第35話

  上総ノ介

  一

 破槌はづち城の大広間。一面板敷きで、無骨な梁が組み合わさり、緒方上総ノ介支配の家来たちが、ずらりと居並んでいる。

 家来たちは無表情に口を噤み、板敷きに平伏している三人の山師たちを見つめていた。山師たちは、がたがたと恐怖に震え、頭を床に摩り付けんばかりにしている。

「河童の聖域じゃと! それで、おめおめと逃げ帰ってまいったのか!」

 甲高い怒鳴り声が大広間を圧した。広間を照らす灯明皿の火明かりがふわりと揺れる。

 三人は、その声に額を床に打ち付けんばかりに再び頭を下げた。

 どすどすと荒々しい足音が近づき、三人の前に止まった。緒方上総ノ介の登場である。

 かつての若者は、今や堂々たる国主となり、美々しい衣服を纏っているが、その性は今なお不羈不撓そのままで、癇癖はいよいよ強まっている。

 上総ノ介は、この春ようやく、京に上洛を果たした。

 放浪していた関白太政大臣の藤原義明を擁し、太政官を再建するという名目である。上総ノ介自身は、それ以前に橘氏を称しており、いずれは征夷大将軍の宣旨を受けようと企んでいる。

 そのためには、多額の金が要る。

 楽市楽座や、征服した各地に代官を置くことにより経済的には潤っていたが、御所に巣食う公卿たちを転ばすためには、それだけでは足りない。もっと必要だった。

 山師を雇ったのも、その一環であった。

「なにがあった? 有り体に申せ!」

 ははっ、と三人は這いつくばり、河童淵で起きた出来事を口々に、口角泡を飛ばして奏上した。

 上総ノ介は、黙って耳を傾けている。

 やがて口を開いた。口調は平常のものに戻っている。

「それで、その場所に金鉱はあると思われるか?」

 中央に這いつくばっていた一人が顔を上げた。作蔵であった。

「それは、判りかねます」

 むっ、と上総ノ介が不機嫌そうに額に皺を刻むのを見て、作蔵は慌てて言い重ねた。

「しかし、何かありそうだ、とは思われます。それが金なのか、銀なのか……それとも別の何かは判りかねますが……。お許し下され。手前ども、ここに金がありますぞと、上様をお騙しすることは簡単でござる。しかし我ら、確かなこと以外、口にすることは山師の道にもと悖ると思っておりますので」

 ふむ、と上総ノ介は愁眉を開いた。作蔵の正直な態度に好感を持ったようである。

「あい判った! 大儀であった。後で褒美を取らせるゆえ、下がってよいぞ!」

 へへーっ、と三人は這いつくばりつつ、その場を退出した。

 どすどすと荒々しい足音を立て、上総ノ介は広間の壇に上がった。壇には緋毛氈が延べられている。どかりと座り込み、帯に挿した扇子を手にとり、ぱちりぱちりと開いたり閉じたりさせている。

 脇息に凭れ、なにか考え事をしているようだ。

 家来たちは身動きもしない。

木戸甚左衛門きどじんざえもんはあるか?」

「ははっ、ここに!」と声がして、一人の家来が膝を滑らせ、正面に座った。

 かつて啄木鳥きつつきの甚助と名乗っていた男である。今は木戸甚左衛門と名を変え、上総ノ介の侍大将の一員となっている。時姫の一件で出世を果たしたのだった。

 正式な家来となった現在では、かつての遊び人風の風体は改め、月代はきちんと剃って、青々とした頭を見せている。

「今の報告、そちは何と見る?」

 はっ、と甚左衛門は頭を下げ、ちょっと首をかしげた。

「やはり幻術かと……」

 ぱちり、と上総ノ介の扇子が鳴った。

「そちは以前には、素破すっぱ乱破らんぱを稼業としておったな。そのような幻術に、心当たりはあるか?」

「はて、幻術にも色々ございまして、それがしには、どのようなものか、ちと判別しかねます。しかし、幻術は幻術。打ち破ることはできましょう」

 上総ノ介の顔が綻んだ。

「そちならば、河童の幻術を負かすことができると申すのだな? 面白い、では、そちに河童淵の探索を任そう。すぐに手勢をまとめ、河童淵に向かえ!」

 はーっ、と甚左衛門は平伏した。

「では、早速に……」

 膝を浮かし、退出する。

 さっと上総ノ介は、手にした扇子をぱらりと開いた。

「者共、下がってよいぞ!」

 その場にいた家来たちは次々と頭を下げ、退出していく。

「上様……」

 上総ノ介は声の方向を見た。

 貧相な顔つきの男が、上目がちに立っていた。細い顎。口元にはまば疎らな口髭を蓄え、唇からは、四角い前歯が覗いている。

「鼠か……何か申したいことがあるのか?」

 その男は、まさに鼠そっくりな顔つきをしていた。髪の毛は若白髪に灰色に染まり、口元に蓄えた髭は、鼠のひげ髯のように疎らで、長い。

 さらには、口元から覗いた四角い前歯が、さらに男の顔を鼠そのものに見せていた。木本藤四郎であった。

 かつて啄木鳥の甚助を家来にしていたが、時姫の一件で出し抜かれる形になり、同格の侍大将となってからは、深く根に持っている。

「よろしいので、あのような胡乱うろんな者を、このような重大な使命に……?」

 くくっ、と悪戯っぽい顔つきになって上総ノ介は笑った。

 藤四郎の真面目くさったしたり顔を見ると、つい若い頃の癖が出る。

「そちは、これがそれほど重要なものと見るのか?」

 主人の意外な言葉に、藤四郎は呆気にとられた。

「どういうことでござりましょう?」

「金鉱など、どうでもよい」

「えっ!」

「金鉱など、どうでもよいのだ。金が欲しければ、いくらでも方法はある」

「し、しかし、金鉱が見つかれば……」

「そう……、金鉱が見つかれば、確かに目出度い。しかし金鉱が見つかったとしてもじゃ、金を採掘して精錬するまで、手間暇がかかろう? その間、京の公卿どもは待ってくれぬわ! ま、将来のために金鉱を探すのは良い。じゃが、すぐにどうこうできるわけでもないからの」

「それなのに、なぜ、甚左衛門めに、あのような任務を?」

「余の憂慮するのは、いくら河童どもとは申せ、余の差し向けた山師を手玉に取ったということが問題なのじゃ。ま、ちと、彼奴らに懲らしめを与えるほどのことじゃ。甚左衛門には、うってつけであろう……」

 藤四郎は笑顔になった。

「さようでございましたか! いや、この藤四郎、つくづく安堵いたしました!」

 上総ノ介の懐から微かな呼び出し音が聞こえている。

 懐から無線行動電話ケータイを取り出す。開くと、耳に当てた。

「余じゃ! 例の物は、できておるか?」

 相手の言葉に大きく頷いた。瞬時に上機嫌になる。

「さようか! では、見せて貰えるのじゃな? うむ、うむ……では地下室で……。これより参る。待っておれ!」

 さっと立ち上がる。

 大広間の階段を降りていき、地下室を目指した。ふと見ると、藤四郎が渋い表情を見せていた。

「なんじゃ、鼠。まだ何か言いたいことがあるのか?」

「今のは、あの男からでございますな?」

「そうじゃ。それが何か?」

「この藤四郎、あやつのことが、どうも信用なりませぬ」

 かんらからっ、と上総ノ介は笑った。

「そちは、心配性じゃのう……。判った、今より地下へまいる。そちも従いてまいれ」

「よろしいので?」

「うむ」と、上総ノ介は鷹揚にうなずいた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます