第10話



 強烈な夕日がヨウの目を射貫く。ヨウは目を細め、手で日差しを作った。漠々と広がる砂漠。赤い陽光によって砂丘に陰影がつけられ、燃えるような幻想的な風景が生まれていた。

 先日、あそこでヨウはアタラは戦った。まあ、ヨウは逃げているだけだったが。

 息をするのも大変だった灼熱の砂漠。足を取り、動きを抑制する細かい砂。何をするのも億劫だった砂漠の生活もだいぶ長かった。最終日には、アタラに襲われるという予想外のことまで体験した。ずっと歩いてきた砂漠を空調の効いた室内で眺めていると、全てが別世界のできごとのように思えてしまうから不思議だ。

「こっちよ」

 レッドストーンに見とれていたヨウに、マリアが声を掛けた。エレベーターに乗ったマリアに続く。マリアは最上階である二〇階を押す。音も無く、箱は浮上を開始する。これも、セフィラーを動力として動いており、圧縮したセフィラーを噴出して上下を繰り返している。大戦前は、電気でこれらが動いていたらしいが、魔神機によりインフラの殆どを破壊された人類は、明鏡より提供されたセフィラーの技術によりこれまでとは別の方向で技術を発展させてきた。今ではセフィラーで動く列車や自動車が普及しているが、ごく一部では、未だに電気を使用している場所もあるらしい。

 エレベーターは二〇階に到着する。

「ここが、一般の生徒達が出入りできる最上階よ。ここから、専用エレベーターに乗って、六〇階まで行くわ」

 そう言って、マリアは近くのエレベーターの前に立った。先ほどのエレベーターが、青い扉だったのに対し、こちらは赤い扉だ。自動的にシグナルプレートを読み取り、扉が開いた。ヨウはマリアに促され、箱の中に入った。

「最上階に」

 マリアが告げると、エレベーターは音も無く上がっていく。

 階数表示が三〇階を過ぎたところで、自然光がエレベーターに差し込んでくる。ガラス張りの壁の向こうには、木々に囲まれたブルーレイクが一望できた。昨日、あの湖の畔で見知らぬ女性にあられも無い姿を見られてしまった。恐らく、ここの関係者だろう。もしかすると、また会うことがあるかもしれない。

「複雑だな……」

 マリアといい、昨日の女子生徒いい、こうも大事な部分を連続で見られるとは思っていなかった。ヨウの視線を感じてか、マリアはこちらを見るとニコリと微笑んだ。

 最上階に到着したヨウは、マリアに案内され廊下を歩く。毛足の長い絨毯に、壁にはランプが灯っている。先ほどまでは近代的な建物だったが、このエリアはあえて中世ヨーロッパの文明を似せているようだ。

「此処が生徒会室よ」

 マリアが立ち止まり、扉を示す。

「昨日、君を救いに行ったのは、生徒会のメンバーよ。みんな、ソフィアリアクターで、エストリエの一員でもある。まあ、学生の中のエリートね」

「ゼノンもですか?」

「いいえ、彼は違うわ。流石に、あそこまで素行不良だとね」

 マリアは笑いながら扉を開ける。

「みんな、そろってる?」

 中に入りながらマリアが声を掛ける。

「生徒会は二人だけよ。後は、雑用が一名」

 答えたのは、机の上に腰を下ろした赤髪の女性だった。ショートカットで前髪をピンで止めている。こちらを値踏みするような目つきは鋭く、口元にはいたずらな笑みが浮かんでいる。

「そう、会長はいないのね。紹介するわ、彼女はアリティアさん。そして、その向かいの席に座ってる大人しい子が、マサムネ君」

「……よろしく」

 手元で展開されているシグナルブックから顔を上げたマサムネは、小柄で視線を合わせない男子生徒だった。何かに怯えるように視線を彷徨わせている。小さな声で挨拶を済ませると、またブックに視線を落とした。

 アリティアは何も言わず、手を軽く上げただけだ。

「先輩、お茶が入りました」

 奥の扉が開いた。出てきたのはシジマだった。シジマはこちらを見ると、驚いたように目を見開き、次に破顔した。

「良かった! 無事だったんだね! ゼノンにやられて、気を失ったまま起きないって聞いていたから、心配していたんだよ」

「ゼノン達は情けないやつだって、笑っていたわよ」

 アリティアは意地の悪い笑みを浮かべる。

「面目ない」

 ヨウは言い訳できない。

「疲れが溜まっていたらしくて、そのまま寝ていたのよ。どこにも異常は見られないわ」

「ふ~ん、砂漠を歩いてきたキチガイだものね。そりゃ、疲れも溜まるわ」

「アリティア先輩、失礼ですよ」

「失礼って、何がよ。私は事実を言っているし、何より、あの見事な負けっぷりは感心してるのよ」

 アリシアの言葉は辛辣だったが、こちらを傷つけようしていないことは、その軽い言葉と楽しそうな表情で一目瞭然だった。下手に本心を隠す人よりも、こういったさっぱりしている人の方が、ヨウには好感が持てた。

「それで、ヨウ君はこれから学園長に?」

「うん。元々、此処にはアリエール…、学園長に用事があってきたからね」

「そうか」

「もしかしたら、此処に厄介になるかもしれない。その時はよろしく」

 ヨウは手を差し出す。シジマは笑みを浮かべ、手を握り替えしてくれた。

「じゃ、行くわよ」

 マリアの言葉に頷いたヨウは、皆に挨拶をして生徒会室を後にした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます