34. 思い出と古い傷と(2)

「うちの窓から見えるんだけどさ。おやしろの壁の隙間から細い煙みたいなのが、すーっと昇っていたの、一度や二度じゃないんだよ。あれが魔物だなんて思わなかったし」


「夜中に前を通ったら、出てきたんだよ! 真っ黒い霧がぼやぼやぼや~って!」


「でっかい影がお月様を隠したんだ。……雲じゃねえぞ」



 くだんの社に向けて坂を上りはじめたのは、そんな噂話を聞いた後だった。



 丘の斜面を這うように進む道の片側にはササやススキ。反対側には碁盤の目の街並みが見える。その向こうにはまた緑の丘、山。皇都は森に囲まれて、護られているのだとよく分かる光景だ。


「きっついのぅ……」


 シロふうふう言いながら足を動かしている。下駄の音が重い。帯に下がった狐面も重たげだ。


「のう…… 今からでもくるまを呼ばぬか」

「却下です。この急坂、車夫さんだって上りたくないでしょうよ」


 三歩先を行く泰誠たいせいの、緑と黒の格子柄の袖も鈍く動く。


倖奈ゆきなは? 大丈夫?」

 うんと頷いて、倖奈はことさら背筋を伸ばした。


「若いってのはいいのう……」

「見た目はわたしとそんなに変わらないじゃない」

「そういう問題、では、ないのじゃよ。中の肉と、ほ、骨は、老いておる」

「喋っているから、よけい疲れるんじゃないですか?」

「そ、そんなことは、ない、ぞ……」


 ひい、と一声呻いて、シロは道端の石の上にどっかと腰を下ろしてしまった。


「休憩じゃ」

「仕方ないなぁ……」


 折よく、笹薮の脇では、湧水が流れている。

 奥に立つ道祖神に手を合わせてから、倖奈は水に両手を浸した。


「気持ちいい」

「真夏でもないのにねえ。本当、ちょうどいいや」


 泰誠に至っては顔を洗っている。懐から取り出した手拭でぐいぐいと顔を拭く彼の背中に、シロが草の先でちょいちょいと突く。


「なあ。俥が駄目なら自動車はどうじゃ」


 顎から首にかけてを拭いながら、泰誠は首を振る。


「無理です。さずがの鎮台にだって、自動車は十台も無いんですから。優先は市内の哨戒です。時々、要人の送迎に利用しているようですけどね」

「ワシ、ワシも、要人」

「図々しい」


 手拭を頬に添えたまま、彼はじとりとシロを見遣った。


万桜まお様が客人として迎えられているというのは知っています。でも、そこまでです。生まれも何をしているのかも知らない。正直、僕は貴方を警戒しているんです」

「ほほう」

 かくん、とシロは首を傾けた。

 泰誠の視線が鋭くなる。

「先ほど、常盤ときわは途中で言うのを止めましたけど――社から魔物が出て来たと云う件、僕らは、貴方が呼び出したのではないかと疑っています」


 倖奈は黙って、二人の顔を見た。

 けわしい顔と、かるい笑み。にらめっこの末、泰誠が先に溜め息を吐いた。


「自動車を出して差し上げられるほどの要人ではないですよ。少なくとも」

「寂しいのう」


 シロが肩を落とす。


「自動車は、車体そのものも、運転手の確保も難しい。運転は相当の技術と判断力がいるんです」

「そうなの?」


 横で倖奈が声を上げると、彼は苦笑いを向けてきた。


「腕と足をバラバラに動かさなきゃいけなくてさ…… 僕は無理だったよ」

「なんじゃ、おぬしも運転できるのか」

「だから、無理。できないんですってば」

「残念」


 身を乗り出したシロが、はあっと肩を落とす。


「今、貴方を乗せられないのは残念じゃないですけど、運転を修められなかったのはわりと後悔していますよ」

 あはは、と笑って、泰誠は鳥打帽ハンチングを被りなおした。

「さあ、行きましょうか」


 言った泰誠の後ろを、先ほどとは打って変わった軽やかさでシロも歩きだす。倖奈も慌てて、二人の後ろに進む。


「話を途中で切るな。おぬし、自動車の運転を習える立場におったのか。いつじゃ。どこでじゃ」

「もう…… 都に来たのが四年前で、さらにその前です。僕、南部鎮台所属の軍人だったんで」

「ほほう。軍人とな」

「ええ。軍の訓練の中に自動車の運転があったんですよ。僕含めて、できるようにならなかった奴のほうが多かったですけど」


 また、泰誠は苦笑いを浮かべる。シロはぴょんぴょんと跳ねる。


「軍人がどうしてまた、『かんなぎ』として皇都に来た?」

「南部鎮台も、主な任務は魔物の討伐です。その中で、雷を出せるということに気が付きまして。部隊長がそれを上層部に告げたら、そこから先はとんとん拍子で話が進みました」


 そうだった、と倖奈も頷く。


 幼い頃に異能を見出されて、連れて来られた者が多い中で、二十歳を越えた者が新しくやってくるのは目立つ。

 彼自身も、『かんなぎ』と認められた時点で苗字を捨てる中、なかなかそれに馴染めなくて苦労していた。軍服を着慣れていたから、和装も落ち着かない、と笑っていたことも憶えている。

 だが、そんなのは些細なこと。彼は穏やかに、すぐに皆と打ち解けていったけれど。


「断れば良かったかなぁ、なんて思った時期もありますよ」

 ぽつんと漏れた言葉に、はっとなる。


「何故じゃ」

 くっとシロが首を傾げると、泰誠はひょいっと肩を竦めた。

「雷を飛ばすよりも刀を振り回したほうが、早く魔物を斃せるので」

「そんな理由か!」

 あはははは、とシロが笑いだす。


 本当にそうだろうか、と倖奈は瞬いて、前を歩く彼を見た。

 丸い肩に厚い背中、大きな掌。その性格どおりの、柔らかな線の体躯。


「……実は、軍の訓練をしなくなったら、あっという間に太ったんですよ」

「訓練はそんなに厳しかったか」

「まぁ、特にうちが。最後の一年だけお世話になった部隊長は、士官学校出たばかりの若いお人で、自分ができることは皆できると思っていて、しごきがきつかったんだよね」


 彼は太い首の後ろを掻きながら、言った。


「そう言えば。その隊長、士官学校で柳津やないづ大尉と同期だったんですよね」


 突然出てきた言葉に、危うく飛び上がるところだった。

 そろりと視線を向ければ、泰誠も複雑な表情で振り向いていた。

 笑い続けているのはシロだけだ。



 そんな末に、これか、という処にたどり着いた。

 赤と黄色に斑染めされた野原の真ん中に、ぽつんと立つ、鳥居と拝殿しかない社。


「なんじゃ。ここか」

 シロが声を上げた。

「知っていたの?」

 胡乱げに見遣ると、彼はまた大仰に頷いた。


「駅の前の社は分け取った分だったがな。此処には本体を封じてある」

「本体?」

「まあ、見れば分かる」


 真っ直ぐに拝殿に向かっていくシロを、泰誠と二人で追いかける。

 鳥居は大人一人が潜るのがやっとの大きさ。そこから三歩進めばもう、拝殿の階だ。天井からは大きな鈴が吊るされているが、鳴らすための縄も紐もない。賽銭箱があったはずだろう場所を通り抜け、中を覗く。

 埃が積もった床に、足跡が残っている。


「留守ではないようじゃな」

 細い指が示した先は、壁にかけられた勾玉だ。ずんずんと近寄っていく。

「シロ、待って」

 倖奈が呼ぶと、彼は狐面を被って、振り返った。


「先ほどの疑いの答えをやろう」


 軽い声音。肩を揺らす。泰誠が一歩前に出る。


「貴方が呼び出したのではないか、というのですね?」

「そうそう。是、だ」


 シロはゆっくりと、面から覗く口元をたわませた。

 妙に赤い唇を舌先で湿らせて。

「ほれ、起きろ」

 とシロは軽く言い放った。


 勾玉が震えて、飛び跳ねて、床を転がっていく。

 どうして、と問う間もなく、勾玉から黒い靄が立ち上る。


「本当に出た」

 と泰誠は小さく呟いて、右手の拳に雷を纏わせた。


 靄はどんどん沸き、塊は大きく膨れていく。

 それだけでない。いつの間にか、社の外からも一筋二筋と黒い靄が吹き込んできている。

 ぐるりと一際大きく渦巻いた後、にょっきりと腕と脚が生えた。ぽんっと頭が出てくる。


「ほれ、頑張れ、元・軍人!」

 壁に背を預けたシロが叫ぶ。

「言われずとも!」

 と泰誠が重たげに肩を揺らした。


 ぶん、と音を立てて、雷の球が飛ぶ。魔物はひらり躱し、雷は壁で弾けて消える。

 そのまま一息で跳んできた魔物に、泰誠の右手が唸る。

 今度は魔物の胴に入る。


 雷の爆ぜる音に続いて、黒い塊が宙を駆ける。吹っ飛ぶついでに、魔物は拝殿の壁に穴を開けた。

――壁に穴?

 倖奈は目を丸くした。


「泰誠、その魔物」

「黙ってて!」


 その穴から泰誠も外へと出て行く。

 また雷の音が響く。

 拝殿の中で立ち尽くす。


「あれをどう思う?」


 シロがゆらりと正面に立った。

 嵯峨鼠の着物の襟から覗く腕や胸元が蒼白い少年を、見つめ返す。


「今のは、魔物なの?」

「そうだと思わないのか?」

「思えない。だって」

 と倖奈は唇を噛んだ。

「だって、なんじゃ? ほれ、言うてみろ」

 シロの口がにゅーっとたわむ。

 ぎゅっと目を閉じる。


 木々や稲を薙ぎ倒す風や波とも違い、家屋を焼き尽くす炎とも違う。ただ人間だけを正確に狙い喰らっていく存在が、魔物だ。

 さらに言えば、魔物は家や物を壊さない。


「今壁に穴が開いたのは、あの黒いのがぶつかったから、よね?」

「そうそう。良く見ておる」

 ぺちぺちとシロが手を鳴らす。

「魔物ではないと疑っているのは、それが理由か?」

「そう…… それだけ、なのだけど」


 その身に集めているのは、間違いなく黒い影、瘴気だというのに。

 と、そこまで考えて、またぞくりと背筋が震えた。


「集めているの?」

「うん? 何だ?」


 シロは鼻歌を始めんばかりの顔だ。

 身を翻し、外に出る。

 野原の中で稲妻が光ったので、そちらへと走り出す。

「泰誠、待って!」

 その時もまさに、泰誠の拳が黒い影を宙に飛ばした時だった。


「なかなか消えないんだけど、こいつ……!」

 呻き声が返ってくる。


 のそりと立ち上がりなおした――そう、足が地面に着いている――影も、ぐるんと腕を振ってそれを当てようと伸ばしていった。

 バチバチと鳴る左拳でそれを弾いて、腹に右を突きこむ。

 ススキを薙ぎ倒して、魔物が転がっていく。


「僕、余裕ないよ! 話なんか聞けない!」


 でも、と倖奈は一歩踏み出して、叫んだ。


「それ、魔物だけど魔物じゃない!」

「だから黙っててってばー!」


 懲りず起き上がった魔物に向かって、泰誠は走り出そうとして。


――グキッ。


 音がした。

 泰誠の顔が見る見るうちに蒼くなる。


「ちょ、ちょっと…… 腰ぃ……」


 は、は、と短い息を繰り返して、片手で腰の上を擦りながらよろめく。

 こける。

 駆け寄ることも忘れ、倖奈は呆然とその様を見た。


「い、いた、た……」


 地面に膝と片手をついて、彼は呻いている。ぽた、ぽた、と汗を落としながら。

 鳥打帽ハンチングも、ストン、と草の上に落ちた。


「ぼうっとしている場合でないぞ」


 目を剥いて振り返れば、シロがにたにたと唇を歪めていた。その彼がすいっと指さした先には、人の影がそのまま立ち上がったかのような、魔物。

 辺りからひょろりひょろり飛んでくる黒い靄を吸い込んで、ぐい、ぐい、と大きくなっていく。


 吠える。跳ぶ。


 頭を抱えて、その場にしゃがみ込んだが、此方には来なかったらしい。

 どおん、という音が後ろから聞こえた。

 振り向けば、朱の鳥居が横倒しになっている。


「嘘」


 さらに飛び跳ねて、影は拝殿の上に飛び乗った。

 みし、という音が聞こえる。さらに重なって、大きくなっていく、音。

 ぽかん、と口を開いた。目も限界まで見開く。


 木造の建物はあっさりと潰れた。


 立ち上がれない。

 びよん、びよん、と去っていく影は追いかけられない。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます