昨夜は『なにもなし』だったんだから、いきなりご両親と挨拶からの結婚話コンボはやめてくれよ? そのパターンはもうこりごりだ」


「なんで今さら、そんな話を……」


「え? 今さら?」


「いや、うん。絶対にそういう話は出ないから大丈夫だ」


「ん? そうか……」


 なんか今一つ、会話がかみ合わないが、もしかしたらミューもまだ動揺しているのかもしれない。

 とにかく昨夜のことは忘れよう。

 唯一、ミューに酒を飲ましてはならないということだけは、忘れないようにして。


「……じゃあ、とりあえず朝飯を作るか」


「うむ。手伝う」


 オレとミューは、コーヒーを飲み干してから食事の用意にとりかかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!