60. 将軍閣下、回れ右

 いつも喋っている美波らしくなく、馬車に揺られている間ずっと無言だった。

 屋敷について、段を降りるために手を貸した時にやっと笑んだ。


「どうしたの。嫌なことでもあった?」

 秋の宮が問いかけると、頷かれた。

「宮様にはすべてお話ししたいですけれど…… では止めておきますわ」


 それはでないところならば喋るということか、と考えて。秋の宮も笑う。


「僕も、君に話したいことがあったんだ」

「わたしと?」

 一瞬だけ、美波の顔がほうける。

「そう。僕と君だから、話さないといけないこと」


 秋の宮は笑みを浮かべて、手を引いて。寝室とつなぎになっている、自室へと向かった。


 女中がお茶を持ってくる。西洋渡りの紅茶だ。砂糖と練乳をたっぷり入れられた、甘いとわかるそれを二人分置くなり、すぐに出て行ってしまう。

 香りが充ちる部屋の中に残されて。

 どう切り出そうか、と秋の宮が唇をわななかせている間に。

 美波が先に、白磁の器に口をつけてから、ゆるゆると息を吐いた。


「倖奈に叩かれましたの」


 咄嗟に、その言葉が意味した内容を把握できなくて、きょとんとなった。

 言った当人は、ぎゅっと眉間にしわを刻んだ。


「叩かれたんです」

「誰が、誰に?」

「わたしが、倖奈に」

「あの子が、そんな乱暴をするわけが」

「ありますの。だって、ほら。わたしの左頬、赤くなっていませんか?」


 何度か瞬いてから、秋の宮は美波をじっと見つめた。

 はたして、どうだろう。

 泣きはらしたのか、目は真っ赤で、まぶたが腫れぼったくはなっているけれど。

 頬は変わらない、ような気がした。

 だから。


「そんなに目立たないよ」

 と、言ったのだけど。

「わたし、叩かれたんです!」

 美波は叫んだ。


「喋っていただけなのに、叩かれたんですよ。悪いのはあの子じゃない!」

「うん…… そう、なのかな」

「決まってます!」


 彼女の目の端に、じわりと、雫が滲む。


「顔が腫れてなければいいわけじゃないんです。

 わたしは、悪くないのに。悪くないのにどうして、ひどい目に遭わないといけないの」


 ボロボロと涙をこぼしながらも、はっきりと、思っていることを伝えてくる声。自分に正直な、美波の声。

 今は少し、この声を、うるさいと思った。



――なんで。



 こめかみを両手で押さえながら、秋の宮は目を閉じる。



 すると、先ほどの出来事が思い出された。

 自分が指揮を執っているはずの、皇都鎮台の司令官室での事。


 この部屋に、補佐として送られてきた天音がいないのは、久しぶりだった。

 だからといって、ゆっくりさせてもらえる訳ではなく。十人いる鎮台の部隊長たちは、代わる代わる部屋に入ってきた。取り次ぎをする秘書官が、途中からは泣き笑いの顔になるほどの目まぐるしさで。


「また、柳津君?」

 本日三回目となる相手の顔をじとっと見遣る。

「お伝えし忘れていたことがございまして」

 中肉中背の体で濃紺の肋骨服を着込んだ彼は、眼鏡をかけ直しながら、応えた。


「これで最後です」

「本当に?」


 はははっと笑って。

 彼が隊長たちの中で唯一、自分と同年齢だと分かっているからこその、気安さで。

「意地悪だなぁ」

 と口をとがらせる。


「一度にたくさん話したら、僕が忘れていくかもとか考えてない?」

「さて」


 いつもひんやりと落ち着いている顔は、今も変わらない。溜め息がこぼれる。


「それにしたって今日はどうしたの。細かい報告を次から次へと」

「閣下がなかなか鎮台においでにならないので、溜まっているのです」

「本当に? みんなして僕を試してるんじゃないのかって思うよ。

 君もだろう。こっちになかなか異動してこなかったこともさ、僕を試していたんではなくて?」


 すると、柳津大尉は、眉を跳ねさせた。

「それをそのように評されるのは心外です」

 そのまま鋭い視線を向けられる。


「義父の法要のためと申し上げたはずです。義父は生前、都には帰りたくないと申しておりましたので、墓をあちらに立てました。だから、法要もすべて向こうでやりたかったのです」

「本当にそれだけ?」

「そこまでお疑いになられると、私も大変やりづらいのですが」


 銀縁眼鏡の奥で、三白眼が細められる。秋の宮もすうっとまぶたを下ろす。

「だったら、北に帰るというかい?」

 彼は制帽のひさしをわずかに下げて言った。

「御命令であれば」

「……言わないよ」

 首を振る。

「言ったら、本当に情けないじゃないか」


 机に肘をついて、手の上に顎をのせて。また、息を吐く。

「自分で呼んでおいて、嫌いになるなんて、そんなの……」

 ぐしゃり、と秋の宮は両手で自分の頭を抱えた。


「分かってる。僕は、先生に選んでもらえた君に嫉妬してるんだよ」


 返事はない。だから、一人で喋り続ける。


「生まれた時もうすでに、僕は二番目だった。兄が――主上がいたから。だから、期待も構ってもらうのも、いつも二番目だった。何かひとつでも一番になれたら良かったのに、何ひとつそうじゃない。学校の成績は常に上がいたし、家での勉強も天音に負けるし、先生は『息子』に君を選んだ。

 でも、もし、生まれが違ったら。僕はここにいない。先生にも会えていない。それはそれで、どういう暮らしを送っていたのか、想像できないよ」


 そこまで喋ったら、ようやく。

「そういうものでしょうね」

 と、小さい声で返ってきた。

「俺だって、何か一つ違っていたら、柳津と名乗ることはなかったでしょうから」

 だから、顔を上げる。じっと見つめると、彼は珍しい笑みを浮かべた。


「願って手に入れたものなんて少ない。あとは偶然です、理由なんてない。

 それでも、思いのままになることが一つでも増えればいいと願いますが」


 ますます、目が丸くなる。


「思いのままになることって……」

「なんでもいいんですよ。今夜の飯が肉じゃがだったらいいとか、その程度で」

「安いなぁ……」


 吹き出した。


「そんな程度で、嬉しい?」

「ついでに旨い酒も欲しいところですけどね」


 言って、彼は眼鏡の縁を指先で押し上げた。


「戯れ言を失礼しました」

「いや、いいよ……」


 笑う。

 じっと眼鏡の奥の瞳を見上げる。

 机を挟んだ反対に立つ彼は、一度瞬いて、薄い唇を開いた。


「それで、本題ですが」

「ああ…… 今度の報告は何?」

「先日の市街地での作戦で被害のあった建物が複数ございます。そちらへの、軍からの補償とその手続きについてです」


 今までなら伝えられなかったようなことだ。それを何故と思うけれど、黙って聞く。


「細かい手続きは、引き続きお願いしていい?」

「承知いたしました」

 右手で礼を取ってから、彼は静かに出て行った。


 取り残されて。

「聞きそびれちゃったじゃないか」

 椅子の背もたれに、体を預ける。


――思いのままになることが一つでも増えればいい。


「そのために何をしてるのって」


 そもそも、『思いのまま』が何なのか、と。一人で苦笑いを浮かべる。


 ぐるりと部屋を見回せば。

 此処は、皇都鎮台の司令官室だ。白い壁紙に、焦げ茶色の什器。そして分厚い書類が置かれた部屋。


 その血筋に生まれて、どうしても軍に入ることしか想像できなかった。自分にその才があるかどうかは関係なく。

 ただ、働くなら、少しでも気楽に、と。兄から離れた場所を望んだ。周りが最適と判断した場所は天音に押しつけて。

 そう。ほんのすこしは、自分が望んで来た場所のはずだ。此処は。


――ならば、一つでも。僕がいて良かったと思えることが出来ればいい。


 同時に、耳の奥で響いた言葉を、頭を振って追い出す。

「僕は悪くない、僕が可哀想ってのは、違うんだよ。美波」


 椅子を軋ませて、立ち上がる。

 扉の向こうに、気配はない。さすがの隊長たちも切れだろうか。

 そう考えて、外で控えていた筒井少尉を呼んだ。


「美波を呼んできてくれる?」

 彼はわずかに唇を曲げた。

「もう、お帰りになりますか?」

「今日はね、ごめんよ。明日もちゃんと来るから」

 両手を合わせて、頭を下げて。

「美波に話して、ちゃんと終わらせてくるから」

 言えば、彼は、困りましたね、と言って応接間の方へと小走りで向かっていった。


 秋の宮はその場で、両手で自分の頬を叩く。

「ちゃんと言わなきゃ」



――きっと、僕はこのままじゃ駄目なんだ。



 パンパン、ともう一度、己の頬をはたく。

「一応、訊きたいんだけどさ。なんで叩かれたか、理由はないの?」

 じっと見ると、頬が膨らんでいく。くすり、吹き出す。

「君に非はないと信じるよ。でも、その前に、二人で話していたりしたんじゃないの?」

「……それは。喋ってましたけど」

 と、美波は視線を泳がせた。

「何を」

「ええっと……」


 実は、と彼女はすこしだけ視線を横にずらした。

「そのまえに、万桜様に、ちょっと――お小言を云われたんです」

「お小言?」

 頬が引きつる。どんな、と訊いても、彼女はそのまま横を向いてしまった。

 だけど、と秋の宮はまた頭を抱えた。

「おばさまが君に怒ったっていうのは、結局は僕が情けないってことなんだろうな」


 向かいに座った美波が揺れる気配がした。でも、顔は上げられない。


「一人で出かけなければいけないところにも君を連れて行って。結局何もできなくて、君と一緒に閉じこもって。

 でも、そうやって、甘えていちゃいけないんだよ」


 うう、と呻いてから、深呼吸を繰り返した。

 それでようやく正面を向けた。

 赤い着物の彼女は、今日も艶やかだ。その姿をしっかり見つめる。


「美波。君が僕に向けてくれたのは優しさだと思ってる。だから」

――このままでは、僕は自分を嫌いになるばかりだ。


「僕が一人でやっていくためには、君がいたら駄目なんだ」


 まっすぐに、まっすぐに。黒い、潤んだ瞳を見る。


「出て行ってくれ」


 彼女は何か言おうとしたのだろう。二度、三度と、膝の上で拳を揺らした。

 でも、それだけ。

 するりと立ち上がる。カツ、カツ、と草履が床を叩く音を響かせる。

 そのまま、赤い振袖も緑の黒髪も、樫の扉の外に出て行った。


 両手で顔を覆い、秋の宮は床に倒れ込んだ。



 控えめなノックの音が響くまで、そのまま。



 のろのろと起き上がり、誰何した。

 顔を出した家令に、苦笑いを見せる。

「何? 急ぐこと……?」

「取り次ごうか悩んだのですが」

 美波の友人が来ているのだという。この三ヶ月で初めてだ。


――よりによって、今。


「美波は?」

「……荷物をまとめて、出て行かれましたが」

「引き留めなかったの?」


 家令は黙って頷く。それに首を振ってみせる。


 くしゃくしゃになりかけていた肋骨服を伸ばして、大股で玄関まで行く。

 立っていた少女を認めて、唸った。

「倖奈」

 よりによって、が多すぎる。


 二尺袖に袴を合わせ、手首に赤い巾着を下げた彼女は、秋の宮と目が合うと、両手をそろえて腰を折った。

「突然押しかけて、申し訳ございません。

 美波に会えれば良かったんです。まさか、宮様においでいただくなんて思わなくて」

 真っ赤な顔で話す彼女に、秋の宮は、大丈夫、と苦笑する。


「僕はいいんだけどさ。肝心の美波は」

 と、言うと、今度は顔を真っ青に変える。

「出てきてくれないんですか? わたしだから……」

「違う、そうじゃないよ」


 苦笑いを深くして。秋の宮は努めてひらたい声を出した。


「美波は出て行った。今、この屋敷にいない」


 倖奈の顔が、もっと蒼くなる。


「いない……」

「ああ。どこに行ったのかは僕も知らない」

「そう、ですか」


 肩を落として、でもすぐに、彼女は指先を顎に当てた。

「美波が行きそうなところ。何処だろう」

 呟いて、顔をしかめる。

 それを見下ろして、息を呑む。


――こんな子だったっけ?


 小さくて、引っ込み思案な、子だと思っていた。嫌いではないが、特別気になることもなかった。

 それが、どうだ。


 顔色をすっかり元に戻して。彼女は顔を上げた。

「捜しに行ってきます」

 言うなり、すこし赤みを帯びてきた空気の中へ、飛び出していった。

 袖と手に提げた巾着を揺らす、その背中に問いかける。


――どうすれば、変われる?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます