第28話

「………なるほど。量産型ソフィアの情報を、私がガイゼストに流してるって言いたいのね?」

「いいえ。その可能性もあるかも知れません。だけど、それを調べるためには、どうしてもローゼンティーナの中枢に潜り込む必要があります。アリエールもシノも、この件に関して言えば、信用ができない」

「だから、私を頼ると?」

「先輩は、それだけの力を持っているはずですから。だから、俺は先輩の付き人になったんです。先輩は俺を守護し、便宜を図る義務があるでしょう?」

「ハッキリ言うわね」

 アリティアは伸びをして立ち上がった。ペタペタと素足で歩きながらヨウの横を通り過ぎる。彼女の手がソフィアに伸びることはない。冷蔵庫から冷たい水のパックを取り出すと、それを咥えて再びベッドに戻った。彼女が動き、室内の空気が僅かにかき回された。「私も隠し事はスキじゃないからハッキリ言うけど、私はガイゼストとは何の関係もないわよ。もちろん、私の後見人はガイゼストの皇帝って事になっているけどね。私が国に忠義立てするような人物に見える?」

 正直言って、見えない。これほどまでに自由奔放に生きている人間は、ヨウは師であるジンオウ以外に知らない。

「見えないでしょう? ま、そういうことよ。十中八九、量産型ソフィアについてはガイゼストが絡んでいるでしょうね。ガイゼストだけじゃなくて、アムルタートも十分怪しいか」

「そんなこと言って良いんですか?」

「だから、私は国とかそんなのに興味ないの。ここを卒業したら、どっかのお金持ちの所に嫁いで、好き勝手暮らしたいだけなんだから」

「アバウトな人生設計ですね……」

「現実的でしょう? ここを優秀な成績で卒業できれば、それだけで人生勝ち組よ」

 アリティアは裏表のない笑顔で答える。ヨウは毒気が抜かれたように、気を抜いた。

「ほら」

 薄暗い室内を水のパックが舞う。

「あっ」

 パックの口から水が零れる。ヨウは慌ててパックに手を伸ばした。手を伸ばし、ヨウは悟った。

「ッッッッ!」

 アリティアは目にもとまらぬ早さでベッドの上から動くと、ヨウの脇をすり抜け背後を取った。細い腕を首に回し、一瞬にして極めてくる。

「動かないで、ヨウ……」

 ほんの僅かな油断だった。気を張っていれば、この程度簡単に対応できたはずだった。

「残念だけど、私の方が一枚上手ね」

 アリティアは耳元でゾッとするような冷たい声で呟く。普段の自堕落な姿からは想像できない、俊敏で無駄のない動き。アリエールやシノ達から一目置かれていることはある。皮肉にも、それを悟ったときには遅かった。殺される。そう思った瞬間、ヨウの首から拘束が解かれた。ヨウは背中を軽く押され、ベッドの上に転がるようにして倒れた。

「私とやり合うには、まだまだ甘ちゃん。もし、私が本当に敵だったら死んでるわよ」

 アリティアはヨウが腰を下ろしていた椅子に座ると、テーブルにあったシグナルブックを手に取った。

「ローゼンティーナに入る手はずは整えてやるわ。都合の良いことに、このロッジはセンサーから逃れられる通路があってね、そこを通れば外に行けるわ。ローゼンティーナに入るには、流石にセンサーがある所を通らなければいけないけど、そこは私が知り合いの警備員に手配しておく」

「先輩…」

 あっけにとられたヨウは、締め上げられた首をさすりながら、ベッドの縁に腰を掛けた。

「ただし、中に入ってからのことは、どうにもできないわよ。そこは、自力で何とかしなさいね」

「ありがとうございます、助かりました」

「優しい先輩でしょう? ヨウの甘さを指摘し、さらに望みまで叶えるんですから。と言うわけで、ヨウ、明日からの光輪祭、私は出席もしないから、適当にやっておいてね」

 アリティアはそう言うと、ヨウを部屋から追い出し眠ってしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます