第十話 前日

「いいでしょう、このチョコ!」

「いや、俺は興味ないし…」

「なんですか、貰えないからって強がってるんですか?」

「違えよ!」


 部屋の奥のイスに座りながら、宗谷先輩は叫ぶようにツッコミを入れた。


「じゃあ、先輩は今年何個貰ったんですか?」

「…ゼロだけど」

「…ぶふっ」

「笑うなよ!」


 相変わらず今日もツッコミのキレが素晴らしい。この人の前でなら、俺も満足にボケられるというものだ。

 時刻は午後の十時過ぎ。俺と宗谷先輩は、俺の自室で毎日恒例となっているトークをしていた。


「そういえば…」


 バレンタインの話をするのが嫌になったのか、宗谷先輩は話題を転換した。


「なんですか?」

「明日からもう、武野はいないんだな…」

「そうですねえ、羨ましいですか?」

「ああ、めっちゃ羨ましい」


 先輩の言う通り、明日から俺たち高一生は修学旅行へと旅立ち、寮には残らない。なんだかんだ言っているうちに日は過ぎて、もう楽しい行事は目前に迫ってきていた。


「どこ行くんだっけ?」

「もう、先輩たちも去年行ったでしょう? 鳥頭なんですから、先輩は」

「言い方が辛辣だろ…ちょっと確認したかっただけだよ」


 宗谷先輩はツッコミ疲れからかげんなりした様子で言った。さすがにボケすぎただろうか。

 けれど、それでも宗谷先輩は続けた。


「北海道だっけ」

「そうです、北海道です!」


 シルクのような雪と舌がとろけるような食材の数々、我らが香川とは月とスッポンの国、北海道。うちの学校が毎年行っている修学旅行の行き先だ。

 北海道は幼少の頃に一度行ったことがあるが、断片的な記憶しか残ってない。なので、ほとんど始めて行くようなものなので楽しみだ。


 宗谷先輩も自分の修学旅行に思いをはせていたのか、遠い目をしていた。そして、なにかを思い出したように体をびくっと震わせると、俺に言った。


「そうだ、お土産買って来いよ」

「なに買ってこればいいんでしたっけ?」

「ロイズ生チョコ。たぶん、どこにでもあるから」


 いちいちボケているのも面倒なので、俺は素直に頷いた。お土産を買って来いという話なら、嫌というほど聞いたからな…。


「おーい、そろそろ部屋戻れよー」

「「はーい」」


 そこでちょうど、巡回に来た寮監が他室訪問の時間の終了を告げるように、部屋に顔を覗かしてきた。


「そろそろ、お開きですね」

「そうだな」


 宗谷先輩はイスから立ち上がり、部屋の扉の前まで歩いてくる。


「修学旅行、楽しんでこいよ」

「はい、先輩よりも」


 まるで餞別のように言ってきた先輩のその言葉を、俺はいつものように軽口で返した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます