その右手が掴むものは

作者 星成和貴