第4話

 巨大な尖塔がローゼンティーナの中心部で、そこから大通りが東西南北に走っている。ぐるりと囲む外壁と、中央にある学園のほぼ真ん中、そこに学生達やソフィアリアクターの住まう寮があった。

 ローゼンティーナへの入学後、生徒達はランダムで四つの寮に振り分けられる。ローゼンティーナの東西南北にある地形にちなみ、東側の寮がブラックウッド・ロッジ、西側の寮がレッドストーン・ロッジ、南がブルーレイク・ロッジ、北側がホワイトマウンテン・ロッジだ。

 ブラックウッド・ロッジの寮生であるシジマは、寮の真横を走るメインストリートを歩いていた。

「おはよう、シジマ君」

 シジマに声を掛けてきたのは、同僚生であるサイクロフォン・ラドグリフ、通称サイと呼ばれる青年だ。白い顔に眼鏡を掛けており、ブロンドの毛先は緩やかなカーブが掛かっている。体全体の線が細いサイは、いつも朗らかに微笑んでおり、シジマとは正反対のタイプで、外で体動かすよりも図書館で本を読んでいるのを好むタイプだ。シジマと同じく、ブラックウッド・ロッジの寮生を示す、黒いローブを纏ったサイは、「昨日は大変だったね」と声を掛けてくれた。

「うん」

 昨日、シジマが訓練中にアタラに遭遇したという話は、瞬く間にブラックウッド・ロッジに広まった。シジマは寝るまで皆から質問攻めにされ、辟易していたところだった。

「ソフィアライズでの戦闘と言っても、俺は何もできなかった。倒したのはシノ副代表だ」

「それでも、だよ。ローゼンティーナ全体でソフィリアクターは五〇〇人程度。学生のリアクターは、一〇〇人にも満たないんだから。量産は進んでいるといっても、年に作られるソフィアは一つか二つ。それも、持ち手との相性があるから、優秀な生徒だけが手にできるわけじゃない。文武の成績、運、全てを持っていなければソフィアリアクターにはなれないんだからさ」

「まあ、な……」

 ローゼンティーナの尖塔が近づいてくる。遠くから見ても、光り輝く美しい塔だが、近くで見ると、より美しい。外壁は汚れ一つなく白く輝いており、青空に突き立つように聳える荘厳なその姿は、見る物に畏敬の念を与えずにはいられない。

 サイと他愛のない会話をしながら、シジマはローゼンティーナの中心部、学園に辿り着いた。警備員にIDを提示し、シジマとサイは学生専用の校門をくぐった。

 ガラス張りの天井に、広々としたエントランス。壁際には様々な飲食店が軒を連ねている。普段は静かなエントランスだったが、今日は違っていた。

 中央階段の踊り場付近で、誰かが怒声をあげ、その周りを大勢の人が取り囲んでいた。

「貴様! もう一度言って見ろ!」

 聞き覚えのある声だ。シジマはサイと頷き合うと、人混みに飛び込んでいった。

「君、何があったの?」

 赤いローブを着たレッドストーン・ロッジの生徒に、シジマは声を掛けた。

「どこかの部外者が、ゼノンに喧嘩をふっかけたんだ」

「ゼノンに?」

「と言っても、ゼノンが嫌がる女子生徒に言い寄っていたのを、あいつが止めたんだけど」

 レッドストーン・ロッジのソフィアリアクター。一九歳で『砂蜥蜴』のソフィアを手に入れた。ローゼンティーナが誇るエリート集団、エストリエの第五八席にも選ばれている。そのせいか、彼は傲慢になり、思い通りにならない事があると、すぐに力で解決しようとする。

「貴様! もう一度言って見ろ! 俺は、エストリエだぞ! この学園でも、特別な存在なんだ! 貴様なぞ、今すぐにでもここから叩き出すことだってできる。いや、この場で貴様を殺すことだって可能だ」

 凄みを効かせたゼノンの声だけが聞こえる。シジマとサイは人混みをかき分け、最前列へ出た。

「へ~、そうかい。だったら、試してみたら良い。高尚なエストリエが、そこまで墜ちてるというのなら、ね」

 凄むゼノンの前に立っているのは、ボロボロの旅装を身につけた男性だった。泥にまみれ、さらに所々焼け焦げた旅装は、昨日レッドストーンで見かけた旅人だった。アタラのあの攻撃を受け、彼はぴんぴんしていた。いったい、どんなトリックを使ったというのだ。

 驚きと戸惑いでその場で固まるシジマの前で、旅人はフードを取る。

 朝日の中に現れたのは、ボサボサで伸ばし放題の長い黒髪、日に焼けた小麦色の肌。鋭い目つきだが、瞳は澄んでいる。紅を差したように赤く薄い唇。唇の端はゼノンを小馬鹿にするように持ち上がっていた。


 待ちなさい!


 凜とした声が階上から響いた。その声に反応して、エントランス全体が一瞬にして静まりかえる。

「ゼノン、何をしているか?」

 黒いスーツを身につけた女性、ローゼンティーナの代表であり、学園長、アリエール・ゼオン。長い髪をバレッタで纏めた彼女は、腕を組んでゆっくりと階段を降りてくる。彼女の後ろには、白いスーツを着たシノが柔らかな笑みを浮かべていた。

「学園長……、こいつが、俺を」

「愚弄しましたか?」

 棘のあるアリエールの言葉に、ゼノンは押し黙る。

 アリエールは踊り場まで来ると、ゼノンを見つめ、さらに厳しい眼差しで旅装の青年を見つめた。青年は、ゼノンの眼差しを受けて、へらへらと笑みを浮かべた。

「良い機会です。二人とも、VROFの装置へ行きなさい」

「VROF?」

 青年が首を傾げる。対照的に、ゼノンは右拳を左手に叩きつけた。

「貴様を殺してやる……!」

 胸の奥底から絞り出すように、小さな声でゼノンは青年の耳に囁いた。そのまま、ゼノンはその場を後にする。

「ヨウ君、VROFとは、Virtual Reality of Fieldの事よ。訓練用の仮想空間だから、やんちゃをしても大丈夫よ」

 シノがVROFの簡単な説明をする。シノは、彼の事をヨウと呼んでいた。ヨウはシノと知り合いなのだろうか。

「なるほど。師匠がそんな装置があるような事を言っていた気もするな。……分かりました、それで、そこは何処なんですか?」

 ヨウの言葉に、シノの目がこちらを向いた。シノはニコリと笑うと、口を開いた。

「彼が案内するわ。シジマ、彼をVROFの調整室へ」

「はい」

 シジマはサイと目を見合わせ、ヨウに走り寄った。

「私とシノも観戦する」

 アリエールは踵を返すと、観覧席へ向かった。周りの生徒達も、良い席を取ろうと我先にと闘技場へ向かった。中には、声を張り上げて賭を始める物もいたが、アリエールもシノも止めようとはしなかった。

「じゃあ、行こうか。付いてきて」

 不思議な縁を感じながら、シジマはヨウを連れだって歩き出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます