『つないだ手を放せない』

56. 指先だけでなく

 ふわふわと、梅の香りが漂ってくる。

 空は快晴。

 だから、編上靴ブーツではなく、黒漆の草履を履いた。

 そのかかとが三和土の上でコロンと音を立てた時、見送ると玄関まで出てきていた万桜まおは、和やかに笑んだ。


倖奈ゆきなもすこしは大人の装いを覚えたようですね」


 瞬いて、一段高い場所にいる師を見上げると、彼女はひとつ頷いた。


「今日は特に、落ち着いた、良い色合いだこと。

 もっと言えば、きちんと化粧をしてもらい、袴を止めさせたいところですけれど。良しとしましょう」


 それは、万桜らしい――年配の婦人らしい感想なのかもしれない。そう思って、曖昧に笑んだ。


「気を付けて行っておいでなさい」


 頭を下げて、外に出る。

 重苦しい雲を払った空が眩しすぎて、くらくらする。



 路面電車を乗り継いで、人波を泳ぎ抜けて。駅前の服屋に顔を出す。

 すると、相変わらずの店員たちの出迎えだ。


「待ってたわよー! 季節の変わり目ですものね!」

「いきなり単を作る? 襦袢も欲しいわよね?」

「その前に色を決めなくちゃ。この色はどう?」

「柄ものにも挑戦する? 最近、西洋のこの水玉が可愛くてね……」

「いい加減にしなさいよ!」


 彼女たちを掻き分けて、真希が叫ぶところまで変わりない。


 皆に引きずられるようにして、奥の座敷に通された。

 向かいに見える庭では、桃が咲いている。他の木の枝も、よく見れば、若葉が顔をのぞかせていた。

 翻って、座敷の奥を見れば、真希の裁縫機械ミシン。糸と布がかかりっぱなしだ。あれはどのように動いてどんな形になるのだろう、と瞬いている間に。


 両手いっぱいに布を抱えた店員たちが戻ってきた。

 ああでもないこうでもない、と着せ替えごっこが始まる。


 その中には、寛衣ブラウスも混ざっていた。皆いつの間に作れるようになったのだろう。

 真っ白な、袖口と襟ぐりにふんだんに笹絹レースあしらわれた一枚を体の前に合わせられた時に。

「あの。一緒に住んでいる方のお好みもあるので」

 そう言うと。三人のオネエサマがたは一様に肩を落とした。


「なによ…… あんたの男も大和撫子は振袖を着ろとか言う奴なの!?」

「ドレスの美しさを理解しないなんて、赦せない!」

「むしろ、お洒落心を理解しないのが……!」


――一緒に住んでいるのは、万桜様なのだけど。

 言い出せず、首を振る。



 そんな嵐が去って、真希は大きく息をついた。


「ほんと、やりたい放題よね。あたしだってこの布用意して待ってたのに」

 と、蒲公英たんぽぽ色の生地を広げられた。

 姿見に向って座ったままの倖奈の肩に、そろりと掛けられる。


「こういうのが、あんたが一番落ち着くってやつでしょ?」

「うん」

「単にする? まだ袷がいい?」

「長く着るなら単だよね……」

「そうね。今すぐは無理だけど、春の終わりから梅雨の終わりくらいまで着られるかな」

「じゃあ、それでお願い」

 言うと、任せて、と真希は力こぶを作って見せてきた。


「ねえ、真希」

 大きな姿見の前に座ったまま、その彼女の名を呼ぶ。

「なに? 他に気になるの、ある?」

 返されて、そうじゃない、と応える。

「訊きたいことがあるんだけど」


 かるく睨むような顔をした彼女に、ぎゅっと肩をすぼめる。


「あの、ね」

「なによ、さっさと言いなさいよ」

「……今日の恰好、変じゃない?」


 鬱金色の二尺袖に苔色の袴。まっしろな足袋。半襟も白地。そこまではいつもと一緒だ。

 ただ、巾着は藍染の、おとといに自分で縫い上げたばかりのもの。その布の余りでリボンが作れたから、それは髪に結わえてきた。

 そして、化粧はしていないが、以前買った練香水をほんのすこしだけ、手首につけている。


 そんな倖奈の、頭のてっぺんからつま先まで、何度も見てから。

「なんで?」

 真希は瞬く。

 かあっと頬が熱くなるから、下を向く。


「何を気にしてるのよ」

「実は…… この後、ね。約束があるから。その」

「それでお洒落を気にしてるの?」

「だって、変って思われたら厭だから」

「そんなの、相手次第よ。いったい、誰と会うの?」


 唇を噛む。それでも指先は震えている。



 昨日、鎮台での手伝いを終えて、帰ろうとしたところで呼び止められた。


――明日の予定は?


 その問いに、真希との約束がある話をすると。


――じゃあ、夕方だな。


 笑われた。


――駅前の広場で落ち合おう。



逢引でーと


 半目になった真希が言う。びくっと体を揺らす。


「ち、ちちちちち、ちが、ちがう」

「何がよ。わざわざ待ち合わせまでして、二人で逢うんでしょ? でーと以外の何なのよ」


 ふっふっふっ、と真希が声を立てる。


「髪、結びなおしてあげようか?」

「いいわよ、べつに」

「遠慮しなくていいのよ。可愛くしなさいよ」

「浮かれてるって言われちゃう」

「浮かれて何が悪いのよ」


 すいっとリボンを取られる。

 がばっと裁縫箱を開けると、真希は猛然とリボンに針を刺し始めた。そうして生みだされたのは白い梅の花だ。


「よっし可愛い」

「……ええ!?」


 にぃっと笑って。真希は倖奈の後ろに回った。

 ゆっくり、ゆっくり、櫛が髪を通っていく。色が薄くてふにゃふにゃしている倖奈の髪に、見慣れない艶が生まれていく。


「お金持ちなんだから、良い櫛買いなさいよ」

「だって、この髪よ? なにしても綺麗にならないもん」

「はいはい。それでも良かったんでしょ?」

「何が?」

「今のあんたが」


 また言葉に詰まる。

 真希の手が髪の上を滑るのを、鏡越しに見つめる。


 黙っていたら問われた。

「ずっと話してた、軍人さん?」

 だから、ゆっくりと頷いた。

「そう、なの」

 ちょっとだけ湿った声で、真希が続ける。

「良かったじゃないの」


 良かった、なのだろうか。

 頬が熱くなっていく。だけど、真希が髪を持ったままだから、俯くこともできない。

 そのまま鏡越しに視線が合って、彼女はあばたの浮いた顔をくしゃっと綻ばせた。


「あんたが嬉しそうで、あたしも嬉しい」


 ぼんっと顔が火を噴く。


「本当嬉しそうね」

「う、うん。ううん、そんなことは」

「はい、照れない照れない」


 出来たわよ、と背中を叩かれた。

 振り向いて礼を言おうとすると、顔を寄せられて、ニィっと笑われた。


「で? もう接吻キスはしたの?」






 駅前、時計台の下。

 広場の隅の腰掛に座っていたら、改札口からぞろぞろと流れてくる人がよく見える。

 鼠色の背広、鴬色の振袖、大きな風呂敷を抱えた姿、子どものおめかし、それらを順に見遣り。甲高い笑い声の中を探して。

 顔を伏せる。


 早く来過ぎたか、と唇を噛んだ。それから、巾着から手鏡を取り出して、覗きこむ。

 前髪を引っ張って撫でつけて、リボンに触れて。

 もう一度前髪に触れた時、正面に人が立った。

 見上げて、あ、と声を零す。


「早いじゃないか」


 相手の、眼鏡の奥で目が細められて、筋張った指がすこし長めの髪を掻き上げた。

 着ているのは、縦縞の長着と無地の羽織。体の前では黒い飾り紐が揺れていて、足元も色足袋に木の下駄だ。


――軍服じゃない。

 きょとん、としていると、彼は吹き出す。それから手招かれた。


「行くぞ」

「何処に?」

「カステラを食べるんだろう」


 前に話をしたからか、と頷く。

 その店は以前、真希とやってきた時よりも混雑していた。

 並べられた椅子の数も増えていて、同じように男女二人で座っていた組の反対側に腰を下ろす。


――真希があんなこと言うから!


 隣に座った気配が近い。落ち着かない。

 巾着の紐を何重にも指に巻きつけて、爪先を組み替えて。そろりと視線を送る。眼鏡を外しながら、彼は首を傾げた。


「なにソワソワしてるんだよ」

「だって…… 落ち着かないんだもん」

 そう言うと。

「俺もだよ。慣れない恰好をするもんじゃないな」

 からりと笑われた。だから、素直に口にする。

「史琉の和装って、珍しいね」

「まあな。他に寄る処があったんだよ」


 軍服ではいけない処とは、どんな場所だろう。首を傾げている間に、彼は溜め息を吐きだした。


「足捌きは悪いし、指先と頭はすうすうするし」

「頭?」

「普段は覆いがあるからな」

 制帽のことか、と頷く。

「帽子、かぶれば良かったのに」

 言うと、今度は史琉のほうが首を傾げた。


「簡単に言うな。何が良いって言うんだよ」

「だって、泰誠は普段から鳥打帽ハンチングをかぶってるし。斎だって山高帽を……」


 ふと、指先が唇に寄ってきた。むぎゅ、と唇を潰される。

 それを成した当人――史琉はにやにやと笑っている。


「言うなよ、それ以上」

――何を?


 瞬く。じっと見つめていると。よし、と目の端が緩んだ。


「こっちだけ見てろ」


 口の端を上げて。指を離してもまだ、彼はまだ見つめてくる。

 慌てて顔を背ける。


――口紅つけてなくて良かったじゃない!


 それと、顔が熱いのは、食べるのに一生懸命だからだ。そういうことにしておいてほしかった。



 初めて口にしたチョコレートは、苦くて苦くて、甘い。口の中にはっきりとした感触を長く残していくのが、ずるいと思う。



 駅前で別れる。彼は鎮台に戻るらしい。


 一人で乗った路面電車。その揺れに合わせて、体が跳ねる。

 窓の外をぼんやりと眺めながら、自分の指先を口元に当てた。

 違う。史琉のそれと全然違う、と強く思う。

 彼はもっと硬くて、冷たかった。

 そして。

 あの夜に触れたものとも違う。


――聞きそびれちゃった。



 何かが唇に触れた。だから、ますます目を開けられなくなった。

 感触が消えてようやく瞼を持ち上げた時には、目をつむる前と一緒。


 史琉はひやりとした顔で、倖奈を見つめてきていた。


 濃紺の袖を掴んでいたの指先から力が抜けて、だらりと腕が下がる。

 倖奈から自由になった腕を動かして、前髪を掻き上げて。彼は制帽を深くかぶる。

そして、手首を掴んできた。


「本当に、俺にどうしろって言うんだよ」


 そのまま引っ張られる。進む。

 夜風の中に、靴が石畳をうつ音がひろく響く。


「帰るんだぞ」

 すこし高い声は、倖奈の耳にしか届かない。

シロ厄介な奴は俺が預かっておいてやるから、今夜はゆっくり休め」


 なにも言えず、ただ彼の背中を見つめる。


 一度だけ振り返ってきて。

「参ったよ」

 こう言われた、月明かりだけのその時、口許が苦笑いのかたちだったのは確かだ。


 その後すぐ、万桜の屋敷に着いてしまって、有耶無耶になったのだ。



――あの時、わたしに触れていたのは、何?


 腹の底に溜まっていた息を吐きだして、コトンと椅子の背に頭を預ける。

 頬が熱い。窓越しの夕陽のせいだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます