第42話

  三

 髭をしごきながら、長老は眉を下げ、考え込んだ。

「水虎さまが、のう……」

 つぶやく。

 巨大な海岸紅杉の森に、急ごしらえの長老の小屋が掛けられていた。その内部に枯れ草を積み上げ、長老が胡坐をかいている。

 背後には数人の河童が、疑いの目で三郎太と時太郎の二人の背中を見つめていた。

「長老さま。三郎太はともかく、時太郎が水虎さまの〝お告げ〟を耳にしたとは、とうてい信じられませんな」

 一人が、いかにも不快そうに声を上げた。声には、ありありと不審の心情が滲んでいる。もう一人が、それに同意した。

「そうじゃ! こんな半人前……いや〝土掘り〟の童っぱに、われらの守り神の水虎さまが直々に声をお掛けになるとは、夢にも考えられぬことじゃ! おそらく、その〝土掘り〟めの作り事じゃろうて!」

 時太郎とは呼ばずわざと〝土掘り〟と呼びかけている。

 あれから河童たちの、時太郎に対する態度は、ぎすぎすしたものとなっていた。皆、ふとしたことでも時太郎に辛く当たるようになっている。

 長老の前に座る時太郎は、強いて河童たちの敵意に満ちた視線を無視していた。

 ──おれは河童だ! 〝土掘り〟なんて呼ぶな!

 大声で叫びたい。だが、必死に我慢している。

 長老は杖にすがって立ち上がった。

「ともかく、水虎さまの〝声〟を確かめてみなくてはなるまいて……」

 その言葉に集まっている河童たちは、一様に驚きの表情を見せた。

「長老さま、そやつの言葉を、お信じになられるので?」

「信じる、信じないはともかく、確かめてみよう、ということじゃ。そう先回りするでない」

 よちよちと長老は森の中を歩き出す。その後をぞろぞろと河童たちが続き、殿軍しんがりに三郎太と時太郎が続いた。

 ふと気配を感じて横を見ると、お花が並んで歩いている。

 お花は時太郎の顔を悪戯っぽく覗きこんだ。

「時太郎、あんた、水虎さまの声を聞いたんだって?」

 時太郎は無言でうなずく。

 へええ……と、お花は顔を近づけた。

「あんたがねえ……! それで水虎さまは、なんて仰ったの?」

「母さんを探せって……」

「母さんっ! あんた、母さんがいたの?」

 時太郎はむっとなってお花を睨んだ。

「当たり前だろう。おれを何だと思っているんだ」

 お花は、しゅんとなった。

「ごめん……でも、考えもしなかったな。あんたに母さんがいるなんて……」

 お花の言葉に、時太郎は「実は、自分もそうなのだ」と言いたかった。

 今まで一度も母親のことなど、考えもしなかった。

 時太郎の視線に、お花は「なあに?」と首をかしげる。

 慌てて、時太郎は視線を外す。

 まだ見たことのない母親は、お花に似ているのだろうか?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます