第31話

  五

 時太郎とお花は河童淵に戻ると、すぐ長老を探した。

 沼を取り囲む崖には所々、穴が開いている。穴の一つ一つが河童たちの住処になっている。

 長老の住まう穴は、沼を見下ろすやや小高いところに突き出した場所にあった。崖に刻まれている坂道を登り、二人は長老の住まいを訪ねた。

 穴の入口には、太った大人の河童がごろりと横になっている。河童の周りには胡瓜や、魚が散らばり、手を伸ばして時々口に入れている。二人が近づくと、太った河童はじろりと見上げた。

 お花は飛び切りの笑顔を作り、小首をかしげて話しかけた。

「こんにちわ! 長老さま、いらっしゃるかしら?」

 河童は無言で頷くと、顎をしゃくった。お花の笑顔には興味も一切ない、といった顔つきである。

 お花は肩をすくめた。

 二人が中へ入っていく時も、河童は再び胡瓜を齧っていた。

「あれで、長老さまをお守りする役目が果たせるのかしら?」

 お花は気分を害したらしく、口を尖らせている。

「さあね」と時太郎は相手にならない。

 長老の住まいは冷んやりとしている。穴の内側には、びっしりと苔が生えていた。

 奥深くが一段ほど高くなっていて、そこには柔らかな枯れ草が積まれてある。枯れ草の中に埋もれるように、一人の老いた河童がちんまりと座っていた。

 相当の年齢らしい。肌は真っ白に色が抜け、同じ白い色の髪の毛は全身を覆うばかりに伸びている。眉と髭も伸び放題になっていて、白い毛に全身が埋もれていた。

 二人が近づいてきても、河童の長老はぴくりとも動かない。まるで置物である。

 時太郎は呼びかけた。

「あの……長老さま……」

 ぴくりとも動かない。二人は顔を見合わせた。

 お花は怖々、近寄った。まじまじと長老の顔を見つめる。

 垂れた眉毛と、皿の周りを取り巻いている髪の毛に埋もれ、表情はまったく判らない。

 ちろりと舌を出し、お花は唇を舐めた。腕を挙げ、指先を近づける。

「おい、やめろ」と時太郎は言いかけたが、お花はちょん、と長老の身体を突っついた。

 びく、と長老の体が震えた。

「ん? ん? なんじゃ?」

 きょろきょろと辺りを見回す。

 指で眉毛を掻き分けると、やっと目が見えるようになったらしい。二人に気付き、ほっと溜息をついた。

「なんじゃ、お花か……。そこにいるのは、時太郎じゃな?」

 ふわああ……と両腕を伸ばして欠伸をした。眠っていたらしい。

「良い気持ちで眠っておったのに、何事じゃ?」

「長老さま……おれ、お山で妙なやつらを目にしたんです」

 時太郎はお山で目撃した連中のことについて話し出した。

 ふむふむと長老は時太郎の話に頷いた。

 時太郎が話し終えると、長老の態度は、それまでの薄ぼんやりとした様子から一変した。

「三郎太を呼べ!」

「父さんを?」

「そうじゃ、こういう場合、見聞が広い三郎太の知恵が要る」

 長老は背筋を伸ばし、目を見開いていた。その視線は真剣で、一族を背負う河童の長老らしさが現れている。

「あたし呼んでくる!」

 お花が立ち上がった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます