第118話

喪月

 藍月は紅月へ、じりじりと近づいている。紅月の引力が藍月を捉え、引き寄せる。その中間に〈御舟〉は、立ちはだかった。

 双つの月に比べて〈御舟〉は、まったく取るに足らない小ささだ。しかし、かつて〈御舟〉は持てる超科学力で双つの月を本来の軌道から引き剥がし、この場所に置いたのだった。

 しかし、その際には時間の制限は一切なく、ゆるゆると数年間という期間を置いて移動させたのである。

 今回、再び〈御舟〉は、月の移動という信じ難い結果を残さねばならない。ところが、時間は僅か数時間──いや、藍月が紅月の引力圏グラビエイショナル・フィールドに捉えられ、その潮汐力タイダル・フォースで引き裂かれる前に本来の軌道オービットに押し戻さねばならない。

 操舵室コントロール・ルームで時姫は、じっと受像機モニターに映し出される藍月を見つめている。

 時姫自身は艾薩克牛頓アイザック・ニュートンによる万有引力の理論も、阿爾伯特愛因斯坦アルベルト・アインシュタイン相対性理論レラティビティ・セオリーも知らない。ただ危機に対処する覚悟だけが行動させている。時姫の指令は操舵室の隅々まで行き届いていた。装置に対処する総ての検非違使は時姫の意思のまま、破滅的な任務を冷静に進めている。

重力制御装置出力全開グラビトロン・コントロール・フル・パワー! 藍月を捉えます……」

〈御舟〉の重力制御装置から重力波グラビエイショナル・ウェイブが照射され、藍月を絡め取る。操舵室の受像機には刻一刻と変化する状態の数値が目まぐるしく表示されている。

 時姫はその数値には目をやらない。もっとも凝視したところで、まったく理解することすらできないだろうが。

 ただじっと〝声〟に耳を澄ませているだけだった。

 がくん! と、操舵室全体が震動した。

 考えられないことだった。

 驚異的な重力工学の結果、どのような加速も瞬時に吸収し、船内に僅かの震動も感じさせない設計になっている〈御舟〉の船内が震えたのである。これがどれほど船体に打撃ダメージを与えているか、もし知っていたら時姫は、こうして悠然としてはいられなかったことだろう。

 もしも本来の資格を持つ操縦士パイロット・オフィサーが指揮を執っていたら、即座に計画の中止を決めるほどの異常である。

 みしみしみし……と〈御舟〉の構造体すべてが悲鳴を上げている。たった一隻で、巨大な質量である藍月の軌道を押し戻そうとする絶望的な戦いに、船体は今にもばらばらに分解する寸前だった。

 藍月の軌道は僅かに変化した。ただし僅か、である。たったこれだけの変化を生じさせるため〈御舟〉の主出力装置である物質・反物質炉には怖ろしいほどの過負荷がかけられている。藍月の軌道を変える出力は熱に変換され、〈御舟〉の周りに新星が誕生するかのような強烈な赤外線となって放出されている。

 検非違使たちの様子に変わりはない。

 が、触れれば切れそうな緊張感が、辺りに満ち満ちていた。

 時姫は目を閉じ、最後のときを待ち受けた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます