59. 恋することで救われた(2)

 叫び声と一緒に涙まで湧いてきたらしい。視界が湿って、歪む。

 それでも顔は伏せないで。


「勝手を言うのね」

 美波の震える声を聞く。

「あんたこそ黙りなさいよ。そして、その手をひっこめなさいよ、乱暴者!」

「厭よ」

 押し殺した声を返す。

「言われるばかりは、厭」

「なんで」

「悔しいから」


 まっすぐ、まっすぐ、声の聞こえる方に顔を向ける。


「あなたがどう思っていようと、わたしはみんなが好きなの。それを悪く云われるのなんて聞きたくない」


 それに、と唸る。


「美波が好きなように過ごすなら、わたしも好きなことを、自分で納得できることをするわ。魔物に向かうのも、お洒落も、史琉を好きでいるのも、絶対に止めない。

 それも、史琉に嫌われたら、できなくなるかもしれないけど」


 すると美波は、クスリと笑んだ。

「嫌われたら嫌いになるなんて、かるい恋なのね」

「勘違いしないで、他のことよ」

 むっと唇を尖らせる。

「嫌いになんかならないわ」


――想うことだけは許して。


 ごしごしと顔を擦って、涙を振り払ってから。

 もう一度向き直る。

「美波こそ。宮様を捨てないでね」

 はあ、と美波は素っ頓狂な声をあげた。

「なんてこというのよ」

「お互い様!」

「宮様のことを嫌うなんてとんでもない。宮様にはわたししかいないし、わたしにも宮様しかいないんだから」

「あっそう!」

 ふん、と横を向く。


 その先は部屋の入口。

 ふいに扉が開いて、濃紺の軍服を着た人が入ってくる。

「落ち着いたのか」

 冷え切った表情の天音だ。


「怒鳴る声が聞こえたから、見ていたんだが」

 彼女は長椅子の傍に立つと。

「叩いたほうが悪い」

 と倖奈を見下ろしてきた。


 ぎゅっと、心臓が縮み上がる。

 天音の表情は揺らがない。

 息を漏らして、俯く。首を振る。


 美波は、かろやかに笑った。

「ほーら言われちゃった。やっぱり子供ね、倖奈ったら」

「そっちもそっちだ」

 天音の声が被さって、美波の笑い声が止まる。

 続けて溜め息が、高い場所から降ってきた。


「なかなかの悪口あっこうで気分が悪くなれるな。叩かれるほど恨まれていると気付け」


 それで隣の赤い袖が全く動かなくなったから、倖奈はそろりと顔をあげた。

 蒼褪めて、唇を噛みしめて。瞬きさえ忘れた美波がいる。

 一瞬、倖奈も動きを止めた。

 だから、喋るのは天音のほうが先だった。


「これは叔母様も手を焼くわけだ」


 もう一度溜め息を吐いて。彼女は扉の外に顔を出した。

 誰かと話をしている。それから、気配がひとつ遠ざかっていく。


 振り向いた天音は。

「迎えに来てもらうからな」

 そう言って、笑った。

「隊長たちに足止めを終えるよう指示を出した」

「足止めって……」


 美波が呆然と呟く。

 肩の上の髪をいじりながら、天音は笑った。


「万桜叔母様が、あんたに説教してくれるっていうから機会を窺ってたんだよ。それがたまたま今日だっただけ」

「何よそれ!?」


 がばっと椅子から立ち上がり、美波は天音に詰め寄った。


「いつも、わたしと宮様を引き剥がすくせに! それだけじゃ足りないの?」

「足りないよ我儘娘。だから今日は、部隊長方にはいつもより大袈裟に宮に話しかけるようお願いした」


 ふん、と天音は笑う。


「これに懲りて、軍に顔を出すのを止めていただけるなら私も助かる」


 ぎゅうっと両手を握りしめて、深く息を吸って。

 美波は部屋を飛び出した。倖奈が呼ぶ間もない。

 草履の音は絨毯に吸い込まれたのか、すぐに聞こえなくなった。


 長椅子にへたり込んだまま、茫然となった。


「美波……」

 ――万桜様とも話をしないの?


 ぐすっと鼻を鳴らし、目元を袖で拭く。

 その間に、天音は万桜が座っていた向かいの椅子に、とすっと腰を下ろした。


「酷い顔だ」

 くすくす、天音は肩を震わせる。

「目も鼻も真っ赤だ。可愛い顔が台無しだぞ」


 ええっと叫んで、巾着から手巾ハンカチを取り出して、ごしごし擦る。

 それから。

「ごめんなさい」

 と項垂れた。天音は笑いだす。


「驚かされた分の謝罪と受け取ろう。だが、一番に謝るべき相手は違うだろう?」

「はい」


 ぎゅっと手巾を握りつぶす。唇も噛みしめる。

 ほら、とお茶の入れ直した湯呑みを差し出しながら、天音は笑みを深くした。


「落ち着いてから、逢いに行けばいいんじゃないか? どうも、秋の宮もあの子と話がしたいらしい」

「ずっと一緒にいらしたのに?」

「だからこそ出来ていなかった話があるんだろう――結婚とかな」


 結婚、と繰り返して瞬く。


「誰の?」

「あの子と秋の宮だ。できなくもないが、周囲は頭を抱えるだろうな」


 まだ瞬く。


「もっとも。あれじゃあ、お互い我儘ばかり言って長続きしない気がするけどな、私は」


 そして、実は、と天音は笑みを苦々しいものを混ぜた。


「叔母様に、おまえとあの子に縁談を紹介するように言われていたんだ」

「そう……なんですか!?」


 声が裏返る。天音は眉を下げる。


「本当に言い方は悪いが――先は長くないからな。さっさと安心したいんだろう。

 だから、私の伝手で、軍の中から適当に見繕えればと思ったらしい。特に陸軍関係なら、『かんなぎ』に理解もあるだろうから。良いと思われたんだろう」


 まっすぐにその顔を見ていると、その顔に浮いていた苦みが消えていく。


「だが、私が仲立ちをするまでもないんだろう?」

 倖奈は好きな人が居る」


 思わず咽た。また差し出された湯呑みの中身を一気に飲み干して、さらに咽る。


「だって、だって。あの、その、それは」

「柳津大尉か」


 ヒヒッと、おおよそ堅苦しい肋骨服に似合わない表情で、彼女は肩を震わせた。


「言えばいいじゃないか」

「誰に、何をでしょうか……」

「叔母様に、好きな人がいます、とね」


 また表情を変えて。真剣なものに変えて、天音は淡々と話す。


「柳津大尉なら、叔母様も怒るまいよ。鎮台で何度も顔を合わせているのは知っているだろうし。

 柳津ってのは陸軍内では有名な苗字だからな、叔母様の見栄も充たされるし。ついでに士官職で収入はしっかりしてる、将来に憂いはない」

「はあ」

「くいっぱぐれないって意味さ。万が一があっても年金は出るしな」

「あの……」

「ああ、不吉だったな。すまない」


 ふう、と息をついてから。

「いいな」

 天音は口の端をあげた。目尻は下がって、緩やかに寂しげだ。


「私は女らしいことを一つもしてこなかったから。喧嘩できるような女友達ってのもいないし、心底惚れられる男に巡り合えてもいない」

「お着物が好きだっておっしゃってたじゃないですか」

「お洒落な奴なんて、男にもいっぱいいるじゃないか」


 はははっと笑う彼女に、倖奈はすこし笑って。首を振った。


「天音様は、天音様として凛としていらっしゃるから。素敵なんです」


 まっすぐ見つめる。彼女は目を丸くして、それから頬を染めた。


「ありがとうな」




 部屋を出る。

 聞けば、万桜はまた馬車で屋敷へ送って行ってもらったらしい。

 美波も秋の宮と共に去ったという。


 それは、謝ることが今はできないということ。このままズキズキ痛むまま、過ごすしかないのだ。

――次はいつ会えるだろう。


 無性に一人になりたくて、図書室に逃げ込んだ。

 ここなら、軍人も、【かんなぎ】の仲間も、誰もいない。


 背の高い棚と広い窓に囲まれたの一角。机の上、花瓶には桃の花が挿してある。遅咲きの一本だ。

 こてんと上体を倒して、指を伸ばす。触れれば、まるい花が開く。

 息を吐くと、それに乗った花びらが、増えていく。

 一面、紅色で埋め尽くせそうだ。


「やっても何の意味もないのに」


 心は晴れない。そう思っていたのに。


「魔物は花を嫌うんだろう?」


 不意に降ってきた声に、飛び起きた。


「史琉」

「お疲れ様」


 机を挟んだ反対側に史琉がいた。


「お仕事中でないの?」

「そうだよ。おまえと話したら、すぐに戻る」


 言って、斜め向かいの椅子に腰かけて、彼は長い脚を組んだ。

 濃紺の肋骨服の上で、軍刀の鞘が照る。制帽はかぶりっぱなしで、白い手袋もつけている。その指先で、制帽のひさしを持ち上げて、彼は机に肘をついた。


「何があったか聞いた」

 う、っと唸る。身を引く。史琉は片目を細めた。


「一条少将からだ」

「……天音様から?」

「呼び出されて、おまえの行き先まで告げられた。何を狙っているんだか」


 乗ってやるけどな、とぼやく史琉を見ているうちに、すうっと背筋が冷たくなる。


「わたしが何をしたか、聞いた?」

 首を縦に振られる。

「呆れないの?」

 小さく問う。今度は横に振られた。

「そりゃあ、ね。呆れもするし怒りもするさ。だが、その先だろう?」


 彼は笑って、足を組み替えた。


「そこでいじけて何もしなくなる子じゃないと、さすがにもう分かってるよ」


 それは期待なのだろうか、と。

 背筋を伸ばす。そろりと、袴の襞をそろえる。


「怒ったのは――どうしても譲れなかったの。でも、叩くのは、駄目だったの」


 言うと頷かれる。ほっと息を吐いて、笑んで。頭を強く振った。


「駄目だったことは駄目だったのだから。それを美波に謝りたいの」


 それはいつ、と考えて。はっと目を開ける。


「秋の宮様の御屋敷に行けば、逢えるよね」

「そうだろうな。閣下が御邸に戻るのに一緒だったという話だから」

「行ってくる」

「今から?」


 目を丸くした史琉に、笑って見せた。

「悪いと思ってるんだもん。だから、すぐに言わなきゃ」

 すると、それでいい、と唇の動きだけで彼は伝えてきた。


「倖奈らしいよ」

 ぎゅっと胸が縮み上がる。頬が熱くなる。


 一度視線を伏せてから、彼は立ち上がった。


「今日こそ一緒に行ってやりたいんだがな――巡回だ」

「行ってらっしゃい」


 倖奈は座ったまま。見上げる。

 じっと見つめられたから、笑みが浮き上がってきた。


「行かなきゃ、史琉じゃない」


 言葉もするりと飛び出す。

 成程、と彼は笑った。

 それはなぜか、とても嬉しそうで、寂しそうで。倖奈がきょとんとすると、もっともっと笑った。


「俺もおまえに嫌われぬよう、努めるよ」


 彼は、床を革靴で鳴らして、回り込んできた。

 すぐ横に立って、手袋を外して。

 その、何も覆うものの無い両手で頬を包まれて、上向かされた。

 腰を屈めた彼の顔が近づいてきて、慌てて目を閉じる。



 またこの感触だ。

 唇に、なにか、温かくて湿ったものが落ちてきて。離れていく。



 目を開けて、まっすぐに見つめ合ってから。

「史琉」

 知るなら今しかない、と声を絞り出す。

「何をしたの?」

「……わざわざ言わないとダメなのかよ」


 耳元で、答えをささやいて。彼は部屋を出て行った。

 扉の向こう、足音が小さくなっていくのに耳を澄ます。

 それが聞こえなくなってあとに耳の奥で蘇ったのは、前になされた問いかけだった。


――接吻キスはもうしたの?


 問いかけたのは真希だった。あの時は答えられなかったけれど。


「したわ」

 呟く。体が、芯から熱くなった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます