44. その願いはかなわない(1)

 ふっと目が開いた。

 体が動かない。ずしりと、何かが押さえつけてきているのだ。


 必死に瞬く。

 見える範囲は暗い。まだ夜更けだ。

 だから、耳を澄ませて。

「おお、起きたか」

 聞こえた声――上から降ってくるそれだけを把握した。


「……シロ?」

 知っている名前を呟くと、聞こえるのがケラケラという笑い声に変わった。


「なんでわたしの部屋にいるの? どうして乗りかかっているの!?」

「夜這いじゃ」

「シロ!?」

「冗談じゃよ。おぬしを食ったとなったら、万桜まおに何を言われるか」


 ひいひいと喉を鳴らして、がさっと布団の上の影が動いた。

 大きく息を吸う。腹が動く。

 のっそり寝返りを打って、起き上がる。頬に感じた強い風に、眉が寄る。

 暗闇の中、手探りで傍らの行燈あんどんの電球を点けた。


 ぼんやりと浮かび上がったのは、倖奈ゆきなが寝起きに使っている部屋だ。桐箪笥と、使い込まれた鏡台と、書き机しかない、広さが目立つ部屋。庭に向いた障子戸は開け放たれ、その向こうの雨戸も全開だ。

 びょう、びょう、と夜風が吹き込んできて、机の上の筆が畳に転がり落ちた。

 そんな中で置き時計が示すのは丑三つ時。


 シロはこの時間にも関わらず、鼠色の長着の上に小豆色の羽織を着て、白い毛糸の襟巻を巻いていた。足元も紺色の足袋。風に負けぬ格好だが、手元には変らず白い狐面がある。


 首を振って、掛け布団を体に巻き付ける。

「何の御用?」

 口許を緩め、彼は両手を広げて、それを耳の後ろに当ててみせた。

「耳を澄ませ」

 首を傾げて、同じ仕草をする。

 雨戸の外には風の音。それに混じる、少し高い音。ピイイイ、という音。


「軍隊の、笛の音?」

「そうじゃ」

「魔物が出たってこと?」

「他に何か考えられるか?」


 首を横に振る。シロは手を叩いた。

「ほれ、行ってみるぞ」

 彼が下駄をつっかけて、ひょいっと庭に降りると同時に、もう一回強い風が吹き込んできた。肌が粟立つ。


「シロ!」

 とがった声より笑い声の方が大きかった。

「早うせい。わしは見に行きたいんじゃ」

「一人で行けばいいじゃない?」

「なんじゃ、嘆かわしい。おぬしは魔物がいるというのにぬくぬくと眠っているつもりか?」

 一度唇を尖らせて、首を横に振る。

「行くわ」


 立ち上がろうとして、眉を寄せて、きっとシロを睨んだ。


「着替えるから外で待ってて」

「外で? 寒いではないか」

「いいから、一度出て行って!」


 掛け布団にくるまったまま這いずって、障子戸に手をかける。

「見ないでってば!」

「減るもんでなし」

「ふざけないでよ!」

 ぴしゃっと庭と建屋を区切る雨戸を閉める。その瞬間、溜め息が飛び出た。



――年頃の娘が、紅も差さずにあちこち出歩いて。


 万桜の言葉が頭を過ぎる。

 急がねばという気持ちと一緒に、お洒落をしなきゃという切迫感がある。


 綿入りの紅の襦袢の上に、小花柄の小袖を着て、朱色の帯を締め、深緑の袴をつける。 肩上までしかない髪にはリボンを飾る。最後、狐毛の襟巻で首から肩にかけてを覆った。

 電球を消そうとボタンを触った指先はもう冷えている。

 今度やっぱり手袋を買おう、真希まきに会いに行こうと思いながら、倖奈は編上靴の紐をぎゅっと縛った。



 乾いた真冬の夜空。月の光は、人の足元まで照らしたり、雲に遮られたり、忙しい。

 風は容赦なく熱を奪い、宙へと舞い上げようとする。

 目を細めて、それに逆らって。

 長く続く笛の音を頼りに通りを行けば、ほどなく濃紺の軍服の一団が見えてきた。

 笛がひときわたかく響く。赤い光が天へ昇る。

 それから、二十人ほどの小隊が西へと駆け抜けていく。


「また、魔物が散らばったか?」

 ふむう、とシロは顎を擦った。

「それとも、何カ所も同時に湧いているのかのう。そうだとしたら厄介じゃな」

 笑う彼を一瞥してから、見回す。濃紺の一団から飛び出してきた書生姿に目を瞠る。


常盤ときわ!」

 呼んで、走り出すと、彼はすぐに振り向いた。

「何をしているんだ、おまえは」

「軍の笛が聞こえたから」


 傍で止まって、見上げる。

 指して大きくない体躯の『かんなぎ』の青年。時折月に照らされるその小袖と袴は、今宵も皺一つない。

 背後を小隊ががやがやと走り去っていく後も立ち残って、倖奈を見下ろしてくる。


「鎮台に住まっているわけでもないのに。大人しく家に居ろ」

「嫌よ」


 唇を尖らせて見せると、常盤の一重の瞳も鋭くなる。


「花を咲かせることしかできないくせに――魔物を消すのは俺の役目だ」


 言葉も瞳も、暗い中でよけいに眩しい、と笑んだ。


「ねえ、常盤。今はどんな状況なの?」

「良くはないな。魔物が広がり、今はまだこの通りに留められているが」

 と、彼は辺りを見回した。

 一際大きくそびえる桜の木と、それと並ぶツツジの列。塀が続く通り。一つ一つの敷地の広い家が立ち並ぶ、昔からの光景。


「むしろ、ここに留めておくと面倒になるんじゃないのかのう?」

 シロがひょこっと顔を出す。常盤の顔がみるみる歪んだ。

「今のままでも、討伐に時間がかかり過ぎだだの、音と声がが大きいだの、苦情くれーむが入りそうじゃな」


 くかか、と口を広げたシロをにらに見つけて、常盤は下駄を鳴らす。


「さっさと終わらせてやる。任せておけ」

 残っていた小隊の囲いの中に、常盤は袖を翻して飛び込んでいく。

 そしてまた迸る赤い光。常盤の、魔物を祓う焔だ。


 溜め息を零す。

「シロ」

 相手の長着の袖を摘まんで、爪先だってささやく。

「脇に避けてよう、ね?」

「何故」

 ぷっと頬を膨らませて、目を細められて。それでも顔を上げる。

「邪魔になっちゃう」

「わしらも魔物を相手どればいいんじゃろ」

「常盤の出番を取っちゃ駄目」

「同じ理屈で、わしらにも活躍の機会を……」

 ぎゅっと睨む。シロは一度息を切って、肩を竦めた。


 同時に地面が揺れる。辺りが赤く照らされる。見向けば、黒い影が焔に呑み込まれていくところだった。


「常盤は魔物を退治できるから」

「おぬしにはできぬ、と言わんばかりの口ぶりじゃのう。あの男子おのこも、おぬし自身も」

 目を剥く。見上げる。シロはニヤニヤしている。

「まあ、わしも『見に行くだけ』と言うたしのう」


 どん、という音とともに体が浮く。風が吹き抜ける。黒い靄が流れ、また一つ小隊が走り抜ける。


「ほら、邪魔になっちゃう!」

 破れるとの抗議を無視して、袖をぐいぐい引いて、塀沿いへ。えい、と桜の木の枝が覆いかかる塀にシロを突き飛ばしたところで。

 其処そこに、笑いながら立っている人を見つけた。


 視線が絡む。


史琉しりゅう

「……よう」


 塀に背を預けて立っている人が、片手を上げた。

 倖奈は指先まで動けない。睫も震えない。


 彼は、ひらりと手を揺らした。夜陰に溶け込む、黒い外套と濃紺の官帽。腰に下げられた軍刀が揺れて、革靴の踵が鳴る。


「相変わらずだな、おまえも、シロも」

「なんじゃ、おぬしは仕事じゃないのか。なぜ隅っこに控えておる」

「今そこにいる部隊は第九部隊だよ、俺のところじゃない」

「では、何故此処ここに?」

「ちょっと、ね」


 首を傾げた彼の隣には、第五部隊の副官――律斗りつとも立っている。夜の闇に溶け込む軍服を着た彼の左手は、軍刀の鞘を握ったままだ。

「二人しかおらぬとは不穏じゃのう。何をしている」

 シロの言い様に、律斗の顔が険しくなる。一歩踏み出かけた彼の前で手を振って、史琉は静かに言った。

「野暮用だよ」


 すっと目を細めて、じろりとシロの全身を見遣ってから。史琉は倖奈を見向いてきた。

 微かに上がった口の端が綻ぶ。


「随分派手な格好だな」

 白い手袋の指先が示すものを察して、倖奈は自分の首元に手をやった。

「これは。万桜様からの頂き物で」

 ふわり、狐毛の襟巻が爪に絡む。視線が下がる。

 史琉はゆっくりと首を振った。

「冷えるからな。暖かくしておいたほうがいい」


 それからまた視線が動く。小隊の方へ、と。

 また常盤の焔が渦巻く。 靄が流れる。 笛が鳴って、軍靴が石畳を打つ音が動く。


「ああ、移動するのか」

 すっと塀から背中を離して、史琉はごちた。シロはひょいひょいと通りへ出る。

「追いかけるかのう?」

 通りの向こうに消えていく一隊と常盤から視線を外して、シロが笑う。

「野暮用ついでに行くんじゃろう?」


 鬨の声が遠ざかると、周りは途端に静かになった。

 風がシロの襟巻をなびかせる。両手で自分のそれを押さえてから、倖奈は二人を見た。

 史琉は苦笑い。律斗は仏頂面で、それでも踏み出す。今度は止められない。

 こつん、と踏み出した後。一気に鞘が抜きはらわれる。

 切っ先が向かうのは、シロの真後ろ。


「ぬあああ!?」

 シロが叫び、転がる。

「おお、まだおったのか」


 貫かれた靄が消えて、次の塊が浮く。

 ふわふわり、風に流されるように踊って、桜の幹に何度も当たっている。


「討ち漏らすとは、困ったもんじゃのう」

 幹に手をついて、シロが見上げると、塊はその顔をめがけて滑り落ちてくる。

「御託はいいから、退け!」

 律斗が刀を走らせる。風が唸って、木々の葉が舞う。

 みしり、という音が響く。

 ぱらぱら、と土くれも舞う。


「え?」

 ひく、と頬が動く。

「下がれ!」

 ぐいっと腕を掴まれた。


 簡単に体が浮く。

 目の前を、太く固い枝が横切っていく。

 どおん、と音が響く。


「魔物にぶつかったくらいで倒れるものか!?」

 舌を打ったのは律斗だ。

「根が腐っていたのかもしれないだろ――知らんが」

 溜め息は史琉だ。

 倖奈は、へたりと腰を落とした。


「シロ、は?」


 轟、と風が唸り、雲を払う。

 月影の下で、太い幹に潰された何かが見える。


「シロ!」


 叫ぶ。体が前に動く。

 その目の前を靄が横切っていく。フワフワと、それも西へと向かっていく。


「律斗」

 史琉の声が聞こえた。

「追いかけろ」

「そっちは?」

「どうにかなるだろ」

 がん、と革靴を鳴らして、律斗が走り去っていく。


 音だけでそれを思いながら、倖奈は地面に転がった幹に両手をかけた。

「シロ!」

 押す。びくりとも動かない。背中と腹を、汗が冷やしていく。


「……少しずらしてくれるだけで、抜け出せそうなんじゃよ」

 微かな声が聞こえて、目を剥く。

「シロ? 大丈夫?」

「すまんが、もうちょいこれを押してくれ」

 掌に木の皮が刺さる。ぎゅっと目を閉じて、腕に力を込める。

 ず、と少しずれただけで。

「ああ、助かった」

 そう言って。幹の下で潰されていたはずの影がゆらりと立ち上がった。


 冷たい月光の下に、シロが真っすぐに立っている。羽織も毛糸の襟巻も、白い狐面も、土埃まみれだ。

 倖奈は息を吐いた。両の掌を見れば、ぷつぷつと赤い斑点が出来ている。ぺろりと舐めれば、苦かった。

 それでも。あなたは平気、と問いかけて。

 シロの後ろに史琉が立つのを見た。


「……助けようか、と思ったんだけどな」


 ひくく、かたい声。


「以前に、車が電柱に突っ込んで潰れた時も、あんただけは無傷だったな」


 彼らしくない、声。

 瞬く。

 制帽の下で、眉が吊り上がる。キン、と腰の軍刀が抜かれて、大上段に振りかぶられる。


「止めて!」


 何をと叫ぶ間もなく、振り下ろされる。

 それで、シロの背中が切り裂かれるはずだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます