35. 思い出と古い傷と(3)

 動かない足を裏切って、視線だけは黒い影を追いかけていく。

 向かっていく先、野原の向こうは家々が立ち並ぶ処。


「止めて」


 声だけを零す。


「何をじゃ?」


 背後でシロが喉を鳴らす音に、奥歯を噛みしめながら振り向いた。

 ひっくり返った鳥居がいやでも目に入る。

 その傍に立った彼が着た嵯峨鼠の着物の袖が、風を受けて膨らむ。同じ風が、倖奈ゆきなのうなじを冷やしていく。


「何を…… 止めさせたいのじゃ?」


 重ねての問いで、シロのうすい唇が艶めく。

 倖奈の口は喉の奥まで乾いて、空回る。それでも、倒れ込むことだけはできなくて。

 視線をもう一度、遠ざかったはずの黒い影へと向け直した。


――ほら。

 と目を見開く。


 止めさせなければいけないことが起こっている。

 家が一つ、ひしゃげた。

 屋根が曲がり、土煙が起こる。叫び声が聞こえる。


「おお、また派手に壊したなあ」

 シロが右手を腰に、左手の狐面を庇のように掲げて、嗤う。


「それ、追うぞ」


 彼はザクザクと草を踏み、倖奈の腕を引っ張ってきた。

 ずるりと立ち上がる。草履を履いた足は、ぎこちなく動く。


「ま、待って……」

 呻き声は泰誠たいせいだ。彼はまだ地面に突っ伏していた。

「元軍人が、ひどい看板倒れじゃな」

 シロが鼻を鳴らす。

 泰誠は何も言い返さない。

 二人を見比べて、そのまま倖奈はシロに引きずられた。


 ずるずるとススキ野を突っ切って、潰された家へ。

 近づけば、板切れの山と化したそこから泣き声と呻き声が聞こえてくる。


「まだ、中に人が……」

「あれもおるぞ」

 そら、とシロが指さす。


 板切れの山の真ん中、窪みの中で真っ黒な影がすっくと立ち上がった。それはまた跳ねる。びよん、と隣の家の屋根へと乗る。


「止めて!」


 倖奈は高く叫び、今度こそ駆け出した。シロの手を振り払って、真っすぐに。

 だが、一歩近づくごとに瓦は軋んでたわんで、また崩れ出す。


 家の傍で悲鳴を上げた女がいた。

 黒い影が首を捻って、無いはずの目が、体の前で籠をかかえた彼女を捉えたようだった。

「中に人がいるのよ!」

 叫びに、影ががしゃりと踏み出す。女も前のめりに叫ぶ。

「この、鬼め!」

 顔をくしゃくしゃにした彼女がそう叫ぶと、その肩からずるりと黒い靄が立ち上る。

 それはするりと真っすぐに空へ。

 途中でくるんとまるまって、漂いはじめる。


――魔物!?


 悩む暇もなく、倖奈は一気に走った。

 女を突き飛ばすと同時に、そこに二つの魔物が落っこちてくる。


「来ないで!」


 籠からは、まだ青いミカンが転がっていく。一つ掴んで、投げつける。

 ふわりと白い花が咲いて、魔物がよろけた。そのまま、ごろごろと野原のほうへと転げていく。

 回転から立ち直った最初の魔物――社の勾玉から出てきたそれは、後から湧いた一つを呑み込んで、また跳ねた。


 そのまま丘を下っていく道へと去っていく。

 倖奈は肩で息をして、女を振り向いた。


「中に、中には夫や母が――」


 彼女が顔を歪める。背の側にまた黒い靄がすっとぎって、消える。

 倖奈はぶんぶんと頭を振った。


――助けなきゃ。


 息を吐いて周囲を見回す。ぱらぱら、と他の家や木の陰から人々が顔を出す。

「おっかねえな」

「魔物は建物を壊さないなんて嘘じゃないか」

「もう大丈夫なんだろうな。あれは戻ってこないんだろうな」

 一様にあおい顔をした人たち。

 その人たちに呼びかけようとするより早く、また腕を引かれた。


「シロ」

「行くぞ、倖奈」

「でも」

「あれを追うぞ」


 そうだ、追いかけねば。行った先でまたこのように家を潰すかもしれないのだ。


――なんとかしなきゃなんとかしなきゃ。


『かんなぎ』なのだと唇を噛む。


 魔物を消したい、瓦礫の下で苦しい想いをしているだろう人を出してあげたい。

「どっちもできるわけなかろう」

 シロはあっけらかんと言い放ち、倖奈を引きずり続ける。

「わしは人助けより、あれのほうが気になるんじゃよ」

「でも」

「倖奈はわしと同じものを見てくれるようだからな」

「……え?」


 そのまま小走りで坂を下り始める。

 今度は右手に都の街並みを見下ろしながら、進んでいく。


 前を、黒い影が跳ねている。先ほどよりも大きく重たくなったらしい人型のそれは、足も鈍くなっていた。

 そして、シロの足は速い。


 坂の中ほどの湧水の前で、影はのそりと立ち止まった。その後ろへと駆け寄る。

 ぐるり振り返った――顔の前後ろも分からない影なのに、顔が向いた気がした――魔物へ、シロは手を振る。


「久しいのう」


 ゆらりゆらり近づいて、向き合う。影はぴたりと動かなくなった。

 シロは肩を竦め。

「ああ、走り疲れた。わしも腰をやりそうじゃわい」

 そう言い、やや前屈みになって、右手で腰を擦り始めた。


 そこまでの残り数歩を近寄れなくて、倖奈は立ち尽くす。

 汗が顎から落ちる。すうっと背中が冷えていく。


「ちなみにな」

 振り返りもせず、シロは言った。


「これの呼び名は『アオ』じゃ」


 瞬く。

 これ、とはなんだ。


「魔物の呼び名?」

「そうじゃそうじゃ」


 からから笑って、シロは顔だけ向けてきた。

 倖奈はもう一度瞬いて、アオ、と唇を動かした。喉がひどく乾いていて、音が出ない。だが、そのほうがいい気がする、と肩を震わせる。

 シロはふう、と溜め息を吐いた。


「気付かぬか? わしのと対になっているのじゃよ。

 顕色シロの反対で、漠色アオ


 首を振ったが、シロはひひっと嗤った。

「どうして……」

 と問いを口に出す。

「もともと一人の人間だったから」

 シロはあっさりと言った。


 じっとその顔を見つめて。

 そろりと魔物を見る。

 真っ黒な靄の塊。じっと見れば、わずかに、形が、凹凸があるような気がする。


「同じ顔?」

「そうかもなぁ。いかんせん、わしの影じゃからな」


 よいしょ、とシロは腰を伸ばし、体ごとこちらを向いて、両手を広げる。その後ろで魔物が同じように動いた。

 ふわり立つ姿はほぼ同じだ。


「そんなことがあるの?」

「あったんじゃよ。驚いたか?」


 こくり首を縦に振ると、シロはひひっと喉を鳴らした。


「邪魔者もおらんことだし。昔話をしようか」


 その場にどっかりと腰を下ろした彼は、正面を指先で叩いた。

「ほれほれ。万桜がこうするとおぬしはちゃんと座るではないか」

 厭だと言おうとしたが、喉がひりついただけで。倖奈は眉を寄せて、そのまま土の上に座った。

 梔子色の巾着も、鬱金色の袖も苔色の袴も砂だらけだ。

 シロの鼠色の着物も土の色が染みついている。

 彼はまったく気にしている素振りもなく、乾いた空を仰いだ。


「昔――と言っても、まあ、七十年くらい前か。わしがおぬしと同じ年の頃合いにな。ふと不思議に思ったんじゃよ。何故、魔物なんてものがこの世にいるのか、と。

 それも、人の手の届かぬ山奥や海の底ならいざ知らず、街中の、人が多く住む所にこそ現れる奴等は一体何者なのか、と」


 頷く。シロは僅かに目を細め、狐面を口元に寄せた。


「その頃は鎮台がろくに機能しておらんかったから、『かんなぎ』と呼ばれる輩が好き勝手に出張って適当に追い払っておった。

 わしもな、『かんなぎ』とおだてられて、出たと言っては呼び出されておったんじゃよ」


 な、と視線を向けられて、もう一度頷く。


「ついでにいうと、宮中がかなり揉めて荒れていてな。毎日どこかしらの官庁に湧いておった。そして、その中で、今先ほどのと同じ光景を見たのじゃよ」

 え、と目を丸くする。

「……瘴気が人から立ち上っていった」

「そう」

シロは嬉しそうに頷いた。


「それで、瘴気は人が産むのだと――人の魂の荒ぶる部分なのだと気が付いた。これらが塊となって、魔物となるのだと。それを証立てようとした」

「どうやって?」

「わざと魔物を生み出そうとしたのだよ。人を苦しませて、怒らせて、怖がらせて、わざと荒れさせて、瘴気を生み出させて、掻き集めてみたんじゃ」


 にこりと、シロは微笑んだ。

 さらに目を見開いて、そのシロと、背後に突っ立ったままの陰を見比べる。

 同じ大きさなのは。顔が同じだと感じたのは。


「魔物は、出来たの?」

「出来た。その結果が今のわし」


 シロもまた、アオを見向く。

 黒い首が縦に振られて、倖奈は後ずさった。

 おや、とシロが首を傾げる。


「魔物は出来た――瘴気を集めたワシ自身が魔物になっておったんじゃよ。人の身ながら瘴気を纏い、傍に居るだけで他の生き物を害していく存在になぁ……

 これでは都で暮らすことができんと、瘴気だけ切り離してみようとして、それも成せた。だが、残った体は人ならざるものに成り切っていた」


 ひょいっと肩を上げたまま、シロはじっと見つめてくる。


「どういうわけか、老いるのではなく、僅かずつ見た目は若く幼くなっていくようになっていたんじゃよ。ついでに、アオは時折瘴気を切り落として街中に放つもんじゃから、野放しにできなくなって、先ほどの社に押し込めた」


 ははは、と笑った彼の目の端が緩む。


「まさかこんなことになろうとは、全く想像せなんだ。その時、色の宮と呼ばれていたおごった男は、こんなことを仕出かして、死んだことにされたんじゃよ」


 三度、目を剥く。


「色の宮様? 万桜まお様が、嫁いだ?」

「そうじゃ。別れた夫がいきなり転がり込んできたんじゃから、そりゃあ気まずくもなろうな」


 彼は腹を抱えて笑っている。ぎゅっと眉を寄せて、問う。

「何故、別れたの。万桜様を置いていったの?」

「それは、万桜には、泣かれ、もう夫となど呼ばぬと死んだものと考えると、罵られたからじゃよ。普通の夫婦の幸せなど、何処かに吹き飛んでいったからなぁ…… 仕方ないな」


 はあ、と笑いを止めたシロは肩を竦めた。


「アオが社でじっとしている間は何も問題はない。暴れている頃合いだけこっそり都に戻り、それ以外は国中をフラフラして回る――そんな五十年じゃった。

 フラフラしている中で、新しくできてしまった夢があるんじゃよ、わしにも」


 細く、骨の形が浮き出る指先が、倖奈へと伸びてくる。


「聞いてくれんか」


 慌てて、首を横に振る。さらに後ずさる。シロは膝でにじり寄ってきて、ゆっくりと手首を掴んできた。


「わしは死にたい。人として」


 言って、ゆるりと振り向く。


「アオを祓えば、わしは直人ただびとに戻れる――そう思わんか?」


 すると、アオはぶるり震えて、また跳ねた。

 丘を下っていく。


「おぬしの力ならなんとかなりそうな気がするんじゃよなぁ…… まあ、相当しんどいだろうがな。

 この間の神主やじじいとは比べものにならんと思うぞ。アオは今までどんな『かんなぎ』も軍人も斃しきれなかったから、封じておったからなぁ」


 よっこらせ、とシロは立ち上がる。つられて倖奈もだ。

 またずるずると引きずられていく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます