第29話

  三

 河童淵を取り囲む崖の裏側を河童たちは「お山」と呼んでいる。

 海岸紅杉セコイアが立ち並び、地面には雑草が繁茂していた。時折、ぽかりと開けた場所があって、そこには四季の花々が咲き誇っている。

 がさがさと下生えを踏み分け、時太郎とお花は山の中を歩いていた。

 山の中をちょろちょろと細い小川が流れている。二人は上流に向かっていた。

「まだかい?」

 時太郎の問いかけに、お花は短く答える。

「もう、ちょっと」

 上流に向かうと、辺りはごろた石が目立ってきた。下生えが少なくなり、ごつごつとした岩が突き出している。

 岩にぴたりと寄り添い、お花は時太郎を振り向いた。

「こっち」と口だけ動く。指を唇に当てている。声を出すな、ということらしい。

 そうっ、と時太郎はお花の隣に並んだ。

 いるいる……。数人の人間が歩き回っている。

 百姓には見えない。

 手甲、脚絆で手足をしっかりと固め、蓑笠を被っている。蓑笠には面隠しの直垂ひたたれがあり、表情は読めない。背負子を背負い、手には錫杖を持って、山伏のようであった。腰には脇差をさしている。

「何してんだろう?」

 小声で時太郎はお花に囁いた。

 判らない、とお花は首を振った。

 見たところ、何か探しているらしい。時々立ち止まり、地面に顔をくっつけるようにして小石を引っくり返したり、草を手折ってしげしげと見ている。

 やがてお互いうなずきあった。

 背負子を下ろし、中から何かの道具を取り出した。鋤のような形をしている。組み立て式で、手にしっかりと握りしめ、ぐさりと地面に突き刺した。

 しばらく無言で、その作業を続けている。

 やがて動きが止まった。

 顔をあげ、お互い見合った。

「どうじゃ?」

「どうも違うようじゃ」

「わしも、そう思う。やはり、もそっと奥に分け入る必要があるな」

 道具をもとに戻すと、斜面を登り始めた。

 時太郎はもっとよく見たいと身体を乗り出した。その瞬間、ぽきり、と足が小枝を踏みしめた。

 ぎくり、と男たちの動きが止まった。

「だれじゃ!」

 さっと振り向く。時太郎と男たちの視線が、真っ正面から合ってしまった。

 まずい、と時太郎は首を竦めたが、もう遅い。

 ざざざざ……と男たちは飛ぶように斜面を駆け下り、あっという間に時太郎を取り囲んだ。

 お花は……すでにいない。

 時太郎は、どうしていいか判らず、立ちすくんでしまっていた。

 男たちの緊張が僅かに緩んだようだ。

「なんじゃ、子供でないか」

「おぬし、どこから来た? この辺りの童っぱかの? 年はいくつじゃ? 名前は?」

 問いかける男たちの口調は、厳しいものではなかった。

「待てまて作蔵、そんな矢継ぎ早に尋ねるものではない。見ろ、怯えておるぞ」

 どうやら男たちの一人は作蔵、という名前らしい。作蔵と呼ばれた男は、蓑笠の直垂を取った。

 日焼けした、人のよさそうな表情が現れる。柔和な笑みが、目じりに浮かんでいた。

「済まぬ! つい、急いてしもうたわい」

「お、おれ……時太郎……」

 やっとのことで、時太郎は自分の名前を告げた。うむ、と作蔵はうなずいた。

「時太郎、か。おぬし、この辺りに住んでおるのか?」

 時太郎がうなずくと、作蔵は膝を折って、辺りの草を毟り、差し出した。

「このような草を、ほかでも見ぬか? ぜんまい、わらび……そういった草じゃ。こういった草が沢山わさわさ生えておるところを知っておったら、教えて欲しいのじゃ」

 さりげない口調を装っていたが、目は真剣だった。

「わしらは山菜採りよ! この辺りの山は、まだ入ったことがないのでな。色々と教えて貰いたいと思っているのだ。教えてくれれば、ちゃんと礼をいたすぞ」

 作蔵の背後の男が声を掛けてきた。

 俄かに時太郎の胸に不安が湧いてきた。

 違う……、こいつら嘘を言っている!

 理由もなしに、直覚する。

 時太郎は、他人の嘘が判る。どんなに上手に喋っていても、時太郎には相手が本当のことを言っているのか、嘘を言っているのかすぐ判る。時太郎には〝声〟が聞こえるのだ。

 たっ! と、時太郎は走り出した。

「あっ、待てというに……!」

 背後から声が追いかけてくるが、無視して駆けていく。

 ちらりと振り返ると、男たちは時太郎を凝視していた。さっきの柔和な眼差しは欠片もなかった……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます