52. 決して逃がすな(2)

 午後一時。

 誰かが、時間だ、と言うのが聞こえた。


 通りにそろった人々は皆、それぞれ違う声で喋っている。

 身にまとう色も、おのおの異なる。

 薄紫の振袖。緋色の洋式ドレス。紅茶色の背広。藍色の羽織袴。


 倖奈はそろりと、自分の服に視線を落とした。

 今日は鬱金色の二尺袖に苔色の袴。手首には苺色の巾着をかけて、足元は編上靴を履いて。首元へは、譲りうけた狐毛の襟巻を巻き付けた。


 その襟巻を、毛糸の手袋を嵌めた両手で押さえながら、ぴょんぴょん、と跳ねる。

 人よりも小さな背は、こういう時に苦労する。

――何も見えない……


 ついさっきまで、第五部隊が並んでいるのが見えていたのに、人波に流されているうちに見失った。泰誠や常盤も見失い、シロとも逸れてしまった。

 溜め息を吐き出して、目を閉じる。


 そうすればかろうじて、音だけ拾えた。

 温度のない笛の音は、合同で動いている三部隊が連絡を取り合う音だろう。

 同時に、耳へと押し寄せてくる人の声の中に。

「魔物は出るのかな」

 そう聞こえて、ゆっくりと顔を向けた。


 すぐ横に立っている男の発したものだったらしい。厚手の着物の中に立て襟のシャツを着て鳥打帽を被った男だ。

 その隣には、同じような書生姿で、固い四角い風呂敷包みを抱えた男がいる。

「わかんねえよ。いつもいつも不意打ちじゃねえか」

 さらにその向こうには、綾織の背広姿がいて。

「そうだよなぁ。出現が予測できるなら自衛できるもんなぁ」

 連れ立って来たらしい彼らは視線を交わし合っていた。


「それが、魔物の出現することを予測する研究が進んでいるらしいぞ」

「なんだそれは。それも皇都新聞の情報か?」

「あの新聞は軍縮の論調が強いから贔屓ひいきしていたんだが、今回の記事と言い、軍と結託し始めたのか?」

「逆だろう? 確実に自衛できるなら、軍は不要じゃないか。良い兆しの話だ」


 ぎょっとして、彼らの顔を見上げる。

 勿論、倖奈がどれだけ見つめても、彼らは振り向くことはない。


「それでも今は、奴らに任せるといいさ。餅は餅屋と云うし」

「いいや。我らの血税を使う道として軍が良いとはとても考えられない」

「揉めるなよ。実際どんなものかを知るために、見物しに来たんじゃないか。どうやら、もっと向こうが本陣らしいぞ? 見に行ってみよう」


 彼らはそう言って、西へと向かって隙間を抜けていく。



――いつきかと思った。


 結局、見知らぬ人たちだったけれど。

 軍は要らない、と考える人が他にもいる、という事実に、ぎゅっと胸の底が縮み上がったままだ。



 両手で跳ねる心臓を押さえていると、また笛の音。

 革靴のかかとが石畳を打つ音がわんわんと響く。


 人の頭が並ぶよりも高いところに、桜星と久の字の旗が翻るのが見えた。

――第九部隊だ。


 はあ、と息を吐き出す。

 翻る旗を見上げても、訓練が、作戦がどう動いているのかは伝わってこない。

 そう思ったのに。


「本当に出たぁ!」


 叫び声はずっと西のほうからだった。


「うそ」


 倖奈がぽつんと呟くと同時に、周囲の人波がぐわんと揺れた。

「逃げろ! 逃げろ!」

 東へと、流れ出す。


 人々の塊の中で。

 押され、よろめいた先からまた押し戻されて、思うように進めない。石畳に立っているはずの足元が浮く。

 ぐるん、ぐるん、と好き勝手に体の向きを変えられる。

 肩が、背中が、打たれて痛い。両腕で体の前を庇っていたら、その腕にさえも何かが叩きつけられる。

 そのまま、塊からはじき出された。


 息を吐く間もなく、きゃーっという悲鳴が聞こえた。

 振り向けば、どさどさと人が倒されていくのが見えた。

 石畳に転がったその体の後ろから、黒い影がぬうっと上る。


「こっちでも魔物だー!」


 声が上がる。幾つもの足が、滅茶苦茶に走り始める。

 その先でも黒い筋がぐるぐると昇っていくから、悲鳴がさらに高く鋭く、多くなる。


「どうして?」


 そう呟きながらも、分かった気がした。


 秋の終わりに見たのと同じ光景だ。

――瘴気が人から立ち上っていった。

 魔物が、人から生まれる瞬間だ。


「どうしよう」

――わたしには消せない? 捕まえられない?


 今、ここで生まれた分だけでもどうにかできればいいのに、と唇を噛む。

 その間にまた、人の塊に巻き込まれる。

 通りの端、煉瓦造の建物の壁へと、走っていく男に突き飛ばされ、背中を叩きつけられて、視界を揺らした時に。


「倖奈!」

 呼ばれた。

 ぎゅっと目を瞑ってから、大きく息を吸って。見上げる。


 惑い揺れる人波から一人、頭をひょっこりと飛び出させた少年。


「颯太!?」

「良かった、見つけたぁ!」


 長い腕で人を掻き分けて、彼は寄ってきた。

 息が上がっている。制帽は斜めに傾いている。


「どうしたの?」


 両手で制帽を直しながら、彼は笑うことなく言った。


「隊長が、捜して連れてこいって言うから!」


 倖奈はもう一度瞬いた。


――史琉が?

「どうして……」


 一つ頷いて。

「えっと、あの。倖奈の知り合い? 人が倒れちゃったからって」

 颯太は続ける。


「と、とにかく来て。急げって」

「でも、あそこに、魔物が」

「こっちには別部隊が来てるから、大丈夫だよ。ね、早く」


 手首を掴まれる。同い年なのにもう大人びた、固くて大きな、掌。


 それに導かれるまま人波を抜ける。

 すこし開けるなり、駆け出す。

 規制のために立った軍人たちに、すみませーん、と颯太が情けない声とおざなりな敬礼を掲げて、合間を走り抜ける。



 人々が逃げて、建物の戸は全て閉めきられた通り。

 二十人ほどがいる。

 そこに向けて走る。


「連れてきましたぁ!」

「うっし、御苦労!」


 年嵩の男が、顔をもっと皺だらけにして、颯太の背をばしっと叩く。颯太はそのまま、両手を膝の上に置いて、顔を下に向ける。

 荒い息を響かせる。


 倖奈もまた、肩で大きく息をしながら。軍人たちの向こう、通りの端側を見遣った。


 石畳の上に、白い綿の敷物。その上に横たえられている影に。

「シロ」

 声をかける。


 すぐ傍に膝をついて、シロの右腕を取っていた男が顔を上げた。


「脈に問題はないですよ。心臓の病とかそう言うことじゃないと思う」


 濃紺の肋骨服に、制帽。ただし、左袖に白地の臂章りょしょうが縫い付けられている。細い十字の、衛生兵のしるしだ。

 その彼に、笑いかけられたことに頷きながら。倖奈はじっとシロを見た。


 小豆色の羽織も鼠色の着物もまったく汚れてはいないのに、顔は蒼い。伏せられた睫毛が動く気配はない。

 ゆるゆると首を振る。



 その瞬間、また手首を掴まれた。

 白い手袋に覆われた、掌。ずっと大人で、固くて大きな掌。それに引かれ、よろめいて、真っすぐに立つ体にぶつかった。


 濃紺の肋骨服、その襟元に、徽章は一つだけ飾られている。そこから上に視線を動かせば、当然、目が合った。

 銀縁の眼鏡の奥で、怜悧に輝く眸。

 手首を握られて、引き寄せられるまま。顔が近づく。



「倒れたのは、交戦開始の合図があってからだ」


 いつもと違う、抑えられた声。すぐ傍の倖奈にだけ聞こえる声で、史琉が言った。


「最初に魔物が出たのは、予測したのとほぼ変わらない、街の西側だ。そこから中央に向けて移動してくる、そのように追い立てているとの報が入るのと同時にだな」


 瞬いて見せる。彼の表情は冴えたままだ。


「今回出た魔物はまた、こいつと関係している魔物なんじゃないのか? その魔物が殴られたから、倒れた。

 この間の晩もそうだっただろう?」

「アオだ」


 呆然と呟く。


――本当におびき出せたんだ。


 どうして、と瞬いている間に、史琉が小さく溜め息を吐いた。


「おまえは何をどこまで知っているんだ」


 瞬くのを止める。じっと見上げる。

 向けられているのは、冷たい視線。


「アオ、というのはなんだ」

「……それは」


 西の郊外の社に封じられていた魔物、秋に取り逃がした魔物だ。

 それは、シロがかつて、彼の身から切り離したのだという瘴気の塊だ。彼が、好奇心から集めた、人の穏やかならぬ感情が変じたもの。


「どうして、さっさと言わなかった」

「……ごめんなさい」


 首を横に振られる。それでようやく、手首を離された。

 ひりつく右の手首を、逆の手で擦る。

 細かく呼吸を繰り返しながら、横たえられたシロのほうへ顔を向けた。


 すると。膝をついたままだった衛生兵が、かすかに笑って。それから視線を史琉に動かした。


「柳津隊長。今の話をまとめると……

 これが問題の魔物の素、っていうんですかね。何かを同じくする人間ってことですよね」

「そうなるな」


 史琉は一度制帽を上げて、髪を掻き上げた。


「吉田。他言無用だ」

「勿論です」

「律斗にも言うなよ。面倒くさくなる」

「副官にですか。そりゃあ勿論、黙ってますよ。

 もしかしたら、この御仁が遠郷前隊長の仇かもしれないっていうんでしょ。そんなこと知ったら、どう暴れるか分かったもんじゃない」


 くすくす笑う男に苦笑いを向けて、史琉は、シロを挟んだ反対側に膝をついた。


「にしても、人間と魔物が繋がっている、ねえ……」

「僕はなんか納得しましたけど」

「まったくだな。おそらくだが、きっちり人間から分かれていない魔物ってヤツは、俺たちが普段相手をしているのと何かが違う。だから、物を壊すことも可能になるんだろう」


 横で、呆然と立ち尽くす。その間にも。


「ここでこいつをぶっ殺せば、魔物も消えるかな」

「物騒ですね。僕も同じこと考えましたけど」


 史琉と衛生兵は、声色だけは朗らかに会話を進めていく。


「とはいえ、軍が殺人なんて言ったら、また世論とやらが煩くなるな」

「当然でしょう」

「そもそも、俺たちは人命防衛のための組織だしな」

「そうですよ。僕もその気になれば、人体に毒を仕込んだりとかできますけどねー。しませんよー」

「……何か、他の手段は思い浮かぶか」

「取り敢えずとっ捕まえてみたらどうですか」

「やっぱり、そうなるか」


 最後、ククククク、とそろって肩を震わせ始めた。

 倖奈の膝からは、かくん、と力が抜けた。


 へたり込む。緩やかに、笑みを向けられた。

 だから、眼鏡越しに、彼の眸に自分の姿が映っている。


 どれだけ情けないことになっているのだろう、と胸の奥がギリギリ軋む。


「捕まえる、ですかー。出てきたって御社の御神体…… 勾玉でしたっけ? それを使うんでしたよね」

「そうだ」

「勾玉……」

「今は、第九部隊が持っていて――このまま向こうを頼るしかないですかね」

「作戦どおりなら、な。俺たちは待つしかない」


 そこまでで、二人とも口をつぐんだ。

 横顔を順に見遣ってから、眉根を寄せて、思い出す。


 先程、通りで見かけた部隊は、第九部隊だった。


 指先に、膝に、力を込める。大きく息を吸って、立ちあがる。


「行ってくる」

「おい」


 袖を揺らし、袴を翻した。ガン、と編上靴が石畳とぶつかる感触が、全身を震わせる。

 構わず、二歩、三歩と、踏み出していく。


「倖奈!」


 声が聞こえた。自分を呼ぶ声が。

 それでも、今は振りかえれなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます