第六話 決意

 さて、今日の俺の目的は鍋パーティでも、友達と遊びに来たわけでもない。それは、俺の心のもやもやと決着をつけにきたのだ。


 あれから毎晩悩み続け、俺はある結論を出した。




 俺は双葉が好きだ。




 きっかけは確かに正当なものではないかもしれない。この気持ちは、楽になろうとしたための、合理化から生まれたものなのかもしれない。


 でも、それでもよかった。


 どこが好きかと言われたらまだ答えることはできないし、その気持ちが不当なものなのではないかと言われてしまったら、答えを濁してしまうかもしれない。


 でも、好きだ。それでも、好きだ。


 それだけは分かる。これは好きと言う気持ちなのだと、自信を持って言える。それも、今までしてきたのが恋愛ではなかったのではないかと思えるくらいに。


 俺は今日、双葉に告白する。そう決めた。


 忘年会の途中だとまずいと思うから、帰り道で、できるだけ自然に。


 今まで告白に成功したことはない。だけど、今回は違う。成功するという確証がある。


 だけれども、緊張はしてしまう。それに、相坂の言っていることが本当だとも限らない。


 だいたい、失敗してもいい。俺は彼女が欲しいのでもなく、双葉を自分のものにしたいのでもなく、ただ自分の想いを伝えたいだけなのだから。


 俺はこの想いを胸に秘め、平然を装いながら、いつも通りの自分で忘年会を過ごそうと努めるのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます