第029話:オアシス車中泊。

 夜になると涼しくなってきた。

 というより、かなり寒くなってきた。

 砂漠って、昼と夜の温度差が激しいっていう話は聞いたことがあったような、なかったような。

 でも、昼間との寒暖差は夏から冬に変わったかのようだ。

 オレは飯の片づけをした後、すぐにシートアレンジを変更した。

 助手席を倒して、後部座席とつなげる。

 運転席側の後部座席は、前に倒してフラットにし、荷室ラゲッジルームとつなげてインシュレーターマットを半分に折っておいた。

 購入したインシュレーターマットは、幅180センチはある。

 大人二人が優に眠れるサイズで、荷室ラゲッジルームより少し幅が長い。

 しかし、アウトランナーの荷室ラゲッジルームにはタイヤハウス(後部タイヤの出っぱり)が左右にあるため、真ん中あたりは100センチ程度しかとれない。

 いくら大人と子供でも、かなり体を寄せあわなければならない。

 そこで少女には、マットの上に寝てもらうことにした。

 オレは助手席側に寝る。

 まあ、それでもかなり近い位置で寝ることには変わりないが、外で寝るよりはマシだと納得してもらうしかない。


「……ってことでいいかな?」


「…………」


 説明するも、彼女は少しだけ眉を顰めた。

 そして、荷室ラゲッジルームを見てから、ふりかえってかるく首を傾げる。

 どうやら、納得していただけない様子だ。

 やはり、いたいけな美少女としては、見知らぬ男との車中泊は危険を感じるのだろう。

 きっと彼女の親も、これだけかわいい娘ならば、常日頃から「知らないイケメンと車中泊してはいけません」と言い聞かせているはずだ。

 ならば、オレを警戒してもおかしくはない。

 むしろ、警戒する方が正しい。


「…………」


 彼女は、ひょいと荷室ラゲッジルームに腰かけ、どこか優雅に靴を脱ぐと足の砂をかるく叩く。

 なんと行儀がいい子だと感心していると、彼女は奥へ入って助手席の背もたれを持ちあげようとする。


「あ、ああ。そのままじゃ動かないぞ」


 オレは助手席側のドアを開けて、助手席のリクライニングを元に戻す。

 すると彼女は、垂れ下がった袖の手で、倒されていない後部座席の背もたれを指した。

 そこまでされれば、オレも察する。


「……つーか、元に戻せってことね」


「…………」


 まるで当然とばかりに、コクリとうなずかれれば、オレとしても言葉はない。

 もう一度、言おう。

 オレのようなイケメンなら、警戒されるのは仕方ないのだ。

 絶対に、きもいとか、不細工だから警戒されているわけではない。

 イケメンだからだ。


 ……そう思わないとやるせない。


(つーか、オレは外でレジャーシートと寝袋か。電気毛布だけ延長ケーブルで引っぱってくれば死なない……よな?)


 なぜだか、「オレの車なのになんでオレが外で寝るんだ! 不条理だ! 待遇改善を申し立てる!」というような不満はでなかった。

 目の前の少女が望むなら、仕方ないと思えてしまう。

 もしかして、これがカリスマってヤツなのだろうか。

 これといって命令されているわけでもないのに、オレは逆らえずに彼女のペースに引きずられている気がする。


「これでいいのか?」


「…………」


 少女がコクリとうなずく。

 マットは荷室ラゲッジルームいっぱいに広げられた。

 少女1人が寝るには充分な広さである。

 とりあえず、オレは歯磨きとトイレを済ます。

 トイレはちょっと離れた木の陰ですました。

 彼女にも「これはティッシュで口とか拭く用、こっちはトイレットペーパーでトイレで拭く時用、こっちはキッチンペーパーで……」とさりげなさを装って説明してある。

 さっきふと、姿をくらました時、トイレットペーパーがなくなっていたので用は済ませているのだろう。

 というわけで、あとは寝るだけだ。

 ちなみに、この辺りに魔物はでないらしい。

 オレが独り言のように「魔物とかでないよなぁ」と言ったら、少女がコクリとうなずいてくれた。

 まあ、地元民ジモティが言うのだからまちがいないだろう。

 魔物ではないにしても、蛇とか蠍とかでたらどうしようという不安もあるが、今のところは見ていない。


(今後はテントも積んでおくべきか。でも、もう荷物はつめなさそうだしな……)


 オレは寝袋シュラフをだした。

 そして平らそうな場所にレジャーシートを移動した。

 その様子を荷室ラゲッジルームから少女が見ている。

 ひょこっとでた頭から伸びる青い髪が、さらさらと風に流れる様子は、もうそれだけで絵になる。

 そう言えば、肩甲骨を隠すほどの長髪が、いつの間に乾いたのだろうか。

 かるくウェーブがかかっているようで、ふわふわとしている。

 本当にどこか、メルヘンの国のお姫様のようだ。

 姿を見るだけで、「なんでも、この子の言うとおりにしてあげよう」とか思ってしまう自分がいた。


「んじゃ、オレはここで寝るから。なにかあれば声をかけてくれ」


「…………」


 すると、なぜかまた首を傾げる彼女。

 瞳を見開き、「なんで?」の顔。

 オレはなにが不思議なのかよくわからなかったが、とりあえず「おやすみ」と告げようとした。

 だが、彼女が俺を呼んだ。

 長く垂れ下がった袖をふりながら、コイコイとしている。

 その愛らしさに、オレはもう反射的に彼女に近寄った。


「……どーした?」


「…………」


 彼女は四つん這いでマットの中央にあたりに移動した。

 そして、その姿勢のままこちらを向き、袖をふって「おいでおいで」をする。

 だぼっとしたティーシャツのため、襟首が大きく開いてしまっている。

 そこから覗ける谷間はないが、オレは思わず目を背けてしまう。


「い、いや、あの……つーか、なんなの?」


「…………」


 今度は正座を崩し、お尻を床につけてペタンと座ると、目の前のマットをポンポンと叩いた。

 そこまでされれば、さすがのオレも気がつく。


「……え? 一緒に寝るの?」


「…………」


 彼女はコクリとうなずいた。


「――!!」


 が、途端、今度はグレーの目をハッとさせ、口元に手を当てる。

 眦が下がる。

 表情が曇る。

 オレは瞬間的に察する。


「ち、違う! 別に一緒に寝るのが嫌なわけじゃねーぞ。つーか、むしろ、お前の方が、オレなんかと一緒に寝ていいのかってのが……」


「…………」


 これまた「なんで?」と首を傾げる。

 彼女は最初から、このつもりだったわけだ。

 考えてみれば、当たり前である。

 こんな遠慮深い少女が、持ち主をないがしろにして自分だけ、良い場所に寝ることなど考えるわけがないのだ。

 要するに、オレの早とちりだったらしい。


「そ、そんじゃ、まあ……オレもそちらにおじゃまします」


「…………」


「……あ。つーか、オレの車か」


 オレがかるく笑うと、彼女も口元に両手をあてて笑う。

 声というより、くっくっくっと息をもらす笑い方。

 柔らかい笑顔を見せながら、彼女は肩を揺すっていた。

 なんとかわいいことだろうか。

 そしてかわいいだけではなく、どこか笑い方に優雅さまで感じさせる。


 オレはその日、少女と触れあうぐらいの距離で車中泊した。

 正直言えば、つきあっていた彼女と初めて寝た時よりも緊張していた。

 でも、不思議と横から寝息が聞こえてきた途端、オレも緊張が取れて深い眠りに落ちていった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!