第027話:水浴びをして……

 まずは、オレから水を浴びた。

 危険がないか確認するためだ。

 まあ、一応は大人だからな。

 レジャーシートを敷いて、その上に着替えを置いておく。

 もちろん、真っ裸だ。

 少女にオレの魅力的な裸体は目の毒なので、後ろを向いていてもらう。


(ウソっす。見られて恥ずかしいのはオレです……)


 ほとんど筋肉がついておらず、貧弱だ。

 好き好んでみるヤツなどいない体である。


(つーか、水がすんげーきれいだなぁ……)


 水面は少しだけ赤らんだ陽射しを返すも、底まで見えるぐらい澄んでいる。

 砂がサラサラと囁くように流れている。

 危険な生き物とかはいない……と思いたい。

 オレは足先から怖々と入ってみる。

 水は、ほどよく冷たい。


(うおっ! 気持ちいい!)


 こんな暑い中で水遊びするのは、やはり気持ちいい。

 しかも、真っ裸で開放的になり、砂漠のオアシスで水浴びするなんて滅多にできることではない。

 今なら、咎める者は誰もいない。

 それだけでも、贅沢な気がしていい気分だ。

 泉は、さほど深くはなかった。

 奥の方に行くと、少し足が届かなくなるぐらいか。

 泳ぐこともできるし、このまましばらく遊んでいたいところだが、早めにあがることにする。

 あまり遅くなると、日が陰ってしまう。

 彼女の沐浴が、寒くなってはかわいそうだ。

 汗と砂、そして余熱が流れたので、オレは少女と交代することにした。

 まず、石けんを渡す。

 キャンプ情報などをネットで調べて、石けんはあまり使うなということだったが、一応は「生物分解性自然素材」とか書いてあるのを手に入れてみた。

 実はP泊で石けんを使うことはあまりないのだが、異世界用に念のため持ってきていたのである。

 前回来た時に、何度か石けんが欲しいと思うことがあったのだ。


「…………」


 しかし、彼女は石けんを手にとっても、しばらく不思議そうに眺めていた。


「石けんだよ。つーか、石けんって知ってるか?」


 オレの言葉に、彼女はこくりと頷き腑に落ちた顔をしていた。

 加えて、タオルと着替えになりそうな物を渡してやる。

 彼女は受けとりながらも、困惑した顔でオレに瞳で尋ねる。

 たぶん、「使っていいの?」ということなのだろう。

 オレは大きくうなずき、親指と人差し指で丸を作ってみせる。

 すると、少女はやはり嬉しそうにうなずき、頭をさげる。

 まったく、小さいながら本当によくできた娘だ。

 オレなんて、この年になって初めて本気で人に頭をさげたぞ……って、自慢にならないが。


「…………」


 しかし、頭を上げた彼女は、どこかまだ申し訳なさそうに上目づかいする。

 なんだろうと一瞬、オレは迷ったがすぐに気がついた。


「ああ。安心しろって。オレはここに座って……」


 泉に背中を向けて、オレは椅子に座る。

 そして、タオルで目隠しだ。


「これでいいだろう?」


「…………」


 声はしないが、なんとなくまた頭をさげた気配がある。

 そして、レジャーシートのガサガサした音が聞こえる。

 当然ながら、子供用の着替えの用意などはない。

 そこでティーシャツとワイシャツを貸す。

 オレのワイシャツならば、膝近くまでは隠れるだろう。

 スカート代わりになると思う。

 これがもし少女ではなく、せめてキャラぐらいなら……いや、キャラでもまだ早熟だな。

 スタイルはいいが、ちょっと高校生ぐらいにそういうカッコをさせるのは犯罪くさい。

 どうせなら、うちの会社の人気ナンバーツーである、美人秘書様にぜひ着て欲しい。

 あのきつい横長の眼鏡をかけた、性格のキツそうな、絵に描いたようなキャリアウーマンが、風呂上がりにオレのだぼだぼワイシャツを着て、オレにしか見せない甘い表情をしながらベッドでオレを待つ……ああ、憧れだ。

 もちろん、そこに至るまでのシチュエーションも大切だ。


(そうだな……。あそこに行って、つーかあっちにも行って、食事して……どぅふゅふゅふゅふ……)


 思わず想像して顔がにやける。

 目隠ししているせいか、妄想がはかどり、二人のスイートな生活が頭の中で次々と展開されていく。

 もちろん、オレのようなダメ平社員が相手にされるわけがないのだが、妄想するのは勝手だろう。

 そう。妄想ならば、オレはハーレムを作れるし、金持ちになれるし、空さえも飛べる!

 オレは自由だ!


――ツンツン


 妄想暴走の最中、肩を突っつかれたので、目隠しの下を少しめくって覗いた。


「あ……終わったのか?」


「…………」


 覗いた隙間から見えたのは、下から見上げるグレーのジト目。

 まるでオレの妄想を責めているようだ。

 オレは慌てて自分の頬をかるく叩いて、垂れ下がった目尻と口元を引きしめる。

 そして目隠しを取りながら、いきなり言い訳。


「い、いや、違うんだ。つーか、覗いてニヤけていたわけでもな――」


 と、そこまで言ってから、オレは思わず息を呑んだ。

 目の前にいたのは、鮮やかな青い髪と、信じられないほど澄んだ真っ白い肌をした、恐ろしく可憐な美少女だったのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!