43. 分けるモノは何?

 西に傾き始めた陽が杉林を照らす。朱色の鳥居は真っ直ぐに立っている。

 鳥居と拝殿を繋ぐ参道では、少なくない人が行き来していた。白い砂利の敷き詰められた、程よい広さの境内は、子どもの遊び場に戻ったらしい。鞠が弾む。羽根突きが続く。小石が蹴上げられる。

 冬の、穏やかな風が吹く。

 拝殿の脇に、伸び盛りの彼らに囲まれた男性を見つけ、肩に力が入ったまま近寄った。

「こんにちは」

 硬い声音に、彼は、のほほんとした表情をすぐに引き締めた。

「何の御用で。また取材ですか? もう、魔物は出ませんってば」

 此処に来た二度ともに顔を見たこの社を祀る神主だ。汚れのない練色の小袖に水色の袴を着た彼は、じろじろと見遣ってきた。

「その、魔物のことで、伺ったんです」

 倖奈ゆきなが応じると、視線が一等険しくなる。

「やっぱり、また取材なんですか。もう何もないって言ってるでしょう。帰ってくださいよ、これだから記者って人たちは」

 甲高くなっていく声に、周りにいた子ども達の顔は強張っていく。倖奈は首を横に振った。

「わたしは記者じゃないです」

「じゃあ、何」

「鎮台の【かんなぎ】です」

「軍の調査? もっと勘弁してもらいたいな!」

 幼い女の子が神主の袖を引く。別の子が袴を握る。

 倖奈も、自分の袴をきつく握りしめた。

「その、軍も、関係なくて。わたしが勝手に――」

「じゃあ、尚更帰って!」

「本殿の中を見せてもらうだけでいいんです!」

「見て何になるの。それこそ、魔物に襲われますよ」

 ふふん、と鼻で笑われて、倖奈はむっと唇を突き出した。

「襲われる心配があるということは、本殿の中に魔物はいるってことなのね?」

 すると彼はうっと詰まった。

「魔物、いるの!?」

 叫んだのは子どもの一人だ。

「あ、いや、そんなことは……」

 彼は、蒼い顔で後ずさる。ちくん、と胸が痛む。

「ごめんなさい」

 腰を折って、顔を上げて。視線がふらつく男を見つめる。

「本殿に上がらせてください。その――気になることが、あるから」

 男が眇めて、見てくる。真っ直ぐに受け止める。

 はあっと息を吐いて、今度は彼は首を振った。

 視線がぐるっと子ども達を巡って。

「遊びはおしまい!」

 言われると、えーっという声が上がる。

「また明日!」

 宣言に、子ども達は渋々散らばっていく。そのまま境内を駆け出ていく子もいれば、まだ注連縄の張られた木々の隙間を巡っている子等もいる。

 その彼らに見回してから、神主は倖奈に向き直った。

「……本当に、【かんなぎ】?」

 じろじろと、強い目つきだ。ぎゅっと背筋を伸ばす。

「そうです」

「証拠は?」

「証拠?」

「何かないの? 鎮台の所属だって書いてあるような何か」

 ぱちくり、と瞼を動かして、あ、と叫ぶ。

「これは?」

 手に下げた梔子色の巾着から、掌より少し大きい手帳を取り出す。

 秋の宮が書いてくれた、通門証。

「本当だ。すごい」

 手帳を日に透かした彼の、ほうっという溜め息が聞こえた。

――鎮台の中に入る以外でも役立つなんて、本当すごいわ。

 返された手帳を仕舞い、巾着の口をぎゅっと絞ってから、神主に向く。

 改めてみると、決して若くない男だ。目元にも手の甲にも皺が目立つ。

「それで」

 と言う早口は、やっぱり甲高い。

「拝殿の中を見たいって、至って普通の社だけど」

「ええ。祭壇が作られていて、そこに御神体と注連縄と、捧げものがあるの」

 半眼の神主の顔をまっすぐ見つめ返して、頷く。

「その御神体――鏡の中に魔物がいるわ」

 向けられる視線がまだまだきつくなる。苔色の袴がぐしゃぐしゃになるのに気づきながら、それでも両手の力は抜くことができずに、さらに唇を動かす。

「二度、見たもの」

「いつ」

 ええと、と少し視線を彷徨わす。

「二度とも秋の事よ。最初は、貴方が拝殿で祈っている最中に飛び出してきた。二度目は…… ごめんなさい、わたしが勝手に拝殿に上がってしまった時に、見てしまった」

「え……」

「鏡から飛び出してきたのよ」

「マジで!?」

 神主が蒼くなる。

「そ、それで無事でいたの!?」

「……だって、すぐ鏡に戻っていってくれたから」

 そうだ。それをもう一度見たいのだ、と自分で頷く。


 煩いのは嫌いか、と。

 そう問いかけたら消えていったのだ。

 その真意を問いたい。

 聞いたら、何かが分かりそうな気がする。


「だから、その、鏡に、会わせて」

「魔物に会わせてって、変な話だよ」

 ブツブツ言いながらも、神主は拝殿の階を登って、手招いてくれた。

「知っているんじゃ仕方ない」

 こつん、編上靴ブーツが板を鳴らす。

「そのまま、脱がないでいいよ」

 溜め息交じりの声に、ほっと息を吐いて、社の中へ上がる。

 夕暮れの風が吹き込んでくるそこは、ひんやりと落ち着いている。

 神主と倖奈が入っていった後ろから、お参りの誰かが鳴らした鈴の音が聞こえてくる。

 家路につこうという子ども達が互いを呼ぶ声も。

 奥には鏡。

 ゆらり、黒い靄がそこの面を横切っていったが、それだけだ。

 ほっと笑って、倖奈は鏡の前に立った。

「今日は出てこないのね」

――こういう中が好きだから、ゆっくり眠っていられる。

「満足?」

 頷いて。

 袴を握っていた手を、そろり上げる。胸の前できつく握りしめる。

「あなたは、ここに居るのが魔物だって知っていて、仕えていたの?」

「魔物というか――荒魂、ですよ」

 さらっと。

 ともすると聞き流しかねない軽さで。

 神主が言うのに、倖奈は勢いよく振り返った。

「今、荒魂って」

「んあ? 言いました…… けど?」

 相手の方は、目を丸くして後ずさりかけている。

「けど、けど。ああ、もう、忘れてください!」

「それ、シロも言っていた」

 最初に訪った時の科白だ。


――祀られる魂には和魂と荒魂とあってなぁ。ここは荒魂。早い話が、魔物。


 思い返して、唇を噛む。

――ここで祀られているのは荒魂。

 眉を寄せる。

――秋に現れた魔物と、ここに祀られている魂は同じ存在だった。本当に、荒魂とは魔物のことだって考えていいの?

 そして、その魔物を生むのは人間だとも、シロは言った。

「だけど」

 と呟く。

「魔物を、荒魂を鎮めるのも、人間なの?」

 眉を寄せる。

「魔物を生むのと、鎮めるのと。荒魂と和魂を分けるモノは何?」

「そんなの気持ち一つでしょ」

 すぱん、と言い切った声にさらに目が丸くなる。

 神主はまた、しまった、という表情をした。だが、すぐに肩を竦めて、半端に笑う。

「天神様なんか分かりやすいじゃないか。普段は人が学問を修める手助けをしてくれるけど、一度荒れると、嵐を呼んで雷を落とす」

「そうか――一つの存在だ。分けられない」

「まあ、分霊は繰り返されているから、あっちこっちに分社があるけどね。神霊は無限に分けることができるものだから」

「でも、荒れた部分と和いだ部分は分けられないでしょう?」

「そう。そういうこと」

 ふんふん頷く神主から視線を外して。もう一度鏡に見向く。

 曇りなく輝いている。

 ゆらり過ぎった影は、それだけで、何も起こらない。

 強張りの解けた両手を合わせて、目を閉じる。

 しゃらん、という鈴の音を聞いて、顔を上げて。

 神主に頭を下げる。

「……これでいいの?」

「ええ。大丈夫です」

 何かは分からないけれど。

 ただ、人間は、同じ人間を故意に奈落へと突き落とすことができる生き物らしい、という感覚と同時に、互いを支え合えるものかもしれないという感覚が沸いている。

――明日、泰誠たいせいに謝ろう。

 素直に気持ちを受け取れなかったことが、苦しくて仕方ない。

――シロはやっぱり怖いけど…… ううん、なんとかするのよ。

「ありがとうございます」

 きっちり腰を折って、頭を下げる。

「ああ、うん。役に立てたなら、良いです」

 ぺこりと返されて、つい吹き出す。


 軽い足取りで境内を出て、路面電車に乗り込む。

 電車を降りる頃には、すっかり暗くなっていた。

 小走りで、今住まう邸への道を進む。


 そして、玄関を潜って、驚いた。

万桜まお様」

 上がってすぐに立っていた、師匠であり養い親である老女を、黙って見上げる。

 乾涸びた躰だ。鎖骨が浮き出た首元、蒼黒い血管が浮き出た手の甲、どこもかしこも乾いて皺だらけだ。

 だが、纏った紬の着物は全く崩れておらず、目元は凜と引き締まっていて。

「倖奈」

 低い声に、びくっと身を揺らす。

「遅い帰りでしたね」

「……はい」

「鎮台に電話をしたら、まだ部隊は出て行っていると聞いたので、それに同行していたのかと思いますが。暗い道を一人で歩くものではありません」

 小さな子供に言い聞かすように。万桜の硬い声は続く。

「貴女はまだ、嫁入り前なのですよ」

「はい」

「年頃の娘が、紅も差さずにあちこち出歩いて…… 【かんなぎ】としては仕方ないことではありますが」

「化粧はしたことがないです」

「そうではない。わたしは貴女が無事でいられるかどうかの話をしているのです。魔物とは戦えても、よこしまな輩にはそうもいかないでしょう」

「ごめんなさい」

 ああ、まただ、と見当違いに考える。

 人を思い遣る人もいれば、傷つけようとするのもいるのだ、と。

「気を付けます」

 頭を下げる。溜め息をついて、厳しい師匠は微かに笑んだ。

 倖奈も笑みを浮かべる。

「万桜様、今日はお加減は大丈夫ですか?」

「そんな伏せってばかり、いられませんよ」

 夕食時だ、食堂に向かいながら、万桜が言葉を継ぐ。

「かといって、私も本当に先は永くない。早く、貴女と美波の将来を整えなければね」

 ゆるり、振り向いた師匠はこともなく。

「縁談も、一つの手と考えないとね」

 そう言った。



 *****



「縁談?」

 司令官室で大きな机を挟んで向かい合って。

 きょとんとして見せたのに、相手は重苦しく頷いた。

「まあ、長官子息ともなれば引く手数多というわけだな」

「冗談でしょう」

 吹き出す。

「養子ですよ? もとは何処の馬の骨ともしれないのに」

「だが、この柳津の息子だぞ」

 妙に自信満々に言い切られ、なお笑った。対面に座る、北方鎮台の司令官は、立ったままのこちらを見上げてくる。

「見ろ、この釣書の量」

「……一つじゃないんですか」

「引く手数多だと言っただろう。無事に士官学校も卒業して、現在は少尉、ゆくゆくは部隊長――もしかしたら皇都への栄転も叶うかもしれない身とあれば、放っておくお嬢様などいはすまい」

「そういうあんた自身が独身じゃないか」

 低く呻く。

 場所が司令官室――仕事場だというのを理解しつつ、うち向きの言葉を吐くと、相手も破顔した。

「まあ、五十路を越えた爺に縁付きたい若い娘などいないだろう」

「俺と縁組する前は、外聞を気にしないお嬢さんが群がったって聞くけど」

「だから、爺に用は無くなったんだよ! おまえは俺の息子だろう!? おまえに縁談がじゃんじゃん飛んでくるんだよ!」

 ちっと舌を打たれた。

「ヤキモチ、みっともねぇぞ」

「うるさい! おいしいトコロを持って行ってからに!」

 こちらも舌を打つ。

「おいしいかどうかは別として…… 柳津少将の面子を潰さない程度に会ってきますよ」

 言葉遣いを戻すと、机に肘をついた少将は重々しく頷いた。

「私だけでない。おまえ自身の評判に――この先に関わるから、心して対応するように」

 首を振って、もう一度釣書に目を向ける。

 良妻賢母の素質を訴えるそれらに、苦笑いが浮いてくる。

 己のことは、相手にどう伝わっているのだろうか。素質より何より、変り者の出自を受け入れてもらえるかどうか。

――名前が二度変わってるのも伝わってるのかどうか。

 そちらの方が気になる。

 三つ目の苗字になって、三年。これにも慣れた。

――これが一生涯の名前になるといいけどな。

 吹き出して、官帽を被り直して、中の一つを手に取った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます