第四章 修学旅行

第一話 レッツ、シャウト!

 季節は冬。まだまだ雪は降りつもっており、北海道に訪れるには絶好の季節。日が出ていても、厳しい寒さが押し寄せてくるが、テンションが最高潮な現役高校生たちには関係のない話だ。


 今日は二日目。その午前中に企画されているスキー実習をするため、俺たちはあるスキー場へと訪れていた。

 俺はスキーをするのは初めてで、もちろんゲレンデを見るのも初めての経験だった。想像していたよりも、無限に広がる銀の世界。その世界を鳥のように自由に飛び回るスノーボーダーやスキーヤーが、気持ちよさそうに滑っていた。


 そして、俺はその世界を彩る一つになろうと思ったのである。


 が、


「おおおおおおおおおおおおおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!」

「「「武野―!」」」


 自由に飛び回るなんてとんでもなく、俺は疾風のごとくその銀の世界を滑空していた。


 いや、猛スピードで滑り落ちていた。


 かっこよく言ったって仕方ない。現に俺は歯止めが利かなくなっている。


 ブレーキがかけられません。


「誰か止めてぇぇぇぇぇぇ!」

「「「武野――!」」」


 傍から見たらとても愉快な俺の修学旅行を語るには、二日目からじゃ楽しめないだろう。

 じゃあ、語るとしよう。その一日目から。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます