50. 将軍閣下と報われない恋

 扉を開く。部屋の中には、天音あまねがいた。


「新聞を見たぞ」


 そう言った顔は常以上にしぶく、声も研ぎ澄まされている。

 だが、本来であれば秋の宮が座っているはずの、皇都鎮台司令官室の椅子にふんぞり返っているのは、いつもと変わらない。

 豊かな胸と括れた腰、伸びやかな四肢を覆うのは、濃紺の肋骨服。短袴と膝下まである編上靴ブーツ。長い髪は左肩の前で一つ結びにされている。肩で輝くのは萌黄襲の近衛隊のしるし。常どおりの出で立ちだ。

 鋭い視線も、もしかしたら、いつもどおり。


 秋の宮の腕に、美波がすがりつく。

 溜め息は、後ろから聞こえた。


「中にお入りください、宮様」


 背後に立つ秘書官に促され、ゆっくりと臙脂の絨毯の上を進んだ。

 机の反対側、ではなく、別に置かれた長椅子に腰を下ろす。美波が横に座ってくれる。


「天音。用件は?」


 目を伏せながら問う。今度聞こえたのは舌打ちだ。


「新聞を見た、と言っただろう。私だけじゃないぞ。司令部のおじいちゃんどもも、内閣府の親父どももだ」


 ばさ、といいう音と共に、樫の木の机の上に新聞が放り投げられる。

 日付は昨日。

「僕も見たよ」

 そう言うと。

「ならば、内容は分かっているな」

 問われる。頷く。


「僕が、十日を越えて、鎮台に来ていなかったことを書いているんだろう。

 事実だよ。事実、僕はこの十日、自分の屋敷から外に出ていなかった」


 昨日は本当に久しぶりに来た。新聞を見せられて、さすがにまずい、と思ったからだ。

 結果、秘書官からはお小言を延々と続けられて、採決を待っていた部隊長たちからは、懸案事項の説明を受けるよりも、来なかった理由を問い詰められる事態になった。


 責められるのは、嫌いだ。

 なのに。

「引き籠っていても問題は解決しない。魔物は捕まえられない。

 つまり、おまえがしていたのは、この鎮台、そして、鎮台を率いる司令官としての役目を忘れたとしか思えぬ行為だ」

 天音は容赦なく言い当てる。


「この恥知らずめ」

「違うわ!」


 美波が叫ぶ。

 え、と顔を見る。鴉の濡れ羽色の髪が揺れて、頬に朱が差しているのが見える。


「お疲れなだけなのよ。部隊長たちの不始末を責められて、お困りなだけ! 宮様のお優しさを悪く言わないで」


 一息に言い切って、はあ、と大きな息を吐いた美波に対して、天音は眉を跳ね上げた。


「おまえは黙っていろ」


 美波はビクッと肩を震わせて、また叫んだ。


「どうして!?」

「軍人でもなんでもない人間が、口を挟むなと言っているんだ」

「わたくしも、鎮台の『かんなぎ』ですわ」

「『かんなぎ』と軍の関係は、支配じゃない、協力だ。軍の統制に口を出されるいわれはない」


 刃物のような視線を受けながらも。

 するりと美波は立ち上がり、秋の宮の前で両腕を広げた。


「例え、貴女が話すとおりだとしても。

 わたしは宮様の恋人なんですもの。お守りするためだったら、何処にでも行くし、何でも言うわ」


 次の大きな溜め息は、天音の唇から零れた。

 ギシッと木の椅子を揺らして、彼女も立ち上がった。


「莫迦将軍に物申すだけにしておこうと思ったが、いい機会だ。

 もう一度言うぞ、小娘。しゃしゃり出てくるんじゃない。おまえに軍の統制に口を挟む権利はない!」


 そして、と天音は掌で机を叩いた。


「おまえのいう恋人の役目は、相方に役目を放棄させること、堕落させることなのか!? ただれた関係は今すぐご清算願いたいね!」


 声高に言った天音の顔は、まさに夜叉。

 それを受けて美波は首を振る。それを見つめて、ゆっくり立ち上がって、ぶるぶると腕を振るわせる彼女の体をそっと抱いた。


「美波。ありがとう、嬉しいよ」

「……宮様」

 つぶらな瞳が潤んでいる。心臓が跳ねる。


 右腕に抱き込んで、もう一度、二人で長椅子に座った。

 胸に美波が頬を擦り寄せてくる。そのまま彼女は、天音に顔を向けた。

 天音もまた、ぎろりと睨み返した後、その視線を秋の宮に向けてきた。


 真っ直ぐにそれを受け止めて。

「……兄上は何かおっしゃっていたかい?」

 と、国の至上の地位にある人のことを口にする。

 天音は一瞬だけ、眉をさげて。

「お怒りだ」

 と言った。


 それから、ぐっと唇を曲げて、眉間に皺を刻む。

「陸軍司令部のお偉い方もな、カンカンだ。それで私が駆り出された」

 そう言って、懐から一枚、紙を取り出した。


 朱の押印が二つ。陸軍最高司令官の印、そして、主上のもの。

 墨書きされた文字を追う。


「一条天音少将を皇都鎮台司令官補佐に任ず――?」

「おまえを簡単に鶴首クビにできないから、こういう応急処置になるんだ」


 盛大な舌打ちを挟んで、天音は続ける。


「なお、この着任は司令官で拒否できない、との念書付だ。こんな辞令を受け取ったのは初めてだぞ。

 ……こんな事態ことでは、近衛隊と鎮台の統合論が加速するだけではないか」


 呆然と。同い年の従妹の顔を見る。

 隣では美波が啜り泣きはじめた。


「ひどい、ひどい。宮様の苦しみもお優しさも知らないで」


 ぎゅっと肩を抱く。彼女のつむじに頬を寄せる。


「そんなに責められるなら、もういっそ、お役目を解いてくださればいいのに」

「そうはいくか。仮にも、当代の弟。体面だってなんだって、保たれていないと皆が困る」


 制帽の端から流れる髪を指先で弄ってから。天音は、司令官の椅子に座り直した。


 きまずい、沈黙。

 それを切り裂いたのは、いつになく淡々とした秘書官の声だった。


「お話途中で失礼します、秋の宮様。一条少将」

 入口の方へ一度目配せをして、ゆっくりと話す。

「第九部隊梶川大尉他、皆様お揃いです」


 ああ、と応じたのは天音だ。

 間を置かず、扉から大尉の袖章を付けた男たちが入ってくる。皇都鎮台の十ある部隊のうち、第五・八・九部隊を率いる部隊長たちだ。

 皆、一度、秋の宮と天音を見て。それから、大きな机の脇に立った天音に挙手の礼をとる。

 あでやかに微笑んで、天音も礼を返した。


「それでは、お歴々。明日の作戦内容について、私にも教えていただけるかな?」

「御意」


 そう、一番体が大きな第九部隊の梶川大尉が応じて。挙手の礼をとった掌の下からギロリと秋の宮を――美波を見遣ってくる。


「その前に、部外者の退席をお願いできますか?」

「そうだね。私もそう思うよ」


 天音は笑っている。美波は、首を振って、秋の宮にしがみついてきた。


 両腕をその肩に回そうとしたところで。入ってきた部隊長の一人が静かに寄ってきた。

 柳津大尉だ。

 銀縁の眼鏡で秋の宮に静かな視線を送ってきたあと。


「ご友人がお迎えに見えてますよ」


 そう、美波の肩を叩く。

 顔を上げた美波は、怪訝そうな声を上げた。


「……友人?」

「ええ。同じ『かんなぎ』のご友人が。お話があるのだそうです」


 にっこりと――そう、口許だけは和やかに、彼は笑った。


「お待たせしているのだから、急いだら如何いかがですか?」


 肩に載せられた、白い手袋を嵌めた指先をバシッと払って、美波は首を振る。


「……行っておいで」

 背中を撫でてささやくと、やっと、彼女は立ち上がった。


 ゆっくり、ゆっくり、何度も振り返りながら、彼女は出て行く。

 出て行くなり、扉はきつく閉められた。




 *★*―――――*★*




 はっきりと、美波の顔は歪んだ。

 細い眉が捩じれ、紅を佩いた唇は戦慄おののき、頬が引き攣れる。


 そのさまを、階段の下から、まっすぐ見上げていた。


 名前を呼ぶ。呼び返される。


「わざわざ呼び出して、何の用?」


 しかも、と彼女は語気を強める。


「またそんな浮かれた格好をして。わたしへの、嫌味?」


 違う、と倖奈は首を振った。

 今日は会えると思っていなかったのだ。だから、何も意図はない。



 鬱金色の袷に群青色の帯、苔色の袴、足首丈の編上靴。広めに見せた半襟は白地に紅の扇模様だ。

 白黒の千鳥格子の肩掛ショールをかけているのも、苺色の巾着を下げっぱなしなのも、鎮台に着いたばかりだから。



 秋の宮も美波も来ていると聞いて、まっすぐに向かってきた。

 そして部屋の前で、史琉と顔を合わせられたから、美波に会いたいのだと告げられた。

 本当に、それだけ。


 すぐに司令官室から美波を呼び出してくれた史琉に、ありがとう、と心の中で呟く。


 そして改めて、美波を見る。

 今日は、黒地の中に色とりどりの立波が踊り、牡丹と菊が咲いた振袖。鮮やか過ぎて、胸が痛い。


 負けられない、と両手を握る。


「ここで喋っていたら、皆さんの邪魔になっちゃうわ。行きましょう」


 くるりと背を向けて歩き出す。

 遅くもなく、早くもなく。後ろに気配がついてきているのを確認しながら、歩く。


 『かんなぎ』たちが使う棟、その大きな窓の側まで来てから、振り向いた。

「最近、ここに帰ってきてる?」

 美波は首を横に振る。


「ずっと、宮様の御邸に泊めさせていただいているの。むしろ、住んでいるっていっていいかも。女中さん達とも親しくなれたし」


 長く艶やかな髪を掻き上げて、彼女はぼそっと呟いた。


「万桜様の御邸より気楽」


 窓を背にして、倖奈は眉を寄せた。


「ねえ、憶えてる? 美波は、『かんなぎ』としてのお役目があるから、ここに残るって言ったのよ」

「そうだっけ?」

「万桜様のお邸に移らないかって言われた時に、自分で言ったのよ」


――わたしは『かんなぎ』の仕事があるからお断りよ。


 そう言っていた、と言葉を重ねて。

「おかしいでしょ?」

 と、首を傾げてみせる。


 すると、美波は頬を膨らませた。


「だって、宮様が」

「宮様が、何?」

「鎮台に行かないっておっしゃるから、お付き合いしたのよ。お慰めするのが恋人のわたしの役目でしょう」


 言って、彼女は左手の紅玉をチラチラさせる。

 今度は頭を振ってみせた。


「それが、『かんなぎ』としての役目より大事だと思っているのね。

 宮様が来られないことで、困っていた人たちもいるのに。宮様は本当は、司令官として一番ここにいなきゃいけない人なのよ?」

「もう、大丈夫よ。近衛隊の少将さんが、こちらにも来られることになったから、宮様のお役目は減るわ。

 ……そうなのよ。御苦労が減るの、嬉しいことよ」


 あでやかに笑う美波を真っすぐに見つめられなくて、俯く。


「宮様は、現場の下手な指揮のせいで魔物を逃がしてしまったことを、責められていたのよ。その時何をしたわけでもないのに。それで、あの人がどれだけ悩んでいたか知っている?」


 まだ、頭をブンブンと振ってみせる。美波は、ほう、と息を吐いた。


「ご自分がなさったことでもないのに責められて、困らされて。苦しんでらした宮様のお姿を知らないのに、何を言うのよ」


 その嘲る声に。


「美波だって、その場でいちばん頑張っていた人たちを知らないじゃない!」


 がばっと顔を上げた。


「壊された建物の瓦礫を選り分けて人を助けたのは、颯太たちなのよ! 怪我の手当をしたのだって、第五部隊の衛生班の人たちだわ。

 それに、それに――」


――部隊を指揮していたのは俺。


「史琉がどんな想いでそれを指揮していたか、知らないじゃない!」


 叫ぶ。

 だが、美波はゆったりと笑うばかりだ。


「それを? あんたが知っているっていうの? 恋人でもないくせに。分かった顔をしないでよ」


 濡れ羽色の髪、透きとおる肌を輝かせて、笑みがゆるりと広がる。


「羨ましいんでしょ、わたしのことが。宮様と愛し愛される間柄のわたしを嫉妬しているんだ、本当は。やっぱり、柳津大尉と恋人になりたいんでしょ? 素直にそう言えばいいのに」


 クスリ、と。紅を塗ってあかくなった唇が綻んで、さらに言葉が重ねられる前に。



「わたしは、今のままで、充分」


 前を向いて。


「好きよ。わたしは、史琉のことが好き」


 言葉を声に変える。


「だから、もしも、もしも史琉に嫌われたら、悲しくて、苦しくて、死にたくなっちゃうかもしれないけど」


 胸の裡を満たしていく。


「あの人が、夢のために進んでいくというのなら。わたしも、わたしが望むことのために、戦うの」


――魔物を祓う、力になりたい。



 背中は丸まらない。何も震えない。

 対して、美波は顔を背けた。


 黙る彼女を、ぎゅっと見つめて。

「明日、魔物を追う作戦が決行されるんですって」

 言うと。

「知ってる」

 ぼそりと返された。


「美波は――」

「来ないわよ。頑張ってなんてやるものですか」


 花咲く袖を揺らして、彼女は唸った。


「わたしが望むのはそんなことじゃないの」


 そのまま勢いよく、美波は建屋を飛び出していった。


 もう、追いかけない。

 ゴシゴシと両手で目元をこするだけだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます