第5話

 時姫は立ち上がった。

 がさがさとススキの穂を掻きわけ、誰かが近づいてくる。いくら月夜とはいえ、人の顔を見分けるほどの明るさではない。

 時姫は、そっと着物の帯から懐剣を取り出し、握りしめた。敵であれば、せめて一太刀! いや、それが無理なら、自害するつもりだった。

 姫さまーっ──!

 野太い声に、時姫は安堵の吐息を漏らした。その声は間違いなく、源二のものだった。

 姿を現した源二に、時姫はぎくりと立ち止まった。

 髪の毛は大童おおわらわに乱れ、着物のあちこちは切り裂かれ、返り血を受けている。手には抜き身の刀を下げていた。

「少々、手荒い仕儀に遭いもうしましたが、なんとか敵勢を撒いてまいりました。さ、急ぎましょうず」

 懐紙を使って刀身を拭うと、源二はぱちりと刀を鞘に納めた。

 時姫は、うなずいた。

案内あないを頼みます。わらわは、外の事情は、まるで不案内ですから」

「お任せくだされ! まずは京から離れることでございます」

 主従はその場を立ち去った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます