第120話

  三

 操舵室に足を踏み込み、甚左衛門は驚きに身を硬直させた。

 こんなところとは、夢にも思っても見なかった。

 あたりに無数の装置がひしめき、検非違使たちが一心不乱に、何か作業を続けている。

 部屋の中央の椅子に時姫が腰掛けている。

 甚左衛門は時姫に近づき、声を掛けた。

「外が見えねえな。ここは操舵室ってことだが……」

「操舵には外の景色は見えなくとも構わないのです。総ては受像機に示されますゆえ」

 甚左衛門に振り返ることもなく、時姫は真っ直ぐ前を向いたまま答える。甚左衛門は受像機を見て「ふん」と鼻を鳴らした。

「ちっとも判らねえ! ただ数字だの、記号が、ぞろぞろ流れているだけじゃねえか!」

 時姫は検非違使に命令した。

「展望窓を開け!」

 甚左衛門は「おーっ!」と少し仰け反った。時姫の命令に、操舵室の前方が静々と開き始めたのである。

 そこに藍月が浮かんでいる。が、地上から見上げる姿とは違い、まるで手で触れそうに近い。表面の窪み、亀裂などが近々と見えている。

「成る程……確かにおれはそらに来ているようだ……。藍月があんなに近い……」

 甚左衛門の口調は、うっとりとなっていた。

 その時、操舵室全体が「ずしん」と揺れた。甚左衛門は慌てて手近の手すりを掴む。

 検非違使の動きが慌しくなった。

「重力制御装置の限界です! このままでは船内に特異点が発生します! 重力崩壊まで、あと三分!」

 時姫が素早く質問する。

「藍月の状況は?」

「依然、軌道変化続行!」

「作業を継続せよ! 状態が安定するまで続ける」

 甚左衛門の額に、ふつふつと汗が噴き出す。

「時姫……おれたちは死ぬのかね?」

 時姫は前を向いたまま無言で頷いた。甚左衛門は肩を落とした。

「そうか……。最後に、一言ひとこと……」

 ごくりと唾を呑みこんだ。

「おれは、あんたを最初に見たときから惚れていたぜ……」

 時姫は甚左衛門を振り返る。頬が赤らみ、怒りの表情になっている。

「何を馬鹿なことを!」

「本気だ……。一目惚れだった。誰にもこの気持ちは報せていないがね。あんたとこうして死ぬことができて、おれは本望さ」

 ひくひくと唇が動き、笑いを浮かべようとする。だが、うまくいかない。甚左衛門は自分は今、泣きだしそうな表情を浮かべているのではないかと思った。

 時姫は無言である。

 さっと前方に向き直る。

特異点ペキュリアー・ポイント発生まで、あと二分です」

 検非違使が冷静に報告した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます