第7話


 ちょっと! やめてください!


 エントランスに響く女性の声。見ると、エントランスの中央階段の踊り場で青いローブを纏った女子生徒が、赤いローブを纏った男子生徒に手を捕まれていた。

「良いじゃねーかよ! 放課後、少し付き合えって言ってるんだ」

「イヤです!」

 赤いローブの男は、見るからに柄の悪そうな男だった。短い金髪を剣山のように立て、鼻と耳、唇にピアスをしている。狐を連想させる細く青い瞳は、嫌がる女子生徒を見て嫌らしく目尻を下げている。

「本当に、やめてください!」

 女子生徒が勢いよく手を払った。その最、女子生徒の手が顔に当たったのだろう、男の頬に赤い血の筋が出来ていた。

「……テメェ」

 低いドスのきいた声が男の口から発せられた。男の周りの空気が、一瞬にして冷たい物に変化する。女子生徒も雰囲気の変化を感じたのだろう、後ずさりしながら「ごめんなさい」と、消え入るような声で言った。

「クソ女! 俺に傷をつけておいてゴメンで済むと思っているのか!」

 男が手を上げ、躊躇うことなく振り下ろす。乾いた音と短い悲鳴が朝のエントランスに響く。時間が止まったかのように、エントランスに居合わせた人たちの動きが止まった。

「俺はエストリエの一員だぞ! おまえ達とは違うんだ! エリートなんだ! 俺からの誘いは、断ってはいけないんだよ!」

 男子生徒の声が静まりかえったエントランスに響き渡った。

 ここにいる生徒達は、足を止めているがその様子を遠巻きに見ているだけだ。倒れ、どうして良いか分からない女子生徒は、今にも泣きそうな眼差しで周囲に助けを求めるが、誰も彼女と目を合わせようとしない。

「エストリエ、か……」

 噂に聞くローゼンティーナのソフィアリアクター。その中でもごく一部のエリートが選ばれる集団。

 ゆっくりとヨウは立ち上がった。目深に被ったフードをそのままに、エントランスを突っ切り階段に足を掛ける。

「ンだ? テメェは!」

 男子生徒がヨウを怒鳴りつけるが、ヨウは気にすることなく階段を上がり、倒れた女子生徒に手を差し伸べて起き上がらせる。

「それが、エストリエか?」

 ローゼンティーナのエリートと言っても、所詮は戦闘集団。全員に品性を求めるというのは不可能だろう。

「何だと? テメェ! 何が言いたい!」

「俺は、エストリエというのは、もっと皆の尊敬を集める人たちだと思っていたよ。女子生徒に袖にされたからと言って、手を上げるゲス野郎とだとは思わなかった」

 ヨウはフードから僅かに覗く口元を綻ばせる。その笑顔を見て、男子生徒の顔は真っ赤になった。

「死にたいのか?」

 男子生徒はヨウの胸ぐらを掴み上げてくるが、ヨウはその手を取ると捻り上げる。腕を決められた男子生徒の顔が歪む。ヨウは男子生徒と体を入れ替えるように背後に回ると、膝の裏を蹴り飛ばし膝を着かせた。

「離せ! 離しやがれ! ぶっ殺すぞ! テメェ!」

 口角から泡を飛ばす男子生徒を、ヨウは冷たい眼差しで見下ろす。エストリエは、ソフィアライズしていなければ、この程度の実力しかないのだろうか。少し残念に思ったヨウは、突き飛ばすよう腕を放した。男子生徒は冷たい床に叩きつけられる格好になった。

「残念だよ、エストリエがその程度なんてな」

 溜息交じりにヨウは吐き捨てた。これが、師匠が行けと言っていたローゼンティーナの、エストリエの実力だというのだろうか。

「なんだと……!」

 男子生徒の目が怒りに燃えていた。殺伐とした気。隠すことのない殺意がビシビシとあてられる。

「逃げて!」

 先ほどの女子生徒がヨウの手を取ってくる。が、すでに逃げ場はなかった。いつの間にか、ヨウの周りには人だかりができていた。強行突破もできるが、それではここに来た意味がなくなってしまう。

「貴様! もう一度言って見ろ! 俺は、エストリエだぞ! この学園でも、特別な存在なんだ! 貴様なぞ、今すぐにでもここから叩き出すことだってできる。いや、この場で貴様を殺すことだって可能だ」

 凄む男子生徒。だが、彼の力は底が知れている。ソフィアライズしなければ戦えないリアクター。それがヨウの印象だった。


 待ちなさい


 声が振ってきた。男子生徒の背後に見える階段から、女性が降りてきた。

 アリエール・ゼオン。ローゼンティーナの最高責任者であり、彼女こそ、ヨウがアポイントを取った人物だった。



 不思議な感じのする空間だった。

 この世であってこの世ではない。

 空気は軽く、乾燥している。深呼吸してみても、胸の奥に少し息苦しさを覚える。空は快晴だったが、どことなく平坦な感じがする。砂地の地面、百メートルを遙かに超す円形の闘技場だ。周囲から聞こえる地鳴りのような歓声。だが、その歓声の出所は分からない。

 ここは仮想区間。システムの中なのだ。


「転送された先は仮想空間だから。殺されても何をされても、とりあえずは平気だから」

 ベッドに横になる直前、シジマは説明してくれた。そして、アタラの攻撃でよく生き残っていたと、笑顔を見せてくれた。

「プレートもブックも、お釈迦になっちゃったけどな。あの程度で死にはしないさ」

「気をつけて。ああ見えても彼は強いよ。エストリエに選ばれただけのことはある」

「だろうね。でも、強くなければ困る。リアクターなら、なおさらね」

 ヨウの言葉にシジマは不思議そうな表情を浮かべながら、ヘッドセットを被せてくれた。

「仮想空間だけど、受ける痛みは現実そのものだから。無理だけはしないで」

「分かった」

 ヨウは横たわって、目を閉じた。アナウンスが流れ、ヨウの意識は激しい濁流のように流されたかと思うと、仮想空間の世界に瞬時にして送り込まれた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます