第59話

  五

 大極殿の大広間に、関白は平伏していた。

 だだっ広い広間に、いるのは関白が唯一人ただいちにんきり。磨き上げられた床に、関白は恐ろしさのあまり額を擦り付けたまま、顔を上げることもできないでいる。

 ……!

 空間をある一つの感情が支配していた。それは、激烈な怒りであった。

 怒りには、詰問が添えられている。

「そ、それは……麻呂には、とんと判りかねます。なぜ諸国の領主が勝手な振る舞いをするようになったか……麻呂には、まるで見当も……」

 ……?

 はっ、と関白は慌てて額を床に打ち付けた。その勢いで「こん」という乾いた音が響く。「はあ……〈御舟〉の記録と、翔遡宇院しょうそういんとの照らし合わせ作業でございますか? はっ、そのお……あまり捗々はかばかしくは……申し訳ござりませぬっ! 急ぎ博士たちを集め、なんとか、ご希望に沿うよう叱咤いたしますゆえ……」

 ……%*$&~#!

 衝撃が、関白の全身を貫いた。

 びくっ、と全身を硬直させ、冷たい床に這いつくばる。ひく、ひくと手足を力なく痙攣させた。

「お許しを……お許しを……!」

 同じ言葉を何度と無く繰り返す。

 床に関白の身体を中心として、薄黄色い染みと、鼻を突く悪臭が広がっていく。

 関白は、失禁していた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます