第117話

  六

 重力制御装置により〈御舟〉は局所的な重力勾配を作り出し、急速に宇宙空間へと脱出した。

 僅かの間に〈御船〉の速度は一秒間に八里の距離を飛ぶ第三宇宙速度に達していた。

 これほどの加速に関わらず、船内には加速度というのは感じられない。操舵室の時姫も、円形の台に閉じ込められている甚左衛門も、この奇跡ともいえる超科学の成果を実感することは一切なかった。

 ──充分に発達した科学は、魔法と区別がつかない──

 亞瑟査理斯克拉克アーサー・チャールズ・クラークの法則が、ここでも実証されたのだった。

〈御舟〉は藍月の軌道に近づく。〈御舟〉の外部精査センサー装置が素早くあらゆる状況を観測する。その結果を操舵室に伝え、乗組員の検非違使たちが電算机コンピューターにかけ、〈御舟〉の軌道を計算する。時姫の命令を実現するため、冷酷な結果が算出された。

 時姫は操舵室で厳然と頷いた。

「それでは、始めましょう……皆の者!」

 それまで腰を下ろしていた船長席から立ち上がる。

「藍月へ針路をとりなさい!」

 さっと手を挙げ、操舵室の受像機に見える藍月を指し示す。

〈御舟〉は真っ直ぐに藍月へ進んでいった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます