第013話:力を与えてくれるから……


 ――つまらない。


 その感情は、いつ生まれたのだろう。

 たぶん、兄貴が入った高校に、オレが入れなかった……そのころから強くなった気がする。

 オレを見る親の視線が変わった気がした。

 兄貴の接し方が変わった気がした。

 どこか、オレはもう「終わった」という雰囲気を感じていた。


 そこからだろう。

 オレは、漠然と高校生活を送り始めた。

 部活もやらなかった。

 これといった趣味もなかった。

 勉強も適当にしかやらなかった。


 大学には行ったが、友達に誘われるまま、よく遊びにいった。

 合コンにも、よく参加した。

 彼女もできたことがあったが、すぐに別れた。

 考えてみれば、それほど親しい男友達もいなかった。

 漠然と生きて、漠然と他人と接していたオレなど、誰も面白いと思わなかったのだろう。

 事実、彼女にふられた時に言われた言葉は、「期待外れだった」という一言。


 そうだ。

 期待されていなかったのではない。

 期待をされるのが怖かった。

 期待を裏切るのが怖かった。

 だから、期待されないようにしてきたのだ。


 大学を出て就職をした。

 半分、オヤジのコネみたいなものだった。

 その職場でも、オレは漠然と仕事をしていた。

 頼まれたことしかやらなかった。

 その内、頼まれたことをやることさえ、ばからしく感じていた。

 適当に、適当に……二年間ほど過ごしてきた。

 もちろん、そんなオレが昇進するはずもなく、同期がプロジェクトを任されたり、リーダー職に就いている中で、オレだけが置き去りにされていた。


 そんなある日。

 オレは、仕事であのトラブルを起こしてしまった。


 仕事をやらなかった。

 それだけのことだと思っていた。

 でも、そうじゃない。


 オレはキャラが車を出ていく前から、ハンドルに額をつけて腕で顔を覆ったまま、顔をあげずに考えていた。


 キャラの言葉に、本当に腹が立った。

 そして悔しく、恥ずかしかった。

 だが、どうしてなのかわからなかった。

 いや。わかりたくなくて、イライラとしていたのだ。


 期待というプレッシャーに潰されたのは自分。

 一度潰されてから、逃げていたのも自分。

 立ち向かわず、何もやらなかったのも自分。

 だけど、誰かに言ってほしい。


 「お前は悪くない」と認めてほしい。


 「お前の言うとおりだ」と同意してほしい。


 「期待した奴が悪いんだ」とかばってほしい。


 でも、それを言ってくれる奴が、自分の世界にはいかった。

 それなら、別の世界なら……逃げてきた異世界なら、そう言ってくれる奴がいるのではないか。

 だからこそ、オレはこの世界に来たのではないのか。

 そう期待した・・・・っていいじゃないか。

 そして、オレはきっと、キャラがそう言ってくれると、勝手に期待していた・・・・・・のかもしれない。


(うわああああぁぁぁぁ……。もしかしてオレ……最悪じゃねぇ?)


 突然、冷静に自己分析してしまい、恥ずかしさに死にそうになった。

 自分の思った通りのことを言ってくれないからと言って、怪我をした10才も年下の女の子を怒鳴りつけた上に、追い出したのだ。

 しかも、もうすぐ夕方になり、これから危険になっていくというのに。


(…………)


 オレはガバッと顔をあげた。

 もうすでに、キャラは100メートル以上先の方を歩いている。

 よくもあの腫れた足で、あのペースで進めるものだと感心してしまう。

 と思っていた矢先、キャラが倒れた。

 捻挫した方の足を抑えながら、なんとか苦労して立ちあがる。

 そしてまた、まっすぐに歩み始める。


(……本当に最悪だ、オレ)


 オレと違い、逃げずに戦っているキャラ。

 ああ。そうか。

 その背中を見て突然、わかった。

 進むって、こういうことなのか。


 顔を前に向けた。

 そして、アクセルを踏みこむ。

 車は静かに前に進み始め、そしてあっという間にキャラの横に追いついた。

 そして、ゆっくりゆっくり並走する。

 もちろん、いくら静かだとはいえ、キャラはこちらに気がついているはずである。

 しかし、横を見ようともしない。

 完全無視だ。


(…………)


 オレは意を決して、窓をおろすと声をかける。


「よお。やっぱ、乗せてってやるよ」


「……いい」


 キャラはこちらを見ずに冷たく答える。


「つーか、間に合わないんだろう? しかたないから――」


「断る」


 とりつく島もない。

 当たり前と言えば、当たり前の態度だろう。

 オレは仕方なく、アクセルを少しだけ踏みこんだ。

 そして、アウトランナーをキャラの少し前で停めて、車から降りた。


「乗らないんだな?」


「乗らない」


 最後の問いも冷たい回答。

 顔をあげることもない。


「よーし。わかった。つーか、そっちがそういう態度ならば、これだけは言っておく!」


 オレは両足をきっちり揃えて背筋を伸ばし、そして思いっきり頭を垂れた。


「ごめんなさい!」


 一〇〇メートル先まで聞こえたのではないかというほど、腹の底から声をだした。

 さすがのキャラも足をとめる。

 声が大きければいいというわけではないけど、なんか気合を入れて謝ったらこうなった。

 自分的に、ここまで気持ちを込めた謝罪は、今までなかったと思う。

 だが、それだけに恥ずかしさがすさまじく、頭を下げたままあげられない。


「その、なんというか、ほぼ八つ当たりだった! 大人としてはずかしい! 子供にあたるなんて最悪! それに、その、なんだ。キャラの言うことは、すごくもっともで、でも、子供に言われたと思ったら、ついかっとなって。オレがダメなのはオレのせいだし。よく考えたら励ましてもらっていたわけで。でも、子供に励まされたと思ったら、なんかほら……とにかく、すまん!」


 まさに支離滅裂だった。

 とにかく何か言わなければと口を動かしたけど、なんか恥ずかしさで、言い訳がましくなった。

 むしろ、黙っていた方が男らしかったのではないだろうか。

 でも、ついキャラの反応が怖くて、口がとまらなくなってしまった。

 

「…………」


 しばらくの沈黙が辛い。

 判決がでるまで、オレはずっと頭をさげたまま待つ。


「……ふうぅ~」


 キャラが大きなため息をついた。

 そして、オレの横を抜けて前に歩きだす。


 判決は、有罪だった……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!