61. 沈んでいく、澱んでいく

 咄嗟に思い浮かべたのは、想い人の顔だった。


――史琉。


 その影を、頭をぶんぶん振って、思考から追い出す。

 彼は今、軍の哨戒に出ているはずだ。これが今すぐ話したい事だからといって、その中に走り込んでいくなどしたら。


――美波と一緒になっちゃう。


 ようやく脳裏に浮かんだ捜し人の影に、息をつく。

 夕暮れの中へ出ていったという彼女。何処に向かっただろう、と唸る。


――万桜様の屋敷、はないよね。わたしもそっちに帰ったら、今日もう一度外出するのは難しくなるかもしれないし。

 だとしたら、鎮台に向かうのが一番かしら。泰誠や常盤たちもいるし。


 よし、と頷いて。

 秋の宮へ礼を述べるのもそこそこに、鎮台へと走った。




 赤い煉瓦造りの建物の、玄関を飛び込む。

 共用の居間として利用されている部屋をのぞけば、泰誠たいせいがいた。


「倖奈。万桜様と帰ったのではなかったの?」

 首を横に振って、目を見開いた彼に走り寄る。

「それどころじゃないの。……ねえ、美波を知らない?」

 すると、こくりと頷かれた。


「さっき帰ってきたよ」


 あっけない、と瞬いて。

 胸をなでおろした。

「良かった、変なところに行ってなくて」

 まったくだね、と泰誠も穏やかに笑んだ。

「三ヶ月ぶりかなぁ。ようやく、宮様のところから出てきた。

 万桜様に怒られて心を入れ替えたかな」

「それはない、と思うけど」


 自分の部屋にいるよ、と話す泰誠と階段を登る。

 その間も、思うことは一つ。


――ちゃんと謝るんだ。


 両手で自分の頬を触る。触れ合った唇の感触を思い出す。

 それなのに。

 扉の前にいた影に、思考はプツンと切られた。



「シロ」


 見かけだけは倖奈と同じ年頃の少年。

 胡桃色の長着に、羊羹と同じ色の帯を締めた姿で、右手では白い狐面を回している。


「ちょうど良いところに来たのう」


 振り返ってきた彼は、ニヤリと口の端を上げた。


「何をしてるんですか、あなたは」

 泰誠は声を荒げる。

「そこは女性の部屋なんですよ!?」

「ほほう、それは知らなんだ」

「知らなければ、一人で突っ立ってていいってものじゃないでしょう!?」


 こめかみを引き攣らせる泰誠を尻目に、シロは、倖奈を手招いた。


「なあ。分かるか?」

「……なにが?」

「この扉の向こう。非常によろしくない」


 くるん、と狐面を一回転させて、シロは続ける。


「瘴気に満ちておる。今にも魔物が生まれそうなほど」

「冗談でしょう」

「本気だとも」


 顔をしかめても、シロは呵々と笑い続けた。


「おぬしには、瘴気を産むものがなにか、は教えたな」


 笑顔をにらみつけて、唸る。

「瘴気は人が産むもの――人の魂の荒ぶる部分、なのでしょう?」

 すると、にっこりと笑われた。

 後ろの泰誠からは歯ぎしりの音がした。


「以上からよしなに推察してくれ」

「美波が怒っているとか、とにかく気分が荒れているってことよね?」

「そうそう。なんとかしてやらねばならんのう」

「当然よ」


 応じて、一歩踏み出す。


「中に入るのか?」

「他にどうしようもないじゃないの」


 謝るにしても、瘴気を払うにしても、とりあえずは中の様子を見てからだ。

 ひとつ息を吸って、戸を叩く。


「わっ!」


 叫んだのはシロだ。

 なのに、倖奈も泰誠も肩を揺らす。


「驚かせないでくださいよ!」

「そうよ、本当に魔物が出たのかと思ったじゃない!」

「悪かった、悪かった。そこまで驚いてくれると思わなんだ」


 腹を抱えたシロに背にして、もう一度戸に向き直る。

 すると、ちょうど開いたところだった。


「なによ、騒々しいわね……」


 緑の黒髪に、赤と白の格子柄の振袖。

 美波だ。


 彼女は、三人の顔を順に見て、最後、倖奈をぎゅっと睨んできた。


「何をしに来たの?」

「あの――」


 謝りたくて、と言いかけて口を噤む。


 もつれた髪の先。乾いた部分の目立つ頬に、わずかに窪んだ目元。

 それを見てしまったら、声が詰まった。


 だというのに、シロは呑気な声だ。

「おぬし、何をしておった?」

 美波は低い声で応じる。

「なんでもいいでしょう?」

「良くはないな、気になるから訊いておる」


 くるん、ともう一度狐面を回したシロは止まらない。


「おぬし、酷い顔をしておるぞ」

「ほっといてよ!」

「泣いていたかしれぬが、そのついでに何を考えておった? 碌な事でないだろう? 誰を憎んでいるか、恨んでいるのか」

「そんなことないわよ!」

「笑止」


シロがぴたりと手の動きを止める。

狐面で口許を隠し、弓なりになった目元だけを覗かせて。


「そこまでどす黒い瘴気をまき散らしておいて、醜くないとのたまうとは、己をまったく見ていない。

おぬしは魔物の母となる気か? 他者を傷を負わす者となりたいのか」


 美波も一つ瞬きをして。ぎゅっと唇を尖らせた。


「余計なお世話。いやね、年長者ぶって、お説教は大嫌いよ」


 そのまま目の前で閉められそうになった扉に、倖奈は慌てて手を出した。

 めいっぱい引いて、隙間を作って。美波の手が取っ手から離れた隙に滑り込む。


「勝手に入ってこないでよ!」

「ごめんなさい。あと、さっきも。叩いてごめんない。ごめんなさい」


 まくし立てながら、彼女の向こうの部屋を見る。


 大きい桐箪笥に背の高い鏡台、飾り棚の置かれた部屋。

 秋に覗いたときよりも殺風景――棚や机の上から小物が消えているのは、しばらく不在にしていたからか。

 部屋の真ん中には、旅行鞄が口を開けておかれていた。


「帰ってきたばかりで落ち着かないとは思うけど。あの」

「なによ」

 ぶすっとなった美波の顔をひたと見つめる。

「無理しないでね」


 すると、鼻で笑われた。


「余裕なのね」


 今度は倖奈が瞬く番だ。だが、美波はひたすら笑っている。


「私が帰ってきたって知ってるってことは、どうせ知ってるんでしょ」

「なにを?」

「カマトトぶらないでよ。知ってるんでしょ」

「だから、何を?」


 くしゃり、と美波の顔が歪む。

「どうしても私に言わせたいの? 嫌み?」

 髪を掻き上げた左手に、指輪はない。

 だから、鋭く息を呑む。


 ゆったりと吐き出された、

「わたしね」

 と言う言葉に、

「言わなくていい!」

 叫び声を被せる。


 美波は、充血した目を見開いて、唇で弧を描いた。


「知りたいくせに、なに言っちゃってるのよ。私の不幸を笑えば良いわ」

「そんなことない!」


 もう一度叫んで、右手を伸ばしかけた時に。


「わたしね、秋の宮様にフラれたの。出て行けって言われたのよ」


 美波があっさりと言うから、それを止めた。


「あんたはこのあいだ、大尉さんにフラれてるでしょ?

だから、わたしとあんた、これ一緒なの」


 違う、という言葉もすんでの所で呑み込んだ。



 もう一度、彼の姿を思い出す。

 まっすぐに立つ背中、魔物を切り裂く刀。それを振るう腕に、倖奈に触れてくる掌。

 向けられた視線に、唇も。



 美波に伝えたくない、と体が震えた。

 両腕を自分の体にぎゅっと巻き付ける。


「また仲良くできるわね、嬉しいじゃない」


 伸ばしかけの手に、ほっそりとした手が近づいてくる。だけど、払った。

「触らないで」

「なによ、結局、わたしに付き合う気がないのね」

 鼻を鳴らされた。


「用が終わったなら、出て行ってくれる?」

「……食事は? 取らないの?」

「気分じゃない」


 肩を落として、きびすを返す。戸を半分開いたところで、振り返る。


「あのね。叩いたのは、本当にごめんね」

「……そう」


 ギイ、と音を立てて戸が閉まる。


「なんで倖奈まで酷い顔になってるの」

 泰誠の声に、苦笑いを浮かべた。

「酷い顔、してる?」

「頬が痩けておるぞ? なんぞ甘い物でも食うか?」

 シロまで眉を下げるから、ますます笑った。胸の底は重いままだけれど。


「で、美波はどんな様子?」

 泰誠の問いかけに首を振る。

「また明日、話してみる」

 こう答えるので、精一杯だ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます